ベッドの基礎知識

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげないといけません。その外的要因とは何なのかと言いますと、湿気とカビです。マットレスを使用していく上で最も厄介な事ではありますが、湿気とカビの2つからマットレスを守らないといけないというのは必然的なことではないかと思います。

特に湿気の多い環境でマットレスを使うとなれば尚更です。というのも湿気というのがカビの繁殖をお手伝いする原因でもあり、そのカビが繁殖してしまうと後述しますが、とんでもなく恐ろしい事になります。となれば定期的なマットレスのお手入れを行わないといけないというのはお分かり頂けると思います。もちろんお手入れ方法というのを知っておかないといけないというのは言うまでもありません。そこで今回は「マットレスを湿気・カビから守るには」と称して、マットレスのお手入れ方法を紹介させて頂きます。

湿気やカビについて

本題の「マットレスの湿気やカビに対する予防策」に入る前に、湿気やカビについて少し説明したいと思います。湿った気と書いて湿気ですが、いくつかの原因があると言われています。例えば冒頭でも書いたと思いますが、住んでいる環境が湿気の多い所だったりする事もあるでしょう。他にも部屋の通気性が良くなかったり、部屋全体の温度が高過ぎてしまったり、部屋の近くにバスルーム(家全体で最も湿気の多い場所)があるなど原因は様々なのです。あと書き忘れていましたがマットレスに関していえば、寝ている最中にかく汗も湿気の原因になります。

間違いなく言えるのは、「通気性が悪くて温度が高く、かつ水分の多いと湿気に悩まされやすい」と考えて間違いないでしょう。その湿気によってカビが繁殖しやすいというのは冒頭にて触れた通りです。カビというのは湿気の多い場所を好む傾向にありますから、繁殖しやすくなるというのは想像に難くないと思います。湿気が多ければ多いほどに、です。

カビが繁殖していけばどうなるのか

「湿気が多いほどにカビが繁殖する、そうならないために対策を考えて実行する」という言葉を聞く事が多いという人もいると思いますが、「なぜ対策を行う必要があるのか」と疑問に感じる人もいるでしょう。別な言い方をすれば「カビが繁殖してしまうと、どうなるのかがイマイチ想像が付かない」となるでしょうか。

カビの繁殖をそのまま放置してしまうと、それが原因ともなる病気を引き起こしてしまう事があります。例えば呼吸器系の病気の喘息(ぜんそく)がそうです。それから過敏性のアレルギー症状を引き起こしてしまう事もあれば、他にも夏型過剰性肝臓炎(肺炎の一種で夏に発症する病気)も夏の時期に限っての話ではありますが、引き起こす場合もあります。

またカビには臭気というのもあるので、その臭気に反応してシックハウス症候群という病気に悩まされる事も考えられます。カビを放置する事でどうなるのか想像が付かなかったという人も、先ほど説明した病気を引き起こす事を理解して頂けたと思います(もっと言えば理解して欲しいと私自身もそう思います)。

マットレスを湿気・カビから守る方法

先ほどまで湿気やカビについての説明を行いましたので、本題の「マットレスを湿気・カビから守る方法」に入らせて頂きます。マットレスを湿気・カビから守る方法、そのための押さえておくべきポイントを今から挙げていきます。

  • 通気性を良くするのは一番大事
  • マットレスを湿気やカビから守るためには、やはり「除湿」に限ります。つまりマットレスを使っている部屋全体の湿気を限りなく取り除くのが良いという事です。そのために部屋の窓を開けるなどの換気を行い、通気性を良くするのがベターとなります。

    この通気性を良くするという方法は押し入れやベッドでいえば収納機能の付いたベッドの収納スペースのそれにも通ずる所がありますが、部屋全体の空気の流れを良くするためにはこれが一番良い方法なのです。窓を開けると外からの風が入るので乾燥させる事が可能になりますから、それが部屋全体はもちろんマットレスの除湿にも繋がります。

  • マットレスの裏側もちゃんと乾燥させる
  • マットレスを湿気・カビから守るためには部屋全体の通気性を良くするだけではなく、マットレスの裏側もちゃんと乾燥されないといけません。マットレスの裏側には睡眠中にかいた汗による水分が溜まっているので、湿気やカビを取り除くためには、裏側もキチンと乾燥させないといけないのです。

