ベッドをサイズで選ぶ

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。

セミシングルベッドというベッドを知っていますか。セミシングルベッドは名前を聞いただけではどんなベッドなのかわかりませんよね。セミシングルベッドとはどういうベッドなのでしょうか。そして、メリットやデメリットはどういったところなのでしょうか。セミシングルベッドについて紹介していきます。

セミシングルベッドとは?

セミシングルベッドとはどういうベッドなのか知っていますか。名前の通り、シングルベッドのサイズよりも小さいベッドのことをセミシングルベッドといいます。しかし、セミシングルベッドは規格が決まっているわけではありません。なので、購入する前はセミシングルベッドのサイズに当たるのか、シングルベッドの大きさになるのか確認が必要になります。
大体の大きさとしては「80cm前後」となっています。シングルベッドはそれよりも大きいので80cmを目安としたらいいでしょう。

セミシングルベッドのメリット

では、セミシングルベッドのメリットはどういったところなのでしょうか。セミシングルベッドのメリットについていくつか紹介します。

1、場所を取らない
セミシングルベッドは1人で寝るように作られています。なので、一人暮らしをしていて、どうしてもシングルベッドでは狭いという人などが使っています。セミシングルベッドはシングルベッドでは「扉が開かない」「椅子が引けない」「通路が狭い」「引き出しが引けない」という場合に使ってもいいことでしょう。
2、2台並べておける
2人で寝る場合にシングルベッドを二台どうしても並べておけない場合にセミシングルベッドを二台並べて寝るという方法をとることができるでしょう。また、他のセミダブルを置いたら?という発想が出てくるかもしれませんがそれは違います。なぜかというと、セミシングルベッドを二台並べた方が違うベッドで2人で別々ベッドで寝ることができます。そして、将来的に子供が大きくなった時やベッドが別々で必要になった時などは分けて使うことができます。なので、とても便利です。

このようにセミシングルベッドは狭いからどうなんだろうと考えている人にはとてもオススメできます。

セミシングルベッドのデメリット

では、セミシングルベッドのデメリットは何でしょう?購入を考えている人に購入する前にこの記事を読んでデメリットを解決するようなアイデアを考えていきましょう。セミシングルのデメリットについていくつか紹介していきます。

1、狭い
シングルベッドよりも狭いので当たり前ですが、寝るのに狭く感じる場合があります。
では、どのくらいの幅が最適なのかというと、平均男性の肩幅を例に出すと平均男性の肩幅は60cmなので、寝返りするのに30cm必要なので計90cmの幅が必要になります。
ということはセミシングルベッドでギリギリか少しはみ出るくらいだと言えます。

2、高い
セミシングルベッドはあまり、一般的に出回ってはいません。メーカーとしても特別なサイズなので大量に数を作ることはできません。
また、グレードによってもサイズが異なるので値段が安いものが逆に少ないということがあります。

3、ランニングコストがかかる
ベッドのランニングコストとは、ベッドシーツや敷きカバーなどのことをいいます。
シングルベッドよりも小さいので、シングルベッドのサイズのベッドシーツや敷きカバーを使うのにもずれたりすることがあります。
そこで、セミシングルベッドのサイズのベッドシーツや敷きカバーを使おうとしても極端に種類が少ないのでコストがかかってしまいます。

このようにどうしてもセミシングルベッドにおいて、デメリットが出てきてしまいます。

セミシングルベッドが向いている人や場所とは?

では、セミシングルベッドが向いている人や場所はどういったところなのでしょうか。セミシングルベッドが向いている人や場所について紹介していきます。

1、小柄な人
小柄な人が寝るのには適しています。セミシングルベッドは長さは変わることがなく、ベッドの幅が変わるので小柄の人が寝るぶんには特に問題はありません。

2、狭いスペースにおきたい場合
一人暮らしや寝室・子供部屋が狭いという時にはセミシングルベッドをオススメします。
幅がシングルベッドよりも20cmも小さいとその20cmの空いた部分にかなりの物を置くことができます。
なので、自分の部屋を有効に使いためにセミシングルベッドにしたいというのはいいでしょう。

3、クイーンサイズにしたい人
ベッドを二台使ってクイーンベッドにしたいという人にはオススメです。
セミシングルベッドを二台並べるとクイーンベッドになります。マットレスが繋がっていないため、別々のベッドで寝れますし、振動などが伝わることがないので、お互いの睡眠の邪魔をすることがありません。しかし、三人で寝たいという場合はベッドとベッドの間に隙間ができてしまうのでオススメできません。もし、三人で寝たい場合は別途で販売されている隙間パットというのを購入してベッドとベッドの間に挟んで寝ると隙間が気になることはないのでいいでしょう。

