ベッドの基礎知識

素材によって雰囲気が変わる!素材からのベッド選び

素材からのベッド選び

ベッドの素材って?素材から選ぶベッドについて

ベッドを新しく購入しようと思っている人や既にベッドを使用している人。ベッドにはどんな素材が使われていて今使っているベッドはどういった素材のベッドなのか知っていますか。どのようなベッドの素材があるのかについていくつか紹介していきます。また、素材によってどう違うのかという違いについても紹介していきます。

ベッドの素材について

ベッドの素材ですが、表面素材のフレームはパイプからレザー、ウォールナット、パイン材、桐等の木材など様々な種類があります。ベッドの素材によって寝るときもモチベーションが変化したり、部屋のテイストが変化したりもします。なので、自分はどういった素材が好きなのか、部屋に合っているテイストはどういったものなのかなど考えてベッドの素材を選ぶようにしましょう。

ベッドの素材の種類について

ベッドの素材の種類はどういったものがあるのでしょうか。ベッドの素材の種類についていくつか紹介していきます。

1、レザーベッド
ベッドがレザーになっているベッドです。レザーになっているので汚れたとしてもすぐに拭き取ることができるのであまり汚れは目立ちません。

2、ウォルナット調のベッド
「くるみ」の木や木目調になっているベッドをウォルナット調のベッドと言います。木なので落ち着いたテイストでどういった部屋にも合うベッドの素材になります。

3、マットレスベッド
マットレスに脚がついているものをマットレスベッドといいます。マットレスを買わなくても済むので経済的に優しいベッドになります。

4、パイプベッド
ベッド自体がパイプ式のベッドになっています。この場合は折りたたみ式のベッドによく見られます。骨組みのみですが安定感があって壊れにくいベッドになります。

このようにベッドの素材の種類としてはいくつかあります。ベッドを選ぶ上で、デザインも大切なことですがベッドの素材選びも十分大切です。

ベッドの素材ごとに用途について

ベッドの素材によってどういったテイストの部屋に合うかということが違ってきます。どういったベッドの素材がどういったベッドに合うのでしょうか。ベッドの種類とともにベッドの素材の用途についていくつか紹介していきます。

1、レザーベッド
ラグジュアリー感が欲しいのであれば、レザーベッドをオススメします。
また、レザーベッドを使用することで部屋がゴージャスにすることができますしそう見える傾向にあるので部屋を高級ぽく見せたい人にはオススメです。

2、ウォルナット調のベッド
ナチュラル感を出して、自然的なテイストを作りたいという人にはオススメです。
また、安眠したいという人は自然的な温かみのあるような素材のウォルナット調のベッドの方が安眠することができます。

3、マットレスベッド
シンプルに飾ることなく、自分好みの部屋にしたいという場合にオススメです。
マットレスベッドに関してはベッドとして使用していない時にはソファーとしても使用することができるので自分の好きなように部屋をコーディネートすることができます。

4、パイプベッド
シンプルで且つ、耐久性に優れていると思われがちですが実際は女の子向けのパイプベッドもあります。
お姫様のようなデザインのベッドなので、お姫様テイストにしたいという人にはオススメです。このようにベッドの素材だけで部屋のテイストを変化させることができます。また、ベッドの素材によって安眠できるか、できないかの違いが出てくるのでベッドを選ぶときは慎重に選ぶようにしましょう。

ベッドの素材やベッドの選び方について

ベッドの素材やベッドの選び方はどういった方法をとればいいのでしょうか。その方法についていくつか紹介していきます。

1、自分の部屋にあったものを選ぶ
自分の部屋のテイストに合うようなベッドの素材を選ぶようにしましょう。
例えば、お姫様のようなテイストにしたい場合などはパイプ素材のベッドにしたり、天蓋がついたようなベッドの素材にしたりするだけで部屋のテイストもお姫様風のテイストにすることができます。

2、自分の睡眠にあったものを選ぶ
自分の睡眠に合うようなベッドにするようにしましょう。
もし、安眠することができない場合は体質や体調なども問題だけではない場合があります。安眠できないという場合はベッドの素材が自分に合わないという場合も考えられます。なので、自分の体にあっているようなベッドを選ぶようにしましょう。

このようにベッドを選ぶにあたって、自分の好みや自分の趣味のみではなく自分の体質や体調面も配慮して選ぶようにしましょう。ベッドの素材が全く違う素材になるだけで部屋のテイストも自分の体調面でも変わる可能性が出てきます。なので、よく選んでから購入するようにしましょう。

