ベッドを機能で選ぶ

大容量収納ができるベッドの魅力

大容量収納ができるベッド

大容量の収納ができるベッドとは?どんなベッドがオススメなのか

大容量の収納ができるベッドについて知っていますか。「部屋が狭くて荷物が置けない」「収納がたくさん欲しい」「子供の部屋におもちゃがたくさんあって困る」などというような悩みを持った人も多いことでしょう。では、そんな時にどんなベッドが大容量の荷物などを収納できるのでしょうか。また、大容量収納のメリットやデメリットなどあるのでしょうか。今回は大容量の荷物を収納できるベッドについて紹介していきます。

大容量の荷物が収納できるベッドの種類

大容量の荷物が収納できるベッドはどのようなものがあるのでしょうか。やはり、部屋が狭くて荷物の置き場がない・収納がもっと欲しい・子供部屋に収納が欲しいなどといった場合があるでしょう。そんな時に便利な大容量の荷物を収納できるベッドについていくつか紹介していきます。

1、引き出し式収納ベッド
引き出し式収納ベッドはベッドの下部分が引き出しの収納になっているベッドになります。ベッドの大きさが大きくなればなるほど、収納する量も増えて大容量の荷物を収納することができます。しかし、引き出し式収納ベッドは引き出しを引くことで収納しているので引き出しを引くスペースも必要になります。もし、「部屋が狭くて荷物が置けない」という人が使用するのであれば少し考えた方がいいでしょう。「引き出しを開けるスペースに荷物を置ける」と考えるか、「引き出しを開けるスペースを確保してまで、ベッド下の収納に荷物を収納したい」かどちらがいいかは購入前にしっかりと部屋の広さなども考慮しながら考えるといいでしょう。

2、跳ね上げ式収納ベッド
跳ね上げ式収納ベッドはベッドの下に収納がありますが引き出し式収納ベッドとは違って、ベッドの上が開くようになっています。なので、引き出しのスペースを確保することなく収納できます。また、こちらもベッドの大きさによって、収納スペースを確保知ることができます。跳ね上げ式収納ベッドの中でも種類がいくつかあります。その種類とは自分で持ち上げて開くのか、ガスの力であまり力をかけずに開くのかというものです。お年寄りや子供、女性などは力があまりないのでガスの跳ね上げ式収納ベッドにした方がいいでしょう。また、跳ね上げ式収納ベッドは引き出し式収納ベッドよりも価格が少し高めです。さらに、ガスの跳ね上げ式収納ベッドともなると普通の跳ね上げ式収納ベッドよりも価格が高くなります。部屋の広さや自分の力などを考えながらどちらの跳ね上げ式収納ベッドにするか決めた方がいいでしょう。

3、ヘッドボード付きベッド
ヘッドボード付きベッドとは頭の上の部分に本や時計などを置くことができるようなスペースのついたベッドのことをいいます。ヘッドボード付きベッドは場合によっては、照明がついていたり、コンセントがついていたりなど様々な種類があります。寝る前に少し読書したい場合や充電を寝ている間にしたい場合などはヘッドボードがついたベッドがいいでしょう。また、本なども収納することができます。なので、自分の好きな本を置いて置くのもいいでしょう。ヘッドボードの引き出しがついたものもあるのでその場合は引き出しに少ししたものを詰めることができるのでいいでしょう。しかし、ヘッドボードがついた分、ベッドの大きさが大きくなってしまいます。なので、部屋の大きさなども考えて購入するようにしましょう。

4、デザインベッド
デザインベッドは引き出し式収納ベッドや跳ね上げ式収納ベッドとは違います。他のベッドとはデザインが違っていて、ベッドの横にベッドとセットで収納がついている場合などがあります。他のベッドよりはアイデアを加えたようなベッドになっています。なので、自分に合うようなベッドと巡り会えることがあります。収納がついている場所もデザインベッドでは、工夫されている場合があるので引き出し式収納ベッドや跳ね上げ式収納ベッドなどと比べてみてください。このように大容量のものを収納できるベッドがあります。ヘッドボード付きベッドやデザインベッドはベッド下に引き出し式の収納や跳ね上げ式の収納がついているものもあります。なので、引き出し式の収納や跳ね上げ式の収納とは別に収納が欲しいという場合はヘッドボード付きの収納ベッドやデザインベッドを購入することをオススメします。

