ベッドの基礎知識

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供のベッド選び

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?

子供用のベッドの購入を検討しているという人はどういった子供用のベッドを購入すればいいのか悩んでいるという人も多いでしょう。子供用のベッドとは言っても種類がたくさんあります。どういった子供用のベッドを選べばいいのでしょうか。子供用のベッドはシングルベッドと比べてどう違うのでしょうか。子供用のベッドのメリットやデメリット、種類などについていくつか紹介していきます。

子供用のベッドの種類とメリット

子供用のベッドのメリットとしてはどういったものがあるのでしょうか。子供用のベッドの購入を検討している人のためにメリットをいくつか紹介していきます。

1、二段ベッドの場合
二段ベッドは1台分の面積で2人分のベッドを確保できるため、子供部屋をより広く使うことができます。また、たとえ上の子供が大きくなって別のベッドで寝るようになったとしても、空いたベッド分を収納スペースとして利用できるため将来的も便利です。

2、ロフトベッド
ロフトベッドとは上段がベッド、下段がデスクや収納スペースとなっている形状のもので、これまた部屋を広く使うために購入するという方がいいでしょう。ベッドの下にはソファや勉強机、収納棚などを置いておけるので、その分スペースが有効活用することができます。

3、収納付きベッド(子供用)
ベッドの下が収納スペースになっているものは、かなり大きなものもしまっておけるので大変便利です。引き出しタイプなので出し入れも簡単にすることができます。

4、ソファーベッド
ソファベッドとは、ソファとしてもベッドとしても使えるので普段ベッドとして使用しない時はソファーとして使うことができます。普段はソファとして使いながら、寝るときにだけベッドにすればよいので部屋のスペースも有効的に使えます。ソファからベッドに変形させるのも簡単なので子供でも変形させることがきます。収納付きのものであれば、布団や枕をその中にしまっておけるのでかなり便利です。

5、折りたたみベッド
子供でも簡単に折り畳みはできます。また、折り畳みベッドのメリットとして掃除のしやすさがメリットになります。重たいベッドだと床や壁との隙間の掃除が難しいですが、折り畳みベッドは軽々と移動できるので部屋が清潔に保つことができます。

6、シングルベッド
また最もシンプルであるがゆえに、デザインやサイズ、形状などが豊富に選部ことができます。子供が気に入っていて、インテリアにマッチした納得のベッドを見つけやすいでしょう。
このように一番最初は代表的な子供用のベッドを紹介しました。子供用のベッドはもちろん子供のことを考えた作られています。しかし、子供用の二段ベッドなどは一人っ子の子供にはあまり必要な位でしょう。そのような時はシングルベッドが必要になってきます。やはり、ベッドを購入する上で大切なのは子供のベッドの使い方、子供の人数によります。

では、デメリットはどういったところなのでしょう。

子供用ベッドのデメリットについて

子供用ベッドのデメリットはどういったところなのでしょうか。子供用のベッドのデメリットについていくつか紹介していきます。

1、二段ベッド
布団の上げ下ろしが少しつらくなるのと、どうしても二段目からの落下の危険性があることがデメリットになります。子供が使うものなので、耐久性についてや危険性を考慮しなくてはならないでしょう。

2、ロフトベッド
天井が低い部屋だと、就寝時に常に圧迫感を感じることになります。また、二段ベッドと同じく、布団の上げ下ろし、落下の危険性というデメリットがあります。

3、ソファーベッド
常にベッドのまま放っておきがちなところです。手間いらずとはいえ、ソファとベッドの変形を毎日繰り返すとなると面倒になってきてベッドからソファーに戻すということはあまりしなくなるかもしれません。

4、シングルベッド
他のベッドに比べると収納性に劣るので部屋のスペースを圧迫しやすくなってしまうというところです。

このように子供用のベッドを置くのに当たって様々なデメリットが出てきます。また、子供用のベッドを置くのではなくシングルベッドといった大人向けのベッドを子供用のベッドとして使うのもいいでしょう、そうすることによって、デメリットも多少解決していくでしょう。

子供用ベッドの選び方について

子供用のベッドはどのようにして選べばいいのでしょうか。子供用のベッドの選び方についていくつか紹介していきます。

1、ベッドフレームの素材の違い
フレームによって部屋の雰囲気も安眠具合もだいぶ違います。例えば、木製のフレームにした場合は木のぬくもりがあるので暖かさと柔らかさを感じられ、どっしりとした安定感があります。また、インテリアにも馴染みやすく、正しい素材を選べばその後数年でも数十年でも変わらず利用できるメリットがあります。そして、どういった部屋のテイストにも合わせることができるのでオススメです。

