ベッドの基礎知識

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて

中古ベッドを購入したり、使ったことはありますか。また、これから中古ベッドを購入しようか検討している人へ。中古ベッドのメリットやデメリットはどこなのか。また、中古ベッドと新品ベッドではどちらがお買い得なのかについて紹介していきます。中古ベッドを購入する前に参考にしてみてください。

中古ベッドのメリット

中古ベッドのメリットとはどういったものなのでしょうか。中古ベッドはどういったところがいいのだろうか。中古ベッドを購入しようか。新品ベッドを購入しようか。と悩んでいる人はたくさんいることでしょう。では、中古ベッドのメリットについていくつか紹介していきます。

1、中古ベッド本体の値段は安く買うことができる
中古ベッドに関しては自分の思っている値段で自分の欲しいベッドを購入することができます。

2、新品同様のものが安く買えたりする
中古ベッドとはいえども、新品同様のベッドが販売されていることもあります。なので、新品同様のベッドを新品の値段の半値で買うことができたりします。

このように中古ベッドはいくつかのメリットがあります。例えば、自分の欲しいベッドが新品で〇〇十万円だったとします。しかし、中古のベッドで自分の欲しいベッドが新品同様で新品のベッドの半値で売られていたらあなたはどちらを選びますか。当たり前のように安く新品同様のベッドが欲しいですよね。新品のベッドを店頭や通販でみてすぐ購入するのではなく、中古のベッドを探してみるのもいいかもしれません。

中古ベッドのデメリット

中古ベッドのデメリットはどういったものがあるのでしょうか。中古ベッドのメリットについては先ほど紹介しました。では、中古ベッドのデメリットについていくつか紹介していきます。

1、不要になった時に処分に困る
中古ベッドは新品で購入する訳ではないのでもし、そのベッドを処分するのに売るとなった場合は売れにくくなることがあります。なので、処分する際は粗大ゴミとして出す必要があるのでそれでもまたお金がかかってしまう場合があります。

2、新品同様で買ったのに傷がついていたり、汚れがついていたりする場合がある
いくら新品同様となっていても、中古ベッドとして販売されていて値段が半値という場合など、中古ベッドになってしまうような理由が少なからずあります。例えば、少し傷がついていたり汚れがあったり、型落ちという場合もあります。なので、購入する前によく確認してから購入するようにしましょう。

3、保証がついていない
新品ベッドには保証がついています。しかし、中古ベッドの場合は壊れた場合でも汚れがついていた場合でも返品することもできませんしあとで壊れても保証がないので直すには実費になってしまいます。

このように中古ベッドにはいくつかのデメリットがあります。

やはり、中古ベッドを購入する際にはきちんと現物を確認することなどが必要になってきます。そして、壊れた場合は保証がないのでそこらへんはきちんと購入する前に考えてから購入するようにしてください。

中古ベッドの購入方法

中古ベッドの購入方法はどういったものがあるのでしょうか。今ではインターネットが普及しているのでインターネットでの購入が主流になっていることでしょう。では、中古ベッドの購入方法についていくつか紹介していきます。

1、リサイクルショップで購入する
リサイクルショップなど店頭で販売されているようなところで購入する場合があります。この場合は実物を見てから購入することができるので傷や汚れの状態確認をすることができます。しかし、値段交渉などするには難しいことでしょう。

2、オークションで購入する
オークションなどのアプリを使って購入する方法があります。この場合は現物を見ることができません。なので、画像確認か説明文、質問などをして現状を確認する他ありません。また、自分の欲しい値段でも他の人が入札してしまえば最初の欲しかった価格よりも値段が上がってしまう場合があります。自分の欲しい値段で購入できるという保証はありません。

3、フリマアプリで購入する
フリマアプリで購入する方法があります。この場合はあたりまえですが、現物を確認することができません。なので、オークション同様、画像や説明文、質問などをして現状確認をするしかありません。しかし、値段に関しては出品者次第ですが交渉を行って安くしてもらえる場合があります。

このように中古ベッドを購入する上でたくさんの方法があります。現状を確認したいのであれば、リサイクルショップで購入すること。現状を確認しないで、安く購入したいのであればオークションでの購入。現状を確認しないで、値段交渉などをして安く購入したいのであればフリマアプリを使用して購入するべきです。自分にあった購入方法で購入しましょう。

