ベッドをカラーで選ぶ

爽やかな純粋無垢、白いベッドを選んでみよう!

白いベッドを選ぶ

白いベッドについて。メリットとデメリットは?

白いベッドを使ったことはありますか。白いベッドはどういったベッドなのか知っていますか。白いベッドを購入し用途考えている人に白いベッドはどういったメリットやデメリットについて紹介していきます。

白いベッドについて

白いベッドは他の色のベッドに比べて明るいのでどの部屋にも合う色になります。黒や茶など暗い色よりは白いベッドの方が部屋全体も明るくなります。また、一番人気のある色も白色なのではないでしょうか。そこで、白色のメリットとデメリットを紹介していきます。

白色のメリットについて

白いベッドのメリットはどういったところなのでしょうか。白いベッドのメリットについていくつか紹介していきます。

1、おしゃれ
白いベッドはどんな部屋にも合います。例えば、黒い家具がベースのところに白いベッドがあれば白いベッドがとても目立つのでおしゃれに使うことができます。そして、スタイリッシュなお部屋を作ることができます。

2、可愛い
白いベッドは女性が好むベッドの形がたくさんあります。白い基調をピンクに合わせると女性っぽい色使いになっていますか。女性に人気な天蓋のついているベッドも白が基調の色になっています。

3、広く見える
白い色を使うことで部屋を見せることができます。白い色は反射する色になっているので、反射したおかげで部屋が広く見えるようになっています。

4、風水的にもいい
風水では白いベッドは清浄効果を意味するといわれています。一日の始まり、終わりをすごす寝室に白いベッドはとても適しています。

このように白いベッドにはたくさんのメリットがあります。どんな人が白いベッドを使ったとしても、似合います。また、どんな部屋においても一番目立つベッドになることでしょう。自分の好きな色と組み合わせて置くのもいいでしょう。

白いベッドのデメリット

白いベッドのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。白いベッドを購入しようと思っている人に事前にデメリットを知って置くことで購入後の対策を考えることができます。では、白いベッドのデメリットを紹介していきます。

1、疲れやすい
白い色は先ほども説明したように反射しやすいので光の反射によって目が疲れる可能性があります。
部屋の統一感を図るということはとてもいいことですが白色以外にも違う色を置くことで疲れにくい部屋にする方がいいでしょう。

2、汚れが目立つ
白い色は一度汚れるとその部分がどうしても目立ってしまいます。また、傷をつけてしまった場合は色がはげて目立ってしまうので注意が必要になります。

3、種類が少ない
白いベッドは種類が豊富なように思われますが実際は種類が少ないです。
たくさんの種類から選ぶことはできないでしょう。

このように白いベッドのデメリットはいくつかあります。一番大きなデメリットとしては、やはり汚れではないでしょうか。汚れが一度ついてしまったり、傷がついてしまったりすると洗っても白なので目立ってしまいます。なので、カバーをしたり傷をあまりつけないようにしましょう。

白いベッドの種類

先ほど白いベッドは種類が少ないと紹介しました。では、白いベッドの代表的な種類のベッドとしてはどのようなものがあるのでしょうか。白いベッドの種類についていくつか紹介していきます。

1、収納付きベッド
収納がベッド下についてベッドになります。白い色のデザインのベッドは収納付きベッドの場合は多いでしょう。収納付きベッドは週の王がついていてとても便利ですが、収納がついている分湿気が溜まってしまって収納されている衣類にカビを発生させる原因ともなってしまう場合があるので注意が必要です。

2、レザーベッド
ベッドのフレームがレザーになっているものをレザーベッドといいます。レザーベッドは光沢があるので高級感にあふれていて、白いレザーベッドにした場合は黒いレザーとは異なり部屋の空気が重くならないので部屋の雰囲気を広く、可愛く見せてくれます。

3、フロアベッド
ベッド下に空間がなく、床にくっついているベッドになります。床にとても近いので布団で寝ているような感覚になります。白い色のフロアベッドもあり、開放感があるのでとてもいいでしょう。

4、天蓋付きベッド
天井に布を吊り下げてカーテンのようになっているベッドのことです。お姫様のような部屋にしたいという女の子は白い天蓋ベッドが一番似合っているのでいいのではないでしょうか。また、部屋にゴージャス感が出るので白い色の天蓋ベッドにしたとしても部屋をゴージャスにすることができます。

このように白いベッドにはいくつか種類があります。部屋を広く見せたかったり、自分の部屋のイメージをそのまま作ることができる一番無難な色は白い色ではないでしょうか。女のこっぽい部屋にしたいという場合もピンクがなければ、ベッドの色を白色にして、部屋のテイストをピンクにするだけでも統一感があってとても可愛い部屋になることでしょう。