2、床板の素材の違い
床板は寝心地を決めるベッドの中の大切な部分です。子供の体や体調、好みに合うようなベッドにしましょう。例えば、すのこの場合は床板に隙間が空いており、湿気が床下へ抜けてくれるため、汗をかいても通気してカビを防いでくれます。ベッドやマットレスにカビが生えたことのある方は、一度床板をすのこに取り換えてみると良いでしょう。いつも布団を敷きっぱなしという方でも、ある程度ならカビにくい構造になっています。また、すのこによっては匂いもとてもいい香りのものもあるので子供に合うものを敷いた方がいいでしょう。

3、マットレスの素材の違い
マットレスが硬すぎたり、柔ますぎたりしてが自分の体調面でもかなり変化が出てきてしまいます。ましてや、子供の体にあっていなかったりすると快適に睡眠をとることができません。例えば、コイルのスプリングタプのマットレスではポケットコイルが点で支えるのに比べ、ボンネルコイルは面で支える感覚で、少し硬めの寝心地になります。体が沈み込む感じはなく、寝返りが打ちやすくなります。
このようにマットレスの種類によっては寝心地も寝返りの具合もだいぶ違ってきます。子供用のベッドの選び方してはいくつかやりかたがあります。やはり、一番いいのは子供の体の大きさや寝方、子供の要望に合わせてベッドを選んだ方がいいでしょう。

まとめ~子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?~

子供用のベッドについて知っていただけましたか。子供用のベッドは様々な種類があります。もちろん、子供用のサイズのベッドではないものを子供用のベッドとして使用するのもいいでしょう。そして、子供用の代表的なベッドのメリットとしてはやはり、子供が2人の場合は一つの部屋で人スペースのみで寝ることができるということでしょう。また、シングルベッドなどは将来的に部屋を分けて別々に使うという時は自分のテイストに合わせてベッドのテイストも変えることができます。しかし、子供用のベッドのデメリットとしては安全面が少し心配ということです。安全面において、子供が例えば二段ベッドの二段目から落ちてしまうという場合が一番怖いでしょう。安全面に配慮して購入するのなら問題ないでしょう。子供用ベッドの選び方としてはやはり、子供の体型や子供の寝方によってベッドを選ぶということが大切になってきます。子供用のベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてから購入してみてください。

関連記事

  1. 和室に置きたいベッド

    和室で寝たいけど布団はいや!和室に置きたいベッド

  2. ベビーベッドの次はどんなベッドを使うか

  3. おすすめベッドのご紹介

  4. マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

  5. ベッドのカラー

    ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

  6. 赤ちゃんと一緒に寝るベッド

  7. かっこいいベッドについて

  8. 枕(まくら)に拘る

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

カラフルな布団を楽しむ

布団と言えば白やベージュといった白、および白をベースにしたカラーがスタンダードになっていると思います…

北欧スタイルのベッドについて

一昔前まで寝る時のベッドというのは、ただ単に睡眠を取るためのアイテムに過ぎなかったのではないでしょう…

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

ガス圧式の跳ね上げ収納ベッドとは??

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドとは?メリットとデメリットについてガス圧式跳ね上げ収納ベッドというベッ…

ロフトベッドを検討する

スペースを有効利用!ロフトベッドを検討する

ロフトベッドを検討するベッドにも様々な形態の物がありますが、その中でもロフトベッドというのは特殊…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

ベッドのカラー選び

  1. 白いベッドを選ぶ
  2. グリーンのベッド
  3. ウォルナット調のベッド

ベッドのサイズ選び

  1. ベッドのサイズを選ぶ
  2. クイーンベッドを検討する
  3. 子供と一緒に寝るベッド

ベッドの基礎知識

通販でベッドを購入する秘訣

ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

ベッドを通販で購入するメリット・デメリットそろそろベッドを購入したいな~と考えていますか?…

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげな…

圧縮ロールパッケージ仕様のマットレスはどうなのか

近年マットレスの仕様も実に豊富になってきているのは間違いないと思います。構造だけで言ってもボンネル・…

中古ベッドのメリットとデメリット

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて中古ベッドを購入したり、使ったことはあり…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

連結できるベッド
  1. 一人暮らしでベッドを使う
  2. ベッドの木材の種類

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

家族用のベッド選び

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

子供用のベッドについて

お子さんがいるご家庭には、色々と悩みが付き物ではないでしょうか?お子さんに対しての接し方とか子育てに…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

PAGE TOP