ベッドをシーンで選ぶ

北欧スタイルのベッドについて

一昔前まで寝る時のベッドというのは、ただ単に睡眠を取るためのアイテムに過ぎなかったのではないでしょうか。そんなベッドですが、特に2000年代に入ってから(早くは90年代後半辺りでしょうか)は、デザイン性に拘り始めた物が出回るようになったと思います。それは部屋のデザイン性を重視する人たちが増え始め、当然ながらベッド(他の家具類も同様)にも同じ様にデザイン的に優れた物を求めるようになったのだと思いますが、そうした人たちは、あるベッドを求めているみたいなのです。

それは「北欧スタイルのベッド」です。今回はその北欧スタイルのベッドについての紹介記事になります。

北欧スタイルのベッドとは?

「デザイン性に優れており、オシャレ感を演出する」、これが北欧スタイルのベッドであると私はそう思います。北欧に住んでいる人たちというのは元々家にいる時間が長く、そのため居住空間には特にコダワリというのを持っているのです(北欧ベッドというのはそんなコダワリのある人たちによって生み出されたと言っても過言ではないですね)。

ではなぜデザイン性に魅力(オシャレだと思わせる)や特徴があるのか、今からそれらについていくつか挙げたいと思います。

デザインがシンプル

不思議な物で、人間というのは派手な物に対してオシャレであるとは感じないという性質があります。ベッドにしても同様で、派手すぎる色調の物はどうしても下品に感じてしまうんですよね。

では北欧スタイルのベッドはどうなのかと言いますと、そういったことは一切なく、逆にデザイン的にシンプルになっているのが特徴です。もっと言えば「余分な物を削ぎ落とした」という感じでしょうか。派手でゴチャゴチャしていない、シンプルさなデザインにオシャレさを感じる、それが北欧スタイルのベッドの魅力の1つと言えます。

ちなみにデザインがシンプルになったのは北欧の人たちの多くが機能主義である事、それからバウハウス(工芸・美術・写真などを含んだ美術と建築に関する授業を行う学校)の影響を受けている事が由来となっています。

木目のカラーを生かしている

ベッドはその大半が原料に木材が使われているのは皆さんもご存知の通りと思いますが、北欧スタイルのベッドではその木材の木目を生かしたカラーも多いのです。

例えばメイプルならメイプルの、オークならオークの、いわゆるナチュラル・カラーになっているというわけです。味わい深い木目を活かしたナチュラル・カラーなので、これも先ほどの話にもなりますが、シンプルでかつ上品な感じがして、それもデザイン性の良さとオシャレ感の演出に一役買っているのだと考えます。

色物のベッドも1色のみで、かつ派手な色は使わない

ブラックにしろホワイトにしろ、他のカラーにしろ北欧スタイルのベッドで色物カラーの場合は基本的に1色のみと、これまたシンプルになっています。異なるいくつかのカラーによって構成されたベッドよりも、1色だけの方がシンプルなのには違いないですね。

そして派手な色は使わないという件ですが、これは例えばオレンジとか濃いピンクなど、キツイ色の使用は避けているということですね。オシャレな部屋というのはシックで落ち着き感があるというのも特徴の1つなので、そうした部屋にキツイ系のカラーのベッドは似合わないですからね。

収納スペースにはメリハリ感がある

北欧の人たちは収納が上手いのですが、それもあって北欧スタイルのベッドで収納スペースが付いているタイプでは、上手に収納しやすい様に工夫がされています。

ではどういった工夫がされているのかと言いますと、例えば日用品など普段見られたくない物を徹底的に収納してしまう、逆に見せたい物は見せるといった感じですね。「見られたくない物は隠し、見られたい物は見せる」、ここに北欧スタイルのベッドにメリハリ感を感じるのです。

北欧スタイルのベッドを購入するメリット

先ほどは北欧スタイルのベッドの特徴的な部分をいくつか挙げましたが、今からその北欧ベッドを購入する際のメリットについて説明したいと思います。

まず最初のメリットとしては、部屋のデザインに拘っている人にとって最適なベッドであるというのが第一に言えることだと思います。既に書いている事ではありますが、シックで落ち着いた印象を持っているベッドですから、部屋の雰囲気を良くするという効果がありますどんな部屋にしたいかについては人それぞれだと思いますが、例えば「上質で優雅で落ち着き感がある」、これを理想としているなら間違いなく自分にとって満足いく部屋が作ることが出来るでしょう。

別な言い方をすれば部屋の印象を良くするという事でもありますが、高級感を与えることも出来る、そういう意味では最高なベッドですね(とにかくオシャレな部屋にしたいのであれば、これ以上のベッドはないと言っても過言ではありません)。あとこれも既に書いたと思いますが、収納スペースにメリハリ感がある事から上手に物を収納しやすいというのもメリットとして挙げられますね。