白いベッドが向いている人

白いベッドが向いている人はどういった人なのでしょうか。白いベッドが向いている人について紹介していきます。

1、ベッドの色を悩んでいる人
ベッドの色を悩んでいる人は白いベッドをオススメします。白いベッドはどんな部屋のテイストにも合いますし、白いベッドは部屋が狭い場合でも多少は広く見せてくれるので白いベッドはオススメできます。

2、部屋にアクセントを加えたい人
例えば、部屋のテイストを黒にしている場合はワンポイントのアクセントを加えたい場合は黒とは真逆の白いベッドを取り入れてアクセントを出すと部屋が引き締まってオススメです。

3、部屋を明るくしたい人
部屋を明るくしたい人は白いベッドにして光を反射させることによって部屋を明るくさせることができます。そして、部屋を広く見せることもできるので一石二鳥です。

4、部屋を女の子っぽくしたい人
部屋を女の子っぽく見せたいという人は先ほど紹介した天蓋ベッドを使用して女の子っぽく見せるのもいいでしょう。また、部屋のテイストをピンクにしてベッドを白にして清楚な雰囲気に見せるのも女の子らしくていいでしょう。

このように白いベッドはどのようなテイストにも合わせることができます。部屋を明るくしたい人や部屋や女の子っぽい部屋にしたい人、アクセントを加えたいという人には白いベッドは向いていることでしょう。

まとめ~白いベッドについて。メリットとデメリットは?~

白いベッドについて知っていただけましたか。白いベッドは様々なメリットがあります。白いベッドはどんな人にでも合う色ですし、どんな部屋にも合うのでおしゃれに可愛く見せることができます。そして、白色は反射する色なので、部屋を明るく見せることもできます。風水的にもとてもいい色なので、ベッドを白くすることで気分もスッキリすることができます。
しかし、それに伴ってデメリットもいくつか見えてきてしまいます。例えば、光が反射しすぎて疲れてしまう場合もあります。また、一番の大きなデメリットとしてはソゴレが目立ちやすい点だと言えます。白いものは傷がついてしまったり、汚れがついてしまっても白いと汚れが目立ちやすくなってしまいます。白いベッドの種類としては自分の使い方次第で色を変えたりベッドの種類を買えるようにしましょう。ベッドの色を白にすることによって、印象も変えることができます。
白いベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてから購入するようにしましょう。

関連記事

  1. ウォルナットのベッドを選ぶ

    自然な木目が魅力!お部屋をウォルナット調に!

  2. カラフルな布団を楽しむ

  3. 眠りやすいベッドのカラーとは

  4. ベッドのカラー

    ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

  5. 寝具のカラーをどう選ぶか

  6. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

    安らかな眠りを誘うベッドのカラー

  7. グリーンのベッド

    ベッドにグリーンカラーを取り入れましょう!

  8. ウォルナット調のベッド

    どんな部屋にも合う!ウォルナット調のベッドを選んでみる

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

マットレスのメンテナンスについて

ベッドで寝ている人が使っているマットレス、メンテナンスの方はどうしていますか?普段何気なく使っている…

安らかな眠りを誘うベッドのカラー

安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドには色々なカラーのバリエーションがあるというのは、みなさんご存知のことであると思います。…

通販でベッドを購入する秘訣

ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

ベッドを通販で購入するメリット・デメリットそろそろベッドを購入したいな~と考えていますか?…

マットレスの選び方

ベッドで寝るという人は、ベッド以外にも絶対に必要なものがあります。枕や布団もそうですが、もう一つ必要…

ロフトベッドを検討する

スペースを有効利用!ロフトベッドを検討する

ロフトベッドを検討するベッドにも様々な形態の物がありますが、その中でもロフトベッドというのは特殊…

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

ベッドのカラー選び

  1. ベッドのカラー
  2. 白いベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. セミダブルベッドを選ぶ
  2. 家族で寝られる連結ベッド
  3. セミシングルベッドを知ろう

ベッドの基礎知識

マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

夫婦やカップルの2人でゆったり快適に、あるいはご家族でお子さんが数人いる事から広いスペースが必要とい…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団についてベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし…

ベッドで使われている木材について

ベッドは本体に木材が使われていることがほとんどというのは、皆さんよくご存知ではないかと思います。とは…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

  1. 中古ベッドのメリットとデメリット
  2. セミダブルベッドを検討する
  3. ベッドのサイズを選ぶ

1人用のベッド選び

シングルベッドを買う

シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新しいベッドに変えたい!シングルベッドのいいところって?新生活を始めるのにあたり、新しいシングル…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

家族用のベッド選び

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

PAGE TOP