ベッドを機能で選ぶ

マットレスベッドとは?脚付きマットレスとは??

マットレスベッドとは?脚付きマットレスとは??

マットレスベッドって?メリットやデメリットについて

マットレスベッドというベッドを知っていますか。「知っているけれど寝たことがない」「知っているけど安物っぽい」というイメージがあるという人が多く見られます。しかし、実際はマットレスベッドとは言っても種類が豊富です。では、マットレスベッドとはどういったベッドなのか・どのような使い道があるのかについて紹介していきます。

マットレスベッドとは?

では、マットレスベッドとはどういったベッドなのでしょうか。マットレスベッドはその名の通り、マットレスがベッドになったものをいいます。その構造は、マットレスに脚がついていて、ベッドになっています。マットレスベッドは別名「脚付きマットレス」と呼ばれています。ネットなどで検索する際には「脚付きマットレス」で検索した方がヒットします。マットレスベッドと検索すると「マットレス」と「ベッド」という感じで分けて検索されることがあるので思ったようなマットレスベッドを探すことができません。なので、「脚付きマットレス」で検索して見てください。なお、今回の記事ではマットレスベッドという名称で書いていきます。

マットレスベッドのメリット

マットレスベッドのメリットはどういったところなのでしょうか。マットレスベッドのメリットについていくつか紹介していきます。

1、コンパクト
脚付きマットレスの利点はそのシンプルさにあります。床に布団を敷いて寝るのをそのまま20~30cm持ち上げた感じで、布団派とい人でもこのベッドなら違和感なく寝ることができます。ヘッドボードがないのでコンパクトになり、狭いスペースでもスッと置くことができます。ワンルームや子供部屋など、物が溢れやすい部屋にはとっても重宝するようなベッドになります。

2、インテリアの邪魔をしない
脚付きマットレスにはヘッドボードがなく、ベッドフレームもないので、一般的にイメージする「ベッド」の部分がありません。そして、大きな家具にもかかわらず「存在感」が少なくなり、主張しすぎることがありません。なので、どんな部屋にも馴染むことができて、テイストを大きく左右することもありません。いい意味で個性のないベッドといえます。

3、移動しやすい
ヘッドボードがなく、真ん中で分かれるタイプの多いマットレスベッドなので模様替えや掃除のための移動がスムーズで、女性でも扱いやすいベッドです。また、マットレスベッドの種類としては四つに分かれるようなマットレスベッドもあれば、先ほど紹介したように真ん中で分かれるようなマットレスベッドもあります。また、マットレスの柄や色も種類が豊富です。なので、自分のスタイルに合うようなマットレスベッドを選ぶようにしましょう。

4、マットレスを購入しなくてもすむ
当たり前のことですが、マットレスベッドなので、普通のベッドでは購入しなくてはならないマットレスを購入しなくても済みます。なので、だいぶ経費を削減することができますしお手頃に購入することができます。

5、ソファーとしても使用できる
普段、マットレスとして使用しないときはソファーとしても利用することができます。なので、インテリアとしても使用できます。一人暮らしで部屋が狭いという場合で、ソファーもベッドも置きたいという人にマットレスベッドはオススメできます。

このようにマットレスベッドにはいくつかのメリットがあります。マットレスベッドは使い方によってはいくつかあるのでとても重宝できるでしょう。

マットレスベッドのデメリット

マットレスベッドのデメリットはあるのでしょうか。やはり、どんなベッドにもデメリットはついてきます。では、マットレスベッドのデメリットはどういったものがあるのでしょうか。マットレスベッドのデメリットについて紹介していきます。

1、マットレスの交換ができない
通常のベッドのようにマットレスだけを交換することはできません。ベッドはあくまで寝ることがメインになります。さらに寝心地の大部分はマットレスによって決まります。買って「寝心地がいまいち…」と思っても、その構造上マットレスだけを交換することはできません。そうなると、全部を買い替えることになってしまいます。通常のベッドよりマットレス選びを慎重に行う必要があります。なので、一度どういったものがマットレスベッドなのか、寝心地はどういうものなのかというのを確認するために店頭で寝てみるのもいいでしょう。

2、マットレスのメンテナンスがしにくい
脚付きマットレスは「マットレスを立てかけて太陽の光にあてる」「表裏をローテーションさせる」といったことができません。立てかけるのはできても表裏のローテーションはできません。なので、フレームとマットレスが独立しているものよりもメンテナンス性が劣り、スプリングの劣化やカビの発生など、通常のベッドのマットレスよりも寿命が短くなる傾向にあります。劣化してしまうとマットレス交換はできないのでベッドごと買い替えなくてはならなくなります。そのようなところが大きいデメリットになるでしょう。

