ベッドの基礎知識

寝具はどんな生地が心地よいのか

布団などの寝具の原料として使われている生地(素材)には、いくつかの種類があります。その様々ある生地ごとに特徴があるというのはもちろんですが、寝心地が違ってくるというのも言えます。生地によって寝心地が異なるという事は、自分好みの寝具を選ぶ上ではしっかりと吟味しないといけないという事でもありますし、上手い事選ばなければ自分好みの物を選べないという事も考えられるのです。

「寝心地なんて我慢すれば良いではないか」と言う人もいるかもしれませんが、でも可能であれば自分にとって使い心地の良い寝具を選びたいですよね?寝具1つとっても生地の違いで寝心地が変わるというのは奥が深い話ではありますが、今回は「寝具はどんな生地が心地よいのか」と題し、自分好みの寝具探しにおいて参考にして頂ければと思います。

寝具に使われている生地は様々である

まず最初に言わせて頂きたいのがこの「寝具に使われている素材は様々」という事であります。いくつかの種類があるという事と、それぞれの素材の違いと自身の好みも相まって、同じ寝具1つとっても寝心地的に良いと感じるか否かというのは評価が分かれてしまう所ではないでしょうか。

では今からその寝具に使われている生地の種類について簡単に説明したいと思います。

  • 寝具に使われている生地:麻(りねん)
  • 麻を原料にした繊維は吸放湿性や熱伝導性が高いという特徴を持っています。よって寝ている際に温まった体から不要な熱を吸収する効果を期待出来るのです。

    麻という素材に関しては、人によっては「ゴワゴワしているのではないか」というイメージが定着しているみたいですが、決してそうではないという事を言わせて頂きます。感触的にはシャリッとした感はありますが、柔らかみがあるので安心して使う事が出来ます(耐久性にも優れているため洗濯を定期的に行うのにもオススメ出来ます)。

  • 寝具に使われている生地:綿(コットン)
  • 綿を原料にしている寝具は主にシーツですが、そのシーツには大きく分けて2種類あります。1つ目はガーゼシーツで、2つ目はパイルシーツになります。

    まずガーゼシーツですが吸放湿性や通気性に優れているため、汗を鳩首するレスポンスが良い他に、熱がこもりにくいという利点があります。後述するシルクみたいな滑らかな感触が無いのは欠点となってしまいますが、使い方次第では肌に馴染みやすいため、その滑らかな感触が無いという欠点を補う事も可能です。もっと言えば先ほどの麻(リネン)よりも快適に使う事が出来るかもしれません。

    2つ目のパイルシーツはタオル仕上げの生地になっているのが特徴です。そのためタオルの肌触りにプラスして、吸水性に優れているので汗を吸収してくれます。商品によってはマットレスまで汗が届かないという大変優れた物もあるので、しっかりとした物を吟味するのがベターです。

  • 寝具に使われている生地:ポリエステル
  • ポリエステルといえばギターやベースなど弦楽器類などの塗料に使われたりしているので、音楽関係に詳しい人だとピンと来やすいと思いますが、寝具にも使われているのです。そのポリエステルにもマイクロファイバーと吸質発熱タイプの2種類に分類されます。
    1つ目はマイクロファイバー、2つ目は吸湿発熱フランネルタイプで、3つ目がポリエステル防水シーツです。

    1つ目のマイクロファイバーですが、これは繊維が大変細かく繊細なのが特徴です。繊細な分、触り心地が柔らかく、保温性に優れているのが魅力的です。ただしホコリが溜まりやすいというデメリットがあるので、誇りに対するアレルギーを持っていたり喘息などの病気を患っている人にはオススメ出来ないのでそこは要注意です。

    2つ目の吸湿発熱フランネルタイプは名前の通り吸湿発熱の機能を備えており、特に冬場などに寒がり故に体調を崩しやすい人にはオススメ出来ます。寒がりな人にオススメ出来る反面、肌のうるおいを奪って乾燥させてしまうというデメリットがあるので、乾燥肌の人は使わないのがベターですね。

    3つ目のポリエステル防水シーツですが、ダニはもちろん液体もマットレスに通さないというマットレスにとって優しい生地です。ダニ対策を行うのに効果的なのは言うまでもないとは思いますが、水やジュースなどをこぼした時にもマットレスに浸透する事がないというもポリエステル防水シーツのメリットです。
    衛生面を重視したいという方には特にオススメしたいですね。

  • 寝具に使われている生地:シルク
  • シルクというのは「シルクの様な手触り~」みたいな感じで聞き覚えのある人も結構多いと思います。今回紹介する生地の中では高級品とされており、その分シルクが使われた寝具は値段が高めだったりもします。肌のほぼ同じ感触で肌への刺激が少ない事から使い心地が良いと感じている人が多いです(ただし感触が肌にペタッとくっ付く感じなので、その点は好みが分かれる所ではあります)。

