ベッドの基礎知識

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズ

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?

ベッドのサイズはどんな種類があるのか知っていますか。また、ベッドを購入しようと考えている人にどのようなベッドのサイズがあって、どのようなベッドのサイズを購入したらいいのかわかりますか。サイズによってねれる人数やサイズによって快適に睡眠ができるかというには違ってきます。どこで、今回はベッドのサイズによって睡眠の快適度合いやねれる人数はどのくらいなのかについて紹介していきます。また、サイズによってのメリットやデメリットもいくつか紹介していきます。

ベッドのサイズについて

ベッドのサイズは様々あります。サイズの種類をいくつか紹介していきます。

1、セミシングル
シングルベッドよりも幅が小さいサイズのベッドになります。
たとえば、部屋が狭かったりする場合はシングルベッドではなくセミシングルベッドを置くことによって少しでもスペースを作ることができます。

2、ショートベッド
シングルベッドよりも長さが短いベッドになります。こちらも部屋が狭くて荷物を置くことができないといった場合に少しでもベッドのサイズを小さくすることによってスペースを確保することが可能です。

3、シングル
1人用の基本となるようなベッドになります。一人暮らしや1Kなど部屋が狭い場合はシングルサイズのベッドを使用するといいでしょう。

4、セミダブル
これも1人用のサイズのベッドになります。自分の寝相などによりますがシングルサイズよりも広々とベッドを使うことができます。

5、ダブル
ダブルのサイズのベッドになると2人用のベッドになります。しかし、場合によっては寝返りする時などはお互い寝づらくなってしまう場合があるので注意が必要になります。

6、クイーン
クイーンベッドは2人用のベッドになります。クイーンサイズのベッドともなると2人で広々と使うことができます。しかし、三人で寝るというのは狭すぎます。子供1人と大人2人の場合は寝ることができるでしょう。

7、キング
キングサイズは基本的に大人二人用です。キングサイズでは子供1人と大人2人では余裕に寝ることができます。また、シングルサイズを二つ並べた大きさになるのでキングサイズを長く使わないという人やシングルベッドを子供が小さいうちは並べて使うという場合はシングルベッドを二つ並べてもいいでしょう。

8、ロング
ロングのベッドはシングルサイズやセミダブルなどの長さが長くなったものをロングと言います。身長が高い人にオススメです。身長が高くて普通のベッドでは足がはみ出てしまう場合はロングのベッドを使用した方がいいでしょう。

このようにベッドにはいくつかのサイズがあります。ベッドの種類も大切ですが、ベッドのどのサイズが自分に合っているのかなどを知っておいて、自分に合ったベッドのサイズにする方がいいでしょう。

ベッドのサイズのメリット

では、ベッドのサイズのメリットはどういったものなのでしょうか。ベッドが大きくなるごとにメリットも変化してきます。では、上記で紹介したベッドのサイズの中からいくらか抜粋してメリットを紹介していきます。

1、シングルベッド
シングルベッドは一人暮らしの人向けになります。シングルのサイズの場合は二段ベッドやロフトベッドなどもあります。なので、一人暮らしで使うという場合はシングルベッドをオススメしますが、子供が使うという場合はシングルサイズの二段ベッドをオススメします。

2、クイーンベッド
クイーンサイズとなると子供1人と大人2人で寝ることができるようになります。ダブルサイズでは子供と寝るのは少し難しいでしょう。

3、キングベッド
キングベッドは子供2人と大人1人の場合も寝ることができます。しかし、一番寝やすい人数としては子供1人と大人2人で寝るのが一番いいでしょう。

このようにベッドのサイズによって人数や寝心地もだいぶ違います。なので、余裕を持って寝たいという場合はやはり、大きいサイズのベッドで寝るということをオススメします。

ベッドのサイズのデメリット

ベッドのサイズのデメリットはどういったところなのでしょうか。ベッドのサイズのデメリットについていくつか紹介していきます。

1、セミダブル
セミダブルはシングルサイズよりも大きいサイズですが2人で寝るのには少し厳しいです。なので、1人で寝た方が快適になることができます。もし、恋人同士で寝たいという場合は狭いのを覚悟して寝た方がいいでしょう。

