ベッドをサイズで選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途

ダブルベッドを使ったことはありますか。シングルベッドやセミダブルとは一体何が違うのかわかりますでしょうか。また、これからベッドを購入しようと考えている方に。どのようなベッドがいいのかなどオススメを紹介していきます。

ダブルベッドの大きさって?

ダブルベッドの大きさは知っていますか。基本的に長さはどのベッドも変わることはありません。しかし、幅の大きさはどのベッドも異なります。ダブルベッドは幅が140cmの長さが195cmです。
また、シングルベッドもセミダブルも一人用でしたがダブルベッドは二人ようになります。よく、勘違いするのは、ダブルベッドはその名の通り、シングルベッドを二つ並べた大きさのものをダブルベッドというのでは?という勘違いがありますがそれは全く違います。シングルベッドを二つ並べてできるベッドの大きさはキングベッドと同じような大きさになります。

ダブルベッドが向いている人は?

ダブルベッドを買おうかもしくは他のベッドにしようか悩んでいる人がいるでしょう。ダブルベッドはどういう人向けなのかについて紹介していきます。
幅が140cmは細身の二人が寝るのにでも狭すぎます。ダブルベッドは二人用ですがあまりにも体格のいい人が二人寝るというのは無理があります。しかし、一人で寝るのにもあまりも広すぎて落ち着かないかもしれません。どちらかというと、夫婦二人で寝るのでやっとという大きさなのかもしれません。

ダブルベッドのメリット

これからダブルベッドの購入を考えている人にダブルベッドのメリットについていくつかあるので紹介していきます。

1、二人で寝る場合、暖かい
二人で寝るのに余裕があまりないぶん、布団が温まりやすくてすぐに温まるので寝つきが良くなります。

2、ベッドシーツや布団のカバーが1組ですむ。

3、安く買える
他の二人用のサイズのベッドより安く買うことができます。
シングルベッド二つで寝るわけではないので、ベッドシーツも布団カバーも1組あれば寝ることができます。また、洗濯も1組分なので簡単にいつでも選択することができます。

4、 収納スペースの確保
今まで、布団で寝ていた人については特にですがダブルベッドにすることによって押入れから布団を逐一出さなくてもいいですし、押入れに2組も布団を入れずにすむので収納スペースとしての空きができます。そこに他のものを入れるなんてことも可能です。

このようにダブルベッドにすることによってメリットはたくさんあります。

ダブルベッドのデメリット

ダブルベッドのデメリットについても紹介しておきますがあくまで参考として
記載します。なので、この程度なのかという感じで読んでみてください。

1、布団の取り合いがある
ダブルベッドは二人で寝るという目的で買う人が多いです。なので、布団は一枚なので冬場は特に布団の取り合いになることがあるでしょう。

2、揺れがベッド全体に響く
ちょっとした気配で目が覚めてしまうということがあるかもしれません。物音や揺れに敏感な人にはあまりオススメできません。

3、 夏場は暑い
二人で一緒に寝るため夏場は暑いです。特にダブルベッドはお互いの密着度が多くなるでしょう。なので、余計暑いかもしれません。

4、 洗い物が大きすぎる
洗い物が大きすぎるかもしれません。ベッドシーツや布団カバーなど1組ですみますがダブルベッドサイズの大きさなので洗濯の時に大きすぎて干せないなんてことになるかもしれません。

5、 生活リズムが違うと不便
病気の時や寝る時間が違う場合は不便さを感じることがあるかもしれません。揺れや振動がダブルベッドは伝わりやすいので寝ている相手を起こしてしまうという危険性があります。
このようにダブルベッドのデメリットをいくつか紹介してきました。ダブルベッドは新婚夫婦が寝たりするぶんには問題ないでしょう。

ベッドの選び方~二人編~

ベッドはあくまで、1日の疲れを癒すところです。なので、快適にお互い邪魔せずに寝たいですよね。そのためには二人用のベッドの選び方があるのでそれについて紹介していきます。
まず、ベッドを選ぶときは「自分の肩幅+30cm」を目安にしましょう。「自分の肩幅+30cm」は一人用のベッドを選ぶ時の数値ですがこれは二人用のダブルベッドを選ぶ時にも考えなくてはならないことです。
二人で寝る場合、「二人の肩幅+50cm」が目安となっています。では、一例を挙げてみましょう。
二人の肩幅45cmの場合。45cm×2人+50cm=140cmになります。

このように成人の人が二人で寝るぶんには本当にぴったりの丁度いい大きさということになります。また、もっと肩幅が広いとなった場合はやはりワンサイズ大きなベッドの購入を検討すべきでしょう。もしも、もうワンサイズと考えるのでしたらクイーンベッドをオススメします。