    ただ高級品として扱われているが故に価格的に入手しづらい場合があるというのと、生地そのものの耐久性が劣ってしまうという点がデメリットであります。手入れ方法についても、例えば洗濯する場合は手洗いでなければいけないといった感じでキメの細かい手入れを行わないといけないので、注意が必要です。

  • 寝具に使われている生地:リヨセル
  • リヨセルは柔らかい質感と適度な光沢感とが相まって、シルクに似た繊維なのが特徴です。原料はユーカリという植物でコアラが食べる事で知られており、そのユーカリを溶かして寝具の生地用としての繊維を作っています。

    メリットとしては湿気に対しての耐性があり、湿気によっての縮みが大変少なく、余分な湿気を吸い取る吸湿性に優れているという所が挙げられます。繊維自体の強度も高く弾力性もあるので、長期的に使う事が出来るのもメリットの1つですね。

    デメリットについては生地が擦(こす)れてしまった時に毛羽立ってしまうのというのが挙げられます。吸湿性が高いメリットがあるのは確かですが、特に湿度の高い状態で生地が擦れた時は1番ダメージを受けやすくなってしまうので、手入れが難しく面倒に感じてしまう人もいると思います。洗濯を行う際には脱水し過ぎてしまったり、洗う時間が長すぎてしまった場合は生地を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です(脱水し過ぎず、かつ洗濯時間も短く、が1番ですね)。

  • 寝具に使われている生地:テンセル
  • 名前こそ違いますが、上記のリヨセルと同じ特性を持った材質なので、その特性については上記のリヨセルを参考にして頂ければと思います。

    寝具に使われている生地ではどれが良いのかについて

    先ほどの生地の種類の紹介を踏まえた上で、寝具に使われている生地はどれが一番良いのかについての説明をしたいと思いますが、ハッキリ言ってしまうと「どれが1番良いか」について断言する事は出来ません。どの生地も感触的に柔らかめで肌に優しいという共通点はあるど、他の特徴(メリットやデメリット)では微妙に異なったりする場合もあり、特にデメリットを受け入れられるか受け入れられなかったりで人によってオススメ出来る物とそうでないのがあるからです。

    なので今回の記事のタイトルにもある「寝具はどの生地が心地よいのか」については、今回紹介した生地1つ1つをチェックして頂き、自分に合った生地で作られた寝具を購入するのが賢明ではないかと思います。

    最後に

    今回の「寝具はどんな生地が心地よいのか」は如何でしたか?
    今回の記事が自分にピッタリの寝具探しの参考になれば幸いです。

関連記事

  1. ウォルナットのベッドを選ぶ

    自然な木目が魅力!お部屋をウォルナット調に!

  2. 配送料の値上げの通販への影響

  3. ベッドで使われている木材について

  4. 狭い部屋でも楽しめるベッド

  5. マットレスのメンテナンスについて

  6. マットレスを湿気・カビから守るには

  7. マットレスの選び方

  8. ベッドについているライトはLEDがいいのか?

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドはどのくらいの高さが心地よいのか

ベッドで寝るというのは今や当たり前となっている時代、そんな時代ですからベッドその物や寝具、それから手…

夫婦・カップルで使うベッドについて

夫婦、あるいはカップルの人たちは寝る時は一緒にベッドを使うというケースが多いと思います。一緒に寝ると…

ロフトベッドを検討する

スペースを有効利用!ロフトベッドを検討する

ロフトベッドを検討するベッドにも様々な形態の物がありますが、その中でもロフトベッドというのは特殊…

収納付きベッドを選ぶ

一石二鳥の収納付きベッド

収納付きベッドのメリットとデメリット。その対策とは?収納付きベッドというベッドを知っていますか。…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. ウォルナットのベッドを選ぶ
  3. 白いベッドを選ぶ
  4. グリーンのベッド

ベッドのサイズ選び

  1. 連結できるベッド
  2. ベッドのサイズ
  3. 家族で寝られる連結ベッド

ベッドの基礎知識

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

安らかな眠りを誘うベッドのカラー

安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドには色々なカラーのバリエーションがあるというのは、みなさんご存知のことであると思います。…

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげな…

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

  1. 北欧スタイルベッド
  2. セミシングルベッドを知ろう
  3. ウォルナット調のベッド
  4. シングルベッドを買う
  5. 知っているようで知らないすのこベッド

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

家族用のベッド選び

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

PAGE TOP