3、小物を置く場所がない
ヘッドレスのベッド全般に言えることですが、メガネ・本・携帯・スマホ・時計などのような小物を置くことができません。狭い部屋の場合はテーブルを寄せるなど大きな問題にはなりませんが、広い寝室の場合はそもそも脚付きマットレスのメリットがあまり活かせないので、デメリットの中でも小さなものと考えられます。

このようにマットレスベッドにもいくつかのデメリットがあります。どのようなベッドにもデメリットはつきものですが、マットレスベッドの場合はマットレスがそのままついているのでマットレスのメンテナンスがむずかしく、交換はできないという点が一番大きいでしょう。

マットレスベッドが向いている人

マットレスベッドが向いているという人はどういった人なのでしょうか。マットレスベッドが向いている人を紹介していきます。

1、部屋が狭い
部屋が狭くて、普通のベッドを置けないという場合にはオススメです。一人暮らしで部屋がせまいという場合はマットレスベッドを置くだけで、ソファーとしても活用できるのでオススメできます。

2、インテリアとして使いたい
インテリアの一部としても使用指定という人にオススメできます。ベッドとして使用はするけど部屋に置いていても違和感がないようなベッドが欲しいという人はマットレスベッドがいいでしょう。

3、経費を抑えたい
普通のベッドを購入するという場合はベッドフレームとマットレスを購入しなくてはなりません。その場合は、マットレスベッドを購入した方がマットレスを別途で購入しなくてもいいですし、購入費用も抑えることができます。

このようにマットレスベッドが向いている人はやはり、一人暮らしや子供などの方に向いているかもしれません。マットレスベッドを置いても自分スタイルの部屋にすることができるのでオススメです。

まとめ~マットレスベッドって?メリットやデメリットについて~

マットレスベッドについて知っていただけましたか。メリットとしてはインテリアとしても置けて、ソファーの役目もしてくれるのでオススメできます。デメリットとしてはマットレスの交換が難しいといったところでしょう。自分にマットレスベッドが向いているかは一度自分の部屋の大きさとマットレスベッドの特徴を考えてから購入しましょう。購入する前にこの記事を読んでから購入してみてください。

関連記事

  1. 知っているようで知らないすのこベッド

    知っているようで知らないすのこベッド

  2. おすすめベッドのご紹介

  3. ローベッドとは?

    ローベッドってどうなの?

  4. ベッドでも敷布団で寝たい

    ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

  5. 長さの短いスモールサイズのベッド

    ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

  6. 連結できるベッド

    連結できるベッドってどんなベッド?

  7. 新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう

  8. マットレスの選び方

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

ガス圧式の跳ね上げ収納ベッドとは??

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドとは?メリットとデメリットについてガス圧式跳ね上げ収納ベッドというベッ…

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

シングルベッドを買う

シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新しいベッドに変えたい!シングルベッドのいいところって?新生活を始めるのにあたり、新しいシングル…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

ベッドの木材の種類

ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

ベッドの木材の種類について。どのくらいの種類があるのか。ベッドの木材などの種類はどんなものがある…

マットレスベッドを検討する

マットレスに脚がついている!マットレスベッドとは?

ベッドというのは通常はベッドフレーム(ベッド本体)とベッドの上に敷くマットレスは、それぞれ別々になっ…

ベッドのカラー選び

  1. 白いベッドを選ぶ
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. ウォルナット調のベッド
  4. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. セミダブルベッドを選ぶ
  2. ベッドのサイズ
  3. セミダブルベッドを検討する

ベッドの基礎知識

機能から見たベッドの種類

実にいろいろ!機能から見たベッド選び

機能からみたベッドの種類とは?一体どのようなベッドがあるのだろうかこれからベッドを購入しようと検…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

中古ベッドのメリットとデメリット

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて中古ベッドを購入したり、使ったことはあり…

マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

夫婦やカップルの2人でゆったり快適に、あるいはご家族でお子さんが数人いる事から広いスペースが必要とい…

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

  1. 中古ベッドのメリットとデメリット
  2. ベッドのサイズ

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

家族用のベッド選び

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

ファミリー・家族で使うベッドについて

家族(ファミリー)が寝る際にはどの様に寝るのか、例えばベッドを使うのか布団を使うなど、家庭によってそ…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

PAGE TOP