    そこで一番良いのがマットレスの裏側を前にする形で壁、あるいはベッドボードに立てかけるのがオススメです。これはもちろん部屋の換気のために窓を開けている事が条件ですが、その際に入ってくる風によってマットレスの裏側をしっかりと乾燥させる事ができるので、マットレス裏の除湿も可能なのです。

  • 除湿シートを使うのも効果的
  • 除湿シートはその名の通り、除湿を行うためのシーツですが、これを使うのも非常に効果的なのです。使い方としてはマットレスの裏側とベッドフレームの床板部分の間に敷くのが効果的な方法です。先述した通りマットレスの裏側は水分を含んでますから、除湿シートを敷くというのも湿気を取り除くのに一役買ってくれます。

  • 敷きパッドを敷くのも良い
  • 除湿シートだけでなくマットレスの裏側には敷きパッドを敷くのも、マットレス裏側の寝汗を吸い取るのに効果的なのでオススメです。敷きパッドにも色々ありますが、肌触りが涼しい物を選ぶとより効果的になります。

  • サーキュレーターでマットレスに風を送る
  • サーキュレーターというのは見た目には扇風機に見えますが、扇風機よりも直進性の風を発生させて空気の流れを循環させる効果があります。何度も書かせて頂いている通り、空気の流れを良くするのがマットレスを湿気やカビから守る方法ですから、サーキュレーターを使うというのは大いにアリなのです。

    使用方法についてですが、サーキュレーターをマットレスの方向に向けて、風を送るだけです。ちなみに扇風機を使うのはサーキュレーターを使用するよりも効果は減りますが、やらないよりはやった方が良いので是非とも行ってください。

  • 除湿器の導入
  • 除湿のためにはその名の通り、除湿器を導入するのも良いですね。除湿器と言っても大型ではなく小型の物が良いと思いますが、電気代が掛かってしまうのがネックですね。ただそれを気にしないのであれば、除湿器の使用も悪くありませんし、オススメします。

  • 家にいない時は出来る限り窓を開けておく
  • 先述している窓を開けて部屋の換気を行うというのと同じ様な事ではありますが、家にいない時にも通気性を良くするためになるべく窓を開けておくのも湿気・カビ対策に繋がります。

    ただし雨天時などは雨水が部屋の中に入ってくる可能性が高く、むしろ逆効果な場合もあるので、その際は窓を開けない方が良いでしょう。なので不在時には前もって天気を確認しておき、雨が降る日以外は窓を開けておく習慣を付けるべきですね。

最後に

今回の「マットレスを湿気・カビから守るには」の記事は如何でしたか?
マットレスをカビや湿気から守るためには何度も書かせて頂いた通り、部屋の空気の流れを良くしておく必要があるという事、それから部屋の温度が高くならない様にする事は絶対的に大事というのが、今回の記事で最も言いたい事なのであります。マットレスにおける湿気やカビの対策方法を知るキッカケになれば幸いです。

関連記事

  1. 和室にベッドを置く

  2. 不要になったベッドの処分方法

    どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

  3. 搬入経路に注意する

  4. ベッドで使うシーツについて

  5. すのこの効能について

  6. ベッドはどのくらいの高さが心地よいのか

  7. マットレスのメンテナンス方法

    ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

  8. 通販でベッドを購入する秘訣

    ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

ベッドで使用するシーツ類の整理

ベッド本体の上にはマットレスを置きますよね?ですがマットレスを置いてそのまま寝るという事は衛生面から…

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナットのベッドを選ぶ
  2. 白いベッドを選ぶ
  3. グリーンのベッド
  4. ベッドのカラー
  5. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. クイーンベッドを選ぶ
  2. セミシングルベッドを知ろう
  3. ダブルベッドを検討する
  4. クイーンベッドを検討する

ベッドの基礎知識

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

ベッドの組み立て

そもそもベッドの組み立ては1人でできるのか?

ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについてベッドの組み立てをしたことがあります…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

  1. ガス圧式跳ね上げ収納ベッド
  2. 子供と一緒に寝るベッド
  3. ローベッドとは?
  4. ベッドをネット通販で
  5. ラグジュアリーなベッド

1人用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

PAGE TOP