ベッドをサイズで選ぶ

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。そのため基本的にはお子さんと一緒に寝るためのベッドを購入したいと考えるのは自然な流れであるのは想像に難くないですが、とはいえベッドにもたくさんの種類があります。

種類がたくさんあるために「子供と一緒に寝るために、どのベッドを購入すればよいのだろう」と思い悩むというケースはよくあるのではないでしょうか。

今回はそんな親御さんのために、「子供と一緒に使うベッド」と題して、子供と一緒に使うベッドの紹介をさせていただきます。

子供と一緒に使うベッドとはどんな物なのか

まず最初に子供と一緒に使うベッドとはどんな物なのか、について説明したいと思います。

子供と一緒に使うベッドとうのは、基本的にはベッド全体のサイズ的には大きいベッドでないといけません。大人2人に加え子供1人と一緒に寝るわけですから、シングルやダブルといった比較的サイズの小さいベッドではそれぞれのベッド1台ではまず寝ることができません。家族そろって寝るにはあまりにも小さく、せま過ぎるという問題があるからです。なのでクイーンやキングといった大きいサイズでなら、家族そろって快適に眠ることができると言われています。

ですが長い目で考えるとサイズの大きいベッドを導入するというのは、あまりオススメできない場合が多いのです(詳しくは後述させていただきます)。

小さいサイズのベッドでも工夫次第で親子揃って眠ることは可能

サイズが小さいベッドでは親子そろって寝るのは無理だと先述しましたが、確かに1台だけでは不可能と言っても過言ではありません。そこでどうすれば良いかと言いますと、2台設置して使うという方法を取るのが良いのです。

クイーンやキングサイズなどの大きいベッドは値段が高い場合が大半で、一方のシングルやダブルサイズといったベッドは値段的に安く購入しやすいので2台購入してもサイズの大きいベッド1台購入するよりも金額的に得しやすいと思います。

そして将来的に親子揃って使うのではなく夫婦2人、あるいは1人だけで使いたいという場合も大きいサイズより小さいベッドの方が使いやすいというのもあります。大きいベッドを将来もずっと愛用していきたいという場合は別ですが利便性を考えると、その方がむしろオススメだったりします。

大きいサイズのベッドを導入するのが難しい理由

大きいサイズのベッドを導入しづらい理由というのは、まず最初にサイズその物にあります。サイズが大きいということは、大きいベッドを部屋に1台導入するのは難しいという場合があるのです。

大き過ぎて部屋に入らない、仮に入ったとしても「ベッド1台が目立ってしまい窮屈さを感じてしまう」といった結果を招くでしょう。部屋に置けた場合は窮屈さを感じるだけでなく、物(本棚など)を置くにも苦労すると思います。

部屋に置けるか置けないか以外にも、金額的な問題というのもあります。サイズの大きいベッドは、商品によって多少の変動があるとはいえ、基本的に高めの値段設定がされているのです。なので手が出せないというケースも結構あるかと思います。

最後になりますが、サイズの小さいベッドと違って流用しづらいというのも大きいサイズのベッドを導入しづらい理由の1つです。先述した話ではありますが将来を見据えた場合、購入当初は親子そろって寝るにしても、将来お子さんが自分の部屋で寝る、さらに夫婦で別々の部屋で寝るという場合で1人だけ大きいベッドを使用するというのは勿体ないと感じることもあるのではないでしょうか。体の大きい方はそう感じない場合でも、体の小さい方にとっては特にそう感じることが多いと思います。それに同じ部屋で寝るにしても1人につき1台のベッドを使うというケースもあるでしょうからね。

子供と一緒に使うベッドを選ぶ上でのポイント

今から子供と一緒に使うベッドを選ぶ上でのポイントについて、いくつか説明したいと思います。

将来を見据えて購入を検討する

これは先ほどからの話でもありますが、これについては購入しようかと考えている段階においては、やはり必須であると個人的にも強く思います。

大きいサイズのベッドを購入するか、サイズの小さいベッドを2台購入するかどうかという話になりますが、これは将来を見据えてどうするかを考えないといけません。最初の内は親子揃って一緒に寝るにしても、その後は一緒に寝ることはなく、親と子供は別々の部屋で寝るというのが基本ですからね(あくまでも基本的には、ですが)。なのでお子さんと一緒に寝ることのできる時間は無限ではなく有限、つまり限られているというわけですね。

こういった将来のことを考慮するとクイーンやキングなどの大きいベッドではなく、むしろシングルやダブルなどのサイズの小さいベッドを2台購入(個人的にはシングルよりもサイズの大きいダブルサイズがオススメ)するという方法がオススメになります。この件については今回何度か触れている話でありますが、大きいベッドではベッド自体の広さ・金額・流用しづらい、これら3つの問題を考えるとオススメできないというのもそうですね。