ベッドの素材選びとマットレスの選び方の関係性について

ベッドの素材選びもベッドを選ぶ上で大切なことですが、マットレス選びも大切な一つになります。マットレスも硬さや、マットレスの大きさも種類がたくさんあります。もちろんマットレスの素材やマットレスの中に入っている素材も違ってきます。なので、マットレスを購入する前にそれを確認しておくようにしましょう。マットレスの種類としては「ラバーファーム」「SBR」「オーガニックコットン」「ウール」「リネン」「ココナッツファイバー」「ピート」というのがあります。マットレスの種類によって寝心地も変わることがあります。そして、ベッドの素材が違うからといってマットレスが自分に合わなかったりすると安眠することができなくなってしまいます。なので、ベッドの素材選びももちろん大切な要素の一つですがベッドのマットレス選びも素材によっては寝やすい、寝やすくないなどあるので注意しましょう。購入する前に一度、自分にあっているのか試すために店頭に行ってマットレスに寝てみて試すのもいいでしょう。通販などで購入される場合はきちんとどういった素材なのかということをきちんと確認してから購入するようにしましょう。

まとめ~ベッドの素材って?素材から選ぶベッドについて~

ベッドの素材について知っていただけましたか。ベッドの素材は様々な種類があります。ベッドの素材によって、ベッドのデザインも変わってくる場合もあります。ベッドの素材の種類としてはやはり、木目調のベッドが一番主流なのではないでしょう。ベッドの素材によって、自分の部屋のテイストが変わったり、安眠できるかできないかということも決まってきます。そして、ベッドの素材によってベッドの種類も変わってきます。なので、やはり自分の体調に合うような安眠できるようなベッドを選ぶことが大切になります。そして、ベッドの素材だけでなくマットレスの素材も重要になってきます。マットレスの素材としてはいくつか種類があって、寝心地や硬さにも十分影響してきます。なので、自分の寝やすい硬さや、自分の安眠につながるようなマットレスを選ぶことができるように一度、店頭に行ってマットレスやベッドの素材を生で体感するのもいいでしょう。
通販などではベッドの素材やマットとレスの素材などを確認することができるような項目があるのでそれを確認してからマットレスやベッドを購入するようにしましょう。マットレスやベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてから購入するようにしてみてください。

関連記事

  1. ベッドの木材の種類

    ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

  2. 北欧スタイルベッド

    北欧風スタイルってどんな??北欧スタイルのベッドを選ぶ!

  3. 狭い部屋でも楽しめるベッド

  4. 木材のメンテナンスについて

  5. 機能から見たベッドの種類

    実にいろいろ!機能から見たベッド選び

  6. 和室にベッドを置く

  7. 夏に使う寝具について

  8. すのこの効能について

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

大容量収納ができるベッド

大容量収納ができるベッドの魅力

大容量の収納ができるベッドとは?どんなベッドがオススメなのか大容量の収納ができるベッドについて知…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

和室にベッドを置く

多くの人にとってはベッドというと、洋室に置くというイメージがあると思います。90年代以降の住宅が洋を…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

素材からのベッド選び

素材によって雰囲気が変わる!素材からのベッド選び

ベッドの素材って?素材から選ぶベッドについてベッドを新しく購入しようと思っている人や既にベッドを…

ベッドのカラー選び

  1. ベッドのカラー
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. ウォルナット調のベッド

ベッドのサイズ選び

  1. ダブルベッドを検討する
  2. ダブルベッドを選ぶ
  3. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと
  4. 長さの短いスモールサイズのベッド
  5. 家族で寝られる連結ベッド

ベッドの基礎知識

圧縮ロールパッケージ仕様のマットレスはどうなのか

近年マットレスの仕様も実に豊富になってきているのは間違いないと思います。構造だけで言ってもボンネル・…

中古ベッドのメリットとデメリット

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて中古ベッドを購入したり、使ったことはあり…

素材からのベッド選び

素材によって雰囲気が変わる!素材からのベッド選び

ベッドの素材って?素材から選ぶベッドについてベッドを新しく購入しようと思っている人や既にベッドを…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

夫婦やカップルの2人でゆったり快適に、あるいはご家族でお子さんが数人いる事から広いスペースが必要とい…

  1. ローベッドとは?
  2. 中古ベッドのメリットとデメリット
  3. セミシングルベッドを検討する

1人用のベッド選び

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

家族用のベッド選び

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

PAGE TOP