また、引き出し式収納ベッドや跳ね上げ式収納ベッドもどちらも大容量の荷物を収納できるので自分にあった収納付きベッドを選ぶようにしましょう。

大容量収納ベッドの番外編

大容量収納ベッドには別の大容量の荷物を収納できるようなベッドがあります。やはり、部屋が狭くて引き出し式収納ベッドや跳ね上げ式収納ベッドを置くことができない、荷物が収まらないという場合があることでしょう。そんな時にオススメなベッドがあります。それは、ロフトベッドです。ロフトベッドは二段に分かれているベッドになります。上がベッドになっていて、下にスペースがあります。その下に大容量の荷物を収納することができますし、机や椅子や衣類などを置くこともできます。なので、部屋が狭くて荷物が置けないという場合はロフトベッドがいいでしょう。ロフトベッドはベッドを上にすることによって、部屋の広さを変えることなくベッドスペースを確保することができます。なので、部屋を自分の好きなスタイルにすることもできますし、他の荷物やものを置くスペースを確保できます。

しかし、ロフトベッドは一つ難点があります。それは、上に寝て寝返りをうったりするだけで揺れてしまうという点です。ロフトベッドはパイプで出来ているベッドなので安全面で少し心配があります。また、揺れがあるということはのぞいたりした時に「落ちるんじゃないか」という心配をしてしまいます。しかし、正しく使用すれば落ちる心配もありませんしベッド自体が崩れたりすることもありません。一応体重制限があるので自分の購入しようとしているベッドの体重制限数を確認しておきましょう。

まとめ~大容量の収納ができるベッドとは?どんなベッドがオススメなのか~

大容量の収納ができるベッドはどんなベッドなのか知っていただけましたか。「部屋が狭くて荷物が置けない」「収納スペースが足りない」「子供のおもちゃを収納したい」そういった場合は引き出し式収納ベッドや跳ね上げ式収納ベッドなどを使って収納スペースを確保しましょう。しかし、引き出し式収納ベッドがいいのか、跳ね上げ式収納ベッドがいいのかというのは部屋の広さや自分の使いやすさを考えた方がいいでしょう。そして、引き出し式の収納や跳ね上げ式の収納以外に収納が欲しい場合はヘッドボード付きの収納ベッドや収納付きのデザインベッドを選ぶようにしましょう。ベッド下の収納とは別に寝てる時にすぐ手が届く場所に収納があればいつでも取ることができます。また、照明を置いたり。コンセントが付いている場合は充電したりもできるので便利です。ロフトベッドを使うという収納方法も紹介しました。ロフトベッドを使うことによって収納もすることができますが収納だけでなく、部屋の広さも確保することができます。正しく使えば安全面も心配ないので正しく使って広いスペースを確保するようにしましょう。

今回は大容量収納ベッドについて紹介しました。大容量の収納できるベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてから購入するようにしましょう。

関連記事

  1. 知っているようで知らないすのこベッド

    知っているようで知らないすのこベッド

  2. 家族で寝られる連結ベッド

    家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

  3. 収納付きベッドを選ぶ

    一石二鳥の収納付きベッド

  4. 部屋が広く見えるローベッド

    部屋を広く見せてくれるローベッド

  5. 長さの短いスモールサイズのベッド

    ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

  6. マットレスで悩んだときは

  7. ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

    ガス圧式の跳ね上げ収納ベッドとは??

  8. 3段ベッドはどうなのか??

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ウォルナットのベッドを選ぶ

自然な木目が魅力!お部屋をウォルナット調に!

ベッドには木材、あるいはその木材と同じ柄が使われた物が現在では数多く販売されています。例えば…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

配送料の値上げの通販への影響

最近はお店で直接商品を購入するのではなく、通販を利用しての買い物を行う人が圧倒的に多いと思います。一…

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

マットレスのメンテナンスについて

ベッドで寝ている人が使っているマットレス、メンテナンスの方はどうしていますか?普段何気なく使っている…

ベッドのカラー選び

  1. グリーンのベッド
  2. 白いベッドを選ぶ
  3. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. クイーンベッドを選ぶ
  2. クイーンベッドを検討する
  3. 長さの短いスモールサイズのベッド
  4. シングルベッドを買う
  5. 家族で寝られる連結ベッド

ベッドの基礎知識

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

ベッドをネット通販で

ベッドを通販で購入してみよう!そのポイントは?

ベッドを通販で購入!選ぶときのポイントとは?ベッドを通販で購入したことはありますか?「通…

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

ベッドの組み立て

そもそもベッドの組み立ては1人でできるのか?

ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについてベッドの組み立てをしたことがあります…

圧縮ロールパッケージ仕様のマットレスはどうなのか

近年マットレスの仕様も実に豊富になってきているのは間違いないと思います。構造だけで言ってもボンネル・…

折りたたみベッドの魅力
  1. ラグジュアリーなベッド
  2. ベッドの組み立て
  3. 和室に置きたいベッド

1人用のベッド選び

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

家族用のベッド選び

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

PAGE TOP