ただ大きいサイズのベッドはベッド自体が広いということもあって余裕を感じられ、そのため気持ちよく眠りやすいというのも確かです。そのため将来的にも大きいサイズのベッドの方が良いという人もいると思います。

要は金額や流用のしやすさ(将来ベッドを1人1台で使うといった)を考えてサイズの小さいべっどを2台購入する、あるいは睡眠のしやすさから敢えて大きいサイズのベッドを購入するかということになりますね。

高さの低いローベッドタイプを選ぶ

子供と一緒に寝るということを考えると、安全性の問題というのも考慮しないといけません。それはサイズの大きいベッドでも、逆にサイズの小さいベッドでも、サイズを問わずにどんなベッドにも同じことが言えるのは間違いありません。なので購入するベッドは高さが低いローベッドタイプを選ぶことをオススメしたいのです。

高さのあるベッドでは、万一お子さんがベッドから落ちてしまった時にケガしやすくなることも考えられます。ローベッドであれば、高さのあるベッドと比較するとケガしやすくなるリスクを減らすことが可能です。もちろん完全にないとは言い切れませんので、その点はご了承ください(ローベッドタイプでも万一のことが考えられますからね)。

万一ベッドから落ちてしまった時のことを考えて、落ちた際の衝撃を吸収してくれる、衝撃吸収シートをベッドの横に敷くのも忘れてはいけないと思います。

隙間パッドなどのアイテムが必要な場合がある

これはサイズの小さい2台のベッドを購入するという場合に限った話になりますが、ベッドとベッドの間に隙間ができてしまうと、場合によってはその隙間から落ちてしまうことも考えられるのです。

そんな時に役立つのが隙間パッドというアイテムです。

名前の通り、ベッドとベッドの間の隙間を埋める役割があるので、サイズの小さい2台のベッドを購入したときには忘れてはいけないアイテムと言えます。

最後に

今回の「子供と一緒に使うベッド」についてこ記事がいかがでしたか?

子供と一緒に使う時間は限られているというのはもちろんですが、将来を見据えてベッドを選ぶ必要があったりするなど、いくつか把握しておくべきポイントがあるというのは確かということがお分かりいただけたら幸いです。

関連記事

  1. フランスベッド

    フランスベッド製のベッドはどうなのか?

  2. 子供と一緒に寝るベッド

    子供と一緒に寝るためのベッド選び

  3. 新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう

  4. 子供用のベッドについて

  5. ファミリー・家族で使うベッドについて

  6. 収納ベッドの種類について

  7. ベッドでも敷布団で寝たい

    ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

  8. すのこベッドを検討する

    近年注目度アップ!すのこベッドを検討する

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

部屋が広く見えるローベッド

部屋を広く見せてくれるローベッド

ローベッドを購入するベッドというのは様々な種類があるというのは承知であると思いますが、そんな数あ…

ベビーベッドの次はどんなベッドを使うか

今回の記事は生まれたばかりのお子さんのいる、あるいはお子さんを生む予定のご夫婦の方々向けとなります。…

すのこの効能について

すのこといえばベッドとして主に有名ですから、すのこベッドを実際に使っている人はもちろん、ベッドに詳し…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

木材のメンテナンスについて

ベッド本体(ベッドフレーム)はその多くが木材を原料にして作られているのが基本です。木材で作られたベッ…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. 白いベッドを選ぶ
  3. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  4. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. ダブルベッドを選ぶ
  2. 家族で寝られる連結ベッド
  3. ベッドのサイズを選ぶ
  4. 子供と一緒に寝るベッド

ベッドの基礎知識

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

通販でベッドを購入する秘訣

ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

ベッドを通販で購入するメリット・デメリットそろそろベッドを購入したいな~と考えていますか?…

機能から見たベッドの種類

実にいろいろ!機能から見たベッド選び

機能からみたベッドの種類とは?一体どのようなベッドがあるのだろうかこれからベッドを購入しようと検…

収納ベッドの種類について

ベッド本体に本や書類などを収納するためのスペースが欲しいと思っている方は結構多いのではないでしょうか…

  1. ダブルベッドを選ぶ
  2. ガス圧式跳ね上げ収納ベッド
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ

1人用のベッド選び

シングルベッドを買う

シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新しいベッドに変えたい!シングルベッドのいいところって?新生活を始めるのにあたり、新しいシングル…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

ファミリー・家族で使うベッドについて

家族(ファミリー)が寝る際にはどの様に寝るのか、例えばベッドを使うのか布団を使うなど、家庭によってそ…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

PAGE TOP