ダブルベッドの種類

シングルベッドやセミダブルとは違い、ダブルベッドになると一気に種類が少なくなってしまいます。なので、少し迷ってしまうかもしれませんが自分の用途によってベッドを選べば簡単に自分にあったベッドを見つけることができます。

では、次はダブルベッドの種類について紹介していきます。

1、収納付きベッド
収納付きベッドはベッドが大きくなればなるほど、収納部分が広くなります。なので、部屋のスペースを最大限に利用することができ、あまり部屋に物をおきたくない、収納がたくさん欲しいという人にはオススメです。

2、すのこベッド
二人で寝ると、汗をかいたりすることがあるでしょう。また、汗の量も二倍になります。なので、ここは通気性のいい、すのこを使ったベッドにするといいでしょう。

3、フロアベッド
ダブルベッドはクイーンやキングなどの二人用のベッドよりは安めですが、シングルベッドやセミダブルよりはどうしても高くなってします。そこで、フロアベッドにしてはいかがでしょうか。フロアベッドは他の二人用ベッドよりも安値で買うことができます。

4、ロングサイズのベッド
身長が高いけど幅は足りているという場合はロングベッドの購入を検討してみてください。普通のベッドよりも10cmほど長くできているのであしもはみ出すことなく快適に寝ることができます。

5、ヘッドレス
ダブルサイズだと部屋の大きさ的に大きすぎという場合は少しでもベッドの大きさを削りたいですいよね。そんなときはヘッドがないヘッドレスベッドを購入して面積を減らして、ダブルベッドでねれるように工夫しましょう。

6、頑丈なダブルベッド
ダブルベッドは二人寝るのですからやはり、頑丈でなくてはなりません。なので、頑丈なしっかりとした足組のベッドを選びましょう。
このようにダブルベッドともなると種類はだいぶ減ってしまいます。また、デザインも少なくなってしまい。ベッドシーツや布団カバーも種類がなくて困るかもしれませんがやはり二人で寝るとなったらダブルベッドをオススメします。

まとめ~ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途~

ダブルベッドの大きさや用途について知っていただけましたか。

ダブルベッドは二人用として作られてはいますがガタイの大きい人が二人寝るには少し狭すぎるかもしれませんがベッドを初めて買うという人はまずはダブルベッドのサイズから購入してみて試してみるのもいいでしょう。

また、自分にあった使い道をすることによってダブルベッドは使いやすいベッットになります。
ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. セミシングルベッドを知ろう

    セミシングルベッドのことを知ろう!

  2. 狭い部屋でも楽しめるベッド

  3. シングルベッドを買う

    シングルベッドはどのくらいの大きさ?

  4. 子供と一緒に寝るベッド

    子供と一緒に寝るためのベッド選び

  5. 連結できるベッド

    連結できるベッドってどんなベッド?

  6. ダブルベッドを検討する

    2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

  7. ベッドのサイズを選ぶ

    知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

  8. クイーンベッドを選ぶ

    クイーンベッドの大きさは?

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ローベッドとは?

ローベッドってどうなの?

ローベッドって?ローベッドのメリットとデメリットローベッドという名前のベッドを知っていますか。ほ…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

配送料の値上げの通販への影響

最近はお店で直接商品を購入するのではなく、通販を利用しての買い物を行う人が圧倒的に多いと思います。一…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

すのこベッドを検討する

近年注目度アップ!すのこベッドを検討する

すのこベッドというのをご存知ですか?すのこベッドは、簡単に言えば細長い板を端から端まで張られ…

ベッドのカラー選び

  1. ベッドのカラー
  2. ウォルナットのベッドを選ぶ
  3. ウォルナット調のベッド
  4. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. シングルベッドを買う
  2. セミシングルベッドを知ろう
  3. 家族で寝られる連結ベッド
  4. ベッドのサイズ

ベッドの基礎知識

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

ベッドをネット通販で

ベッドを通販で購入してみよう!そのポイントは?

ベッドを通販で購入!選ぶときのポイントとは?ベッドを通販で購入したことはありますか?「通…

ベッドの木材の種類

ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

ベッドの木材の種類について。どのくらいの種類があるのか。ベッドの木材などの種類はどんなものがある…

収納ベッドの種類について

ベッド本体に本や書類などを収納するためのスペースが欲しいと思っている方は結構多いのではないでしょうか…

  1. 機能から見たベッドの種類
  2. 一人暮らしでベッドを使う
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. ロフトベッドを検討する
  5. 和室に置きたいベッド

1人用のベッド選び

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

セミダブルベッドを検討する

実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

セミダブルベッドを購入する前に1人用のベッドとしては基本的にはシングルベッドを利用する人が多いと…

家族用のベッド選び

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

PAGE TOP