2、ダブルサイズ
ダブルサイズではシングルサイズを二つ並べた大きさにはなりません。ダブルサイズは二重理で寝るのには最適です。余裕を持って寝ることができるので相手の寝相を気にしなくて寝ることができますが、大人三人で寝るのはNGです。
また、部屋に搬入するのにでも部屋の大きさなども考えて搬送しなくてはならないので考えてから搬送するようにしましょう。

どのサイズがどんな人に向いているのか

どんなサイズがどんな人に向いているのでしょうか。サイズ別にどういった人に向いているのか紹介していきます。

1、シングルベッド
1人で寝るという人に向いています。また、シングルベッドを二台並べるとキングサイズのベッドになります。なので、将来的にベッドを別々に使うという場合はシングルサイズのベッドを二台並べて使いましょう。

2、セミダブル
セミダブルも1人用のサイズになります。また、1人でゆとりを持って寝たい、というときのベッドのサイズになります。大人2人で寝ると、床板が割れることがありますので、絶対にやめましょう。

3、ダブル
ダブルサイズは2人で余裕を持ってねれるくらいの大きさになります。なので、お互いを機にすることなく寝ることができるのでとても便利です。

4、クイーンサイズ
クイーンサイズのベッドは2人で寝るのにも大きすぎるサイズになるので子供と寝たいという人にはオススメです。また、2人で寝るには十分余裕で寝ることができるので余裕で寝たいという人にはオススメできます。

5、キングサイズ
キングサイズも大人2人用のサイズになります。なので、大人2人、子供1人と大人2人、といった感じで寝ることができます。

このように人数と用途によってはベッドの種類も関係してきます。なので、自分の用途や寝る人数を考えてベッドのサイズを決めるようにしましょう。また、部屋に入らないという場合もあるので注意しましょう。

まとめ~ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?~

ベッドのサイズについて知っていただけましたか。ベッドのサイズは様々な種類があります。例えば、「シングルベッド」や「セミダブル」、「ダブル」、「クイーンサイズ」、「キングサイズ」などがあります。他にも用途によっては「セミシングルサイズ」、「ショートベッド」、「ロング」などもあるので自分の部屋の大きさや自分のベッドの用途によってベッドの大きさを決めるようにしましょう。デメリットとしてはやはり、大きさによってはねれる人数が限られてくるというのがあります。なので、どのベッドのサイズでは何人寝るのかというのを調べてから購入するようにしましょう。そして、どの大きさのベッドが向いているか向いていないかも部屋の大きさやベッドの大きさなどを考慮してから通販や店頭などで購入するようにしましょう。

購入する前にこの記事を読んで、参考にしてから購入してみてください。

関連記事

  1. ベッドの木材の種類

    ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

  2. 高級感のあるベッド

  3. セミシングルベッドを検討する

    シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

  4. 子供と一緒に使うベッド

  5. 配送料の値上げの通販への影響

  6. ダブルベッドを検討する

    2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

  7. マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

  8. セミシングルベッドを知ろう

    セミシングルベッドのことを知ろう!

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドでも敷布団で寝る

ベッドで寝る方法というのは、マットレスをベッドフレーム(ベッド本体)の上に置いて寝るというのが基本で…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

ベッドについているライトはLEDがいいのか?

唐突ですがベッドにおけるライト、これはヘッドボードに付いている場合がある物ですね。夜に部屋の明かりを…

カラフルな布団を楽しむ

布団と言えば白やベージュといった白、および白をベースにしたカラーがスタンダードになっていると思います…

ベッドのカラー選び

  1. グリーンのベッド
  2. 白いベッドを選ぶ
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. ウォルナット調のベッド

ベッドのサイズ選び

  1. 連結できるベッド
  2. セミダブルベッドを選ぶ
  3. シングルベッドを買う
  4. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

ベッドの基礎知識

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団についてベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし…

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

素材からのベッド選び
  1. クイーンベッドを選ぶ
  2. ウォルナットのベッドを選ぶ
  3. 和室に置きたいベッド
  4. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  5. ウォルナット調のベッド

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

家族用のベッド選び

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

PAGE TOP