ベッドをサイズで選ぶ

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット

長さが短いベッドを知っていますか。実際見たことがあるという人は少ないかもしれません。または、見たことはあるけど見ただけではわからないという場合も多くあります。確かに長さが短いベッドは見ただけではわからないかもしれません。では、長さが短いベッドとはどういったベッドなのでしょうか。長さが短いベッドのメリットやデメリットについても紹介していきます。

長さが短いベッドとは?

長さが短いベッドとはそういったベッドなのでしょうか。知らない人も多いでしょう。そこで、長さの短いベッドについて詳しく紹介していきます。
長さの短いベッドの正式名称は「ショートベッド」といいます。よく、ベッドのサイズは幅のことを指しますよね。しかし、「ショートベッド」は幅ではなく長さの長さが短いベッドのことをいいます。しかし、実際はベッドのフレームの長さが変わるわけではありません。変わるのは、ベッドのマットレスの長さなのです。
では、ここでまたベッドの呼び方を変えると「マットレスの長さが短いベッド」と言い換えることができます。普通のベッドの大きさは「マットレス195cm+ヘッドボード10〜15cm=205〜210cm」という大きさです。しかし、「ショートベッド」の場合は、ベッドの全長が180cm程度というコンパクトなベッドのサイズになります。ということは普通のベッドの大きさと比べて、30cmほど短くなります。このように長さの短いベッドは要は、マットレスの長さが短くなったベッドだということになります。

長さの短いベッドのメリット

では、長さの短いベッドのメリットとはどういったところなのでしょうか。長さの短いベッドのメリットについていくつか紹介していきます。

1、省スペース
一番大きなメリットはこれではないでしょうか。マットレスの長さが30cm程度も小さくなると相当なスペースが確保できます。一人暮らしで部屋が狭くてものがあまり置けないという場合はその30cmの隙間に置くことができるので少しはスペースを使うことができるのではないでしょうか。

2、移動がしやすい
掃除の時や少しベッドを移動させたいときってたまにありますよね。
そんな時に、長さの短いベッドなら女性でも簡単に持ち上げることができます。
なので、ベッドの下やベッドの普段拭けないところを掃除することもできます。

3、圧迫感がない
長さの短いベッドは見た目もさほど大きく感じることはありません。
なので、圧迫感がなく部屋にゆとりを持たせることができます。
そして、開放感あふれる部屋にすることができます。

4、身長によっては全く違和感がない
身長の低い女性や小さい子どもなどにとっては全く違和感なく寝ることができます。
例えれば、155cm以下の人ならば余裕を持って寝ることができます。身長が180cmを超えてしまうとベッドの端のところまで10cmしか余裕がないので170cm以上を超える人にはシングルベッドをオススメします。

このように長さの短いベッドの場合はたくさんのメリットがあります。

やはり、部屋的に狭い人や女性や子供にとっては長さの短いベッドでも十分なのではないでしょうか。

長さの短いベッドのデメリット

では、長さが短いベッドの場合、デメリットはあるのでしょうか。購入する前に長さの短いベッドのデメリットを知って改善していきましょう。長さの短いベッドのデメリットについていくつか紹介していきます。

1、身長が高いと寝にくくなる
身長が高いとベッドから足がはみ出てしまうのでどうしても寝にくくなってしまいます。また、微妙に足が出るか出ないかくらいの人もやめておいたほうがいいでしょう。なぜかというと、逆に寝づらくなってしまい良い睡眠に繋がらないからです。

2、種類が少ない
長さの短いベッドは「省スペース」を期待している分、ヘッド付きのベッドが少なくなってしまいます。ヘッドボードに色々と置きたい人は選択肢が狭くなってしまう場合があります。長さが短いベッド自体種類が少ないので、こだわりがある人にとっては満足のいかないベッドになってしまいことがあります。

このように長さの短いベッドにはいくつかのデメリットが発生してしまいます。なので、やはり購入する前に自分に合っているベッドはどれなのかということをメリットとデメリットで確認することによって自分に合ったベッドが見つかることでしょう。

長さの短いベッドの種類

では、長さの短いベッドの種類はどういったものがあるのでしょうか。先ほど、長さの短いベッドは種類が少ないと紹介しました。

しかし、その種類が少ない中でも役に立ちそうなベッドを見つけたので紹介していきます。

1、マットレスベッド
マットレスに脚がついた長さの短いベッドになります。マットレスに脚がついているのでベッドとして使用しない時にはソファーとしても可愛くアレンジすることができます。