このようセミシングルベッドが向いている人は部屋が狭いという人には向いています。

セミシングルベッドの種類

セミシングルベッドの種類はどのようなものがあるのか知っていますか。あまり、種類がないように感じますが実際はどうなんでしょうか。セミシングルベッドの種類をいくつか紹介していきます。

1、すのこベッド
床板が「すのこ」になっているベッドです。通気性がいいので湿気に困ることはありません。

2、折りたたみベッド
折りたたみができるベッドになります。
なので、使わない時にしまっておいたり、使い時に出してきたり自由に設置することができます。

3、脚付マットレスベッド
マットレスに足がついているベッドになります。
普段ベッドとして使用しない時はソファーとしても使用できるのでとても便利です。

4、収納付きベッド
ベッドの下に収納がついたタイプのベッドになります。
部屋に収納スペースが少ない、たりないという人にオススメできます。
しかし、収納とはいってもセミシングルベッドの大きさの収納なのであまり、物は入れられないでしょう。
しかし、少しでも収納が欲しいという人にはオススメです。

5、二段ベッド
子供が2人いるけどシングルベッドを二つ並べるスペースもないし、シングルサイズの二段ベッドを奥歯しょうもないという時にはセミシングルベッドのサイズの二段ベッドがあります。

このようにセミシングルベッドにもいくつか種類があります。しかし、店頭販売しているものがどうしても少なくなっています。なので、通販で購入した方が種類も豊富なのでいいでしょう。

まとめ~セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。~

セミシングルベッドについて知っていただけましたか。セミシングルベッドとはシングルベッドよりも小さいサイズのベッドのことをいいます。なので、シングルベッドでは部屋が狭すぎるからおけない、セミシングルベッドを二つ並べたいという場合にはとってもオススメです。しかし、男性にとっては狭すぎるので寝がありしたりするには狭いことでしょう。
また、あまり、店頭に置いていなく値段も安くはないので購入するには少しためらう部分も出てくるかもしれません。しかし、通販などでは種類が豊富なので購入を検討している人はネットで検索してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. クイーンベッドを検討する

    広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

  2. セミダブルベッドを選ぶ

    セミダブルサイズのベッドを検討してみる

  3. 連結できるベッド

    連結できるベッドってどんなベッド?

  4. 子供と一緒に使うベッド

  5. 3段ベッドはどうなのか??

  6. ベッドのサイズを選ぶ

    知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

  7. 長さが短いショート丈ベッド

    長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

  8. 一人暮らしのためのベッド

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ウォルナットのベッドを選ぶ

自然な木目が魅力!お部屋をウォルナット調に!

ベッドには木材、あるいはその木材と同じ柄が使われた物が現在では数多く販売されています。例えば…

北欧スタイルベッド

北欧風スタイルってどんな??北欧スタイルのベッドを選ぶ!

北欧スタイルとは?どのようなベッドを置くと北欧スタイルになるのか?北欧スタイルというのはどういっ…

すのこの効能について

すのこといえばベッドとして主に有名ですから、すのこベッドを実際に使っている人はもちろん、ベッドに詳し…

ベッドで使われている木材について

ベッドは本体に木材が使われていることがほとんどというのは、皆さんよくご存知ではないかと思います。とは…

寝具の素材について

掛け布団や敷布団、それから毛布、これら寝具には原材料となる素材が使われている物があるというのは皆さん…

ベビーベッドの次はどんなベッドを使うか

今回の記事は生まれたばかりのお子さんのいる、あるいはお子さんを生む予定のご夫婦の方々向けとなります。…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. 連結できるベッド
  2. セミシングルベッドを検討する

ベッドの基礎知識

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

不要になったベッドの処分方法

どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて不要なベッドを処分したいと考えている人もいる…

通販でベッドを購入する秘訣

ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

ベッドを通販で購入するメリット・デメリットそろそろベッドを購入したいな~と考えていますか?…

ソファーベッドについて

ソファーベッドってどうなんでしょう?

ソファーベッドはどうなのか?ソファーベッドの利用の仕方についてソファーベッドについて知っています…

知っているようで知らないすのこベッド
  1. 和室に置きたいベッド
  2. セミダブルベッドを検討する
  3. ダブルベッドを選ぶ

1人用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

家族用のベッド選び

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

PAGE TOP