新品ベッドと中古ベッドの違い

では、新品ベッドと中古ベッドの違いはあるのでしょうか。新品ベッドと中古ベッドの違いについていくつか紹介していきます。

1、新品ベッドの方が高い
新品ベッドは当たり前のことですが値段が中古ベッドよりも本体価格が高いです。

2、新品ベッドは保証がついている
新品ベッドは中古ベッドと大きく違うところは保証がついているところです。なので、購入後に壊れたり、汚れた場合は保証を使って修理することができます。

3、新品ベッドは傷も汚れもない
新品ベッドは当たり前ですが傷や汚れもありません。なので、気持ちよくベッドを使うことができます。「他の人の使ったベッドは嫌だ」という人は新品ベッドがいいでしょう。

4、中古ベッドは送料も関係してくる
中古ベッドは送料も関係してきます。中古ベッドをオークションやフリマアプリで購入した場合は本体価格とは別に送料がかかってしまいます。

このように新品ベッドと中古ベッドの違いはいくつかあります。自分にとったら、メリットが高い方はどちらなのか、価格的にはどちらがいいのか、中古のベッドを使うのか自分的に気持ちのいいものなのかなどについて考えてから購入するようにしましょう。

新品ベッドと中古ベッドどちらが得なのか

上記のことを踏まえた上で、新品ベッドと中古ベッドはどちらがお得なのでしょうか。値段や様々な条件を踏まえた上で比べてみます。

1、保証がついている
新品ベッドには保証がついているのが大きいポイントでしょう。あとで壊れてしまっても、別途でお金を払うことなくベッドを修理してもらうことができます。

2、中古ベッドを購入する際の送料が高い
中古ベッドは本体価格とは別に送料がかかってしまいます。もちろん、通販や店頭で新品のベッドを購入する際に送料がかかってしまう場合もありますが通販会社や店頭販売を行なっている会社は運送会社と契約などを結んでいるので安く運送してもらえたり、時には無料で運送してもらうことができます。中古ベッドを購入する際の送料は当たり前の値段を取られてしまいますし、ベッドともなると普通の運送ではなく家財宅急便などを用いる場合もあります。なので、本体価格と送料を合わせたら新品のベッドを購入するのと同じ値段になってしまう場合があります。

このように新品ベッドと中古ベッドはどちらがお得なのかと考えるとやはり、保証もついて送料も無料な上に中古ベッドを購入した時と同じ値段で買えるのなら新品ベッドの方が得である、ということになることでしょう。

まとめ~中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて~

中古ベッドのメリットやデメリット、新品ベッドとの違いについて知っていただけましたか。上記で説明したようにやはり、新品ベッドと中古ベッドと送料を合わせると値段が同じなようなら傷もなく、保証もついている新品ベッドの方がお得だということがわかります。中古ベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてから中古ベッドを購入してみてください。

関連記事

  1. 子供と一緒に寝るベッド

    子供と一緒に寝るためのベッド選び

  2. ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

  3. 畳のベッドを選ぶ!

  4. 和室にベッドを置く

  5. ベッドの長さはどれくらいなのか

  6. マットレスで悩んだときは

  7. マットレスの選び方

  8. 機能から見たベッドの種類

    実にいろいろ!機能から見たベッド選び

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

ロング丈のベッド

ベッドには様々な種類があるというのは言うまでもない事ですが、それはベッド本体の長さについても同じ事が…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげな…

木材のメンテナンスについて

ベッド本体(ベッドフレーム)はその多くが木材を原料にして作られているのが基本です。木材で作られたベッ…

ベッドで使用するシーツ類の整理

ベッド本体の上にはマットレスを置きますよね?ですがマットレスを置いてそのまま寝るという事は衛生面から…

ベッドのカラー選び

  1. 白いベッドを選ぶ
  2. ウォルナット調のベッド
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. 長さの短いスモールサイズのベッド
  2. シングルベッドを買う
  3. セミダブルベッドを選ぶ
  4. 長さが短いショート丈ベッド

ベッドの基礎知識

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

マットレスの選び方

ベッドで寝るという人は、ベッド以外にも絶対に必要なものがあります。枕や布団もそうですが、もう一つ必要…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

  1. マットレスのメンテナンス方法
  2. 部屋が広く見えるローベッド
  3. 不要になったベッドの処分方法

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

セミダブルベッドを検討する

実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

セミダブルベッドを購入する前に1人用のベッドとしては基本的にはシングルベッドを利用する人が多いと…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

家族用のベッド選び

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

子供用のベッドについて

お子さんがいるご家庭には、色々と悩みが付き物ではないでしょうか?お子さんに対しての接し方とか子育てに…

PAGE TOP