2、デザインベッド
おしゃれなデザインベッドです。自分の部屋にあったデザインのベッドを置くこともできます。また、モダンなデザインベッドもあるのでオススメです。

3、すのこベッド
床板がすのこを敷いた状態になっているベッドのことをすのこベッドと言います。通気性に優れているので湿気に大変強いベッドになっています。すのこベッドの下を収納にしても湿気が溜まることがなく、掃除もしやすいので楽チンです。

4、収納付きベッド
ベッドの下に収納がついているベッドになります。
下に収納がついているので、部屋にあまり、ものを置きたくないという人や置くスペースがないという人にはオススメです。
しかし、一つ不便な面もあり、長さの短いベッドなので、収納スペースはその分限られてきます。なので、購入する前に検討が必要です。

5、ロフトベッド
一階と二階に分かれているベッドになります。一階部分は収納ができたり、机をおいたり、服をかけたりすることができるスペースになっています。また、二階部分はベッドになっていて、作物いているので落ちることなく安全です。

このように長さの短いベッドは他のサイズのベッドに比べて種類は少ないです。しかし、もしかしたら自分にあったベッドを見つけることができるかもしれません。自分に合った長さの短いベッドを見つけるときは店頭で探すより、通販サイトで見つけるほうがいいでしょう。そのほうが、ベッド的にも種類が豊富になります。なので、いいベッドが見つかるかもしれません。

長さの短いベッドが向いている人

長さの短いベッドが向いている人はどういった人なのでしょうか。

長さの短いベッドが向いている人はやはり、ベッドの長さが問題なので身長が低い人や体が小柄な人が向いているでしょう。具体的にいうと女性や子供にとっていいのではないでしょうか。身長が大きい人が寝ると寝心地が悪いベッドになってしまいます。なので、できれば体のサイズにあったベッド選びをしましょう。

まとめ~長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット~

長さの短いベッドについて知っていただけましたか。長さの短いベッドは別名「ショートベッド」とも言われています。要はベッドの長さが短いベッドのことをいいます。また、メリットも数多くあり、やはりベッドの長さが小さいので部屋が狭い時には活躍することでしょう。

デメリットとしては体に合わない人にとったら寝にくくて、ベッドの種類としても少ないということでしょう。自分に合ったベッドを探すのにもやはり、ある程度店頭で見てから通販で購入するという手もあります。店頭で自分の体にあったベッドを見つけて、通販で購入するのが一番いいでしょう。

購入する前にこの記事を読んで参考にして見てください。

関連記事

  1. ベッドでも敷布団で寝たい

    ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

  2. ベッドでも敷布団で寝る

  3. 北欧スタイルのベッドについて

  4. マットレスで悩んだときは

  5. ダブルベッドを検討する

    2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

  6. 2段ベッド購入を考えてみましょう

    子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

  7. ダブルベッドを選ぶ

    ダブルベッドってどんなサイズなの?

  8. シングルベッドを買う

    シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

フランスベッド

フランスベッド製のベッドはどうなのか?

フランスベッド製のベッドを検討!フランスベッドとは?フランスベッドを見たり、使ったりしたことがあ…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

部屋が広く見えるローベッド

部屋を広く見せてくれるローベッド

ローベッドを購入するベッドというのは様々な種類があるというのは承知であると思いますが、そんな数あ…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドとは

ベッドには様々な種類が存在するということは言うまでもないことだと思いますが、その数ある種類の中に「ガ…

ベッドのカラー選び

  1. 白いベッドを選ぶ
  2. ウォルナット調のベッド
  3. グリーンのベッド

ベッドのサイズ選び

  1. クイーンベッドを選ぶ
  2. ダブルベッドを検討する
  3. セミシングルベッドを知ろう
  4. シングルベッドを買う
  5. 長さが短いショート丈ベッド

ベッドの基礎知識

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

ベッドの木材の種類

ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

ベッドの木材の種類について。どのくらいの種類があるのか。ベッドの木材などの種類はどんなものがある…

ベッドをネット通販で

ベッドを通販で購入してみよう!そのポイントは?

ベッドを通販で購入!選ぶときのポイントとは?ベッドを通販で購入したことはありますか?「通…

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドとは

ベッドには様々な種類が存在するということは言うまでもないことだと思いますが、その数ある種類の中に「ガ…

ラグジュアリーなベッド
  1. 不要になったベッドの処分方法
  2. ダブルベッドを検討する
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. 一人暮らしでベッドを使う

1人用のベッド選び

セミダブルベッドを検討する

実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

セミダブルベッドを購入する前に1人用のベッドとしては基本的にはシングルベッドを利用する人が多いと…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

PAGE TOP