「見せる物は見せて、見せたくない物は見せない」、良いですよね。

北欧スタイルのベッドを購入するデメリット

次に北欧スタイルのベッドを購入するデメリットについての説明を行いたいと思います。

北欧スタイルのベッドと大まかに言わせていただくと、特にこれと言ってデメリットを挙げる所はありません。強いていうのであれば、北欧スタイルのベッドは確かに部屋の印象を良くするという効果がありますが、それは逆を言えば部屋作りにそれほど拘っていないという場合にはベッドが部屋から浮いてしまっているという事があります。

部屋の雰囲気を良くするとは書きましたが、それはあくまでも部屋作りに拘っている事を前提とした話です。単にベッドを置いたというだけでは逆に目立ってしまうので、結果的に空気的存在になってしまう事もあるのです(そのため部屋作りの拘りが無い場合は北欧スタイル以外のベッドを選ぶのが賢明でしょう)。

北欧スタイルのベッドを購入する上でのポイント

北欧スタイルのベッドを購入する上での把握しておくべきポイントについて説明したいと思います。

北欧スタイルのベッドを購入する前の話になりますが、ご自身が「部屋作りに拘りがあるかどうか」というのが、最も重要だと思います。今回の記事では既に何度も触れていますが、高級感のある上品なイメージがある北欧スタイルのベッドなので、部屋作りに拘りが無いと下手すればベッドが完全に浮いてしまう事もありますからね。もちろんベッドが部屋全体からして完全に空気的存在になっても気にしないというのであれば問題にする事ではないとは思いますが、気になってしまうという場合には、北欧スタイルのベッドの購入は控えた方がよろしいでしょう。

部屋作りに拘りがあるという場合には、どのスタイルのベッドにも同じことが言えますが、お金との相談になると思います。収納タイプ・すのこタイプ・ロフトベッドなど、同じ北欧スタイルのベッドでも種類は細かく、さらにはサイズの違いやブランドによっても値段が高かったり安かったりしますからね。

北欧スタイルで自分が欲しいベッドの種類の中で、最も自分が求めている物を購入するために、通販サイトや口コミ(レビュー)のサイトを利用して調べるのもアリです。

最後に

今回の「北欧スタイルのベッドについて」は如何でしたか?北欧スタイルのベッドの購入を検討している方々の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 温かみのあるベッド

  2. 夫婦・カップルで使うベッドについて

  3. 夏に使う寝具について

  4. フランスベッド

    フランスベッド製のベッドはどうなのか?

  5. ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

    ガス圧式の跳ね上げ収納ベッドとは??

  6. かっこいいベッドについて

  7. 部屋が広く見えるローベッド

    部屋を広く見せてくれるローベッド

  8. 機能から見たベッドの種類

    実にいろいろ!機能から見たベッド選び

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドはどのくらいの高さが心地よいのか

ベッドで寝るというのは今や当たり前となっている時代、そんな時代ですからベッドその物や寝具、それから手…

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

夫婦やカップルの2人でゆったり快適に、あるいはご家族でお子さんが数人いる事から広いスペースが必要とい…

中古ベッドのメリットとデメリット

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて中古ベッドを購入したり、使ったことはあり…

木材のメンテナンスについて

ベッド本体(ベッドフレーム)はその多くが木材を原料にして作られているのが基本です。木材で作られたベッ…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

ベッドのカラー選び

  1. グリーンのベッド
  2. 白いベッドを選ぶ
  3. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  4. ウォルナット調のベッド

ベッドのサイズ選び

  1. セミシングルベッドを知ろう
  2. 長さが短いショート丈ベッド
  3. ダブルベッドを検討する

ベッドの基礎知識

マットレスを並べたときのすき間をどう埋めるか

夫婦やカップルの2人でゆったり快適に、あるいはご家族でお子さんが数人いる事から広いスペースが必要とい…

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

ベッドをネット通販で

ベッドを通販で購入してみよう!そのポイントは?

ベッドを通販で購入!選ぶときのポイントとは?ベッドを通販で購入したことはありますか?「通…

素材からのベッド選び

素材によって雰囲気が変わる!素材からのベッド選び

ベッドの素材って?素材から選ぶベッドについてベッドを新しく購入しようと思っている人や既にベッドを…

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ベッドで寝る人は必ず使う物がありますが、それはマットレスです。今ではベッドで寝る人が多く、同時にマッ…

  1. 不要になったベッドの処分方法
  2. 長さが短いショート丈ベッド

1人用のベッド選び

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

家族用のベッド選び

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

ファミリー・家族で使うベッドについて

家族(ファミリー)が寝る際にはどの様に寝るのか、例えばベッドを使うのか布団を使うなど、家庭によってそ…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

PAGE TOP