ベッドの基礎知識

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドのカラー

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!

あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドには様々なカラーがあります。どんなカラーが自分の部屋に合うのか、自分の好きなカラーは何色なのか。など、ベッドを購入する上でとても悩むことでしょう。もちろん、ベッドを購入する上でベッドのカラーだけでなくベッドの種類も選ぶ時の重要ポイントになります。今回はベッドの種類ではなくベッドカラーに注目を置いて記事を書いていきます。また、ベッドカラーを選ぶ時にどういったカラーがどのような部屋に合うのかなどについても紹介していきます。

ベッドカラーには何色があるのか

ベッドカラーにはどういったカラーがあるのでしょうか。ベッドカラーには様々な色があります。いくつか紹介していきます。

1、明るめのベッドカラー(ピンク、白)
2、暗めの色のベッドカラー(黒、茶色)
3、木目調のベッドカラー

などがあります。ベッドカラーは様々な色があります。また、自分に好きな色のベッドが欲しいという場合は通販で購入するか自分で好きな色を使って塗ってしまうという手もあることでしょう。

ベッドカラーのカラーの種類によって私たちに与える影響とは?

ベッドカラーのカラーによって私たちに与えるような影響はあるのでしょうか。ある場合はどういった影響なのでしょうか。ベッドのカラーによって安眠できるか安眠できないかが決まってくると言われています。
例えば、自分の好きな色が黒だとして黒いベッドにしたとします。いくら好きな色で落ち着くといってもやはり暗い色なので、気持ち的にも落ち込んでしまうかもしれません。ベッドは一日の始まりと終わりの場所なのでやはり気持ち的にも落ち着いた感じがいいですよね。ベッドカラーは自分の体調面、安眠具合も決めることになるので慎重に選ぶようにしましょう。

避けるべきベッドカラーとは?

では、避けるべきベッドカラーとはどういったカラーなのでしょうか。避けるべきベッドカラーについていくつか紹介していきます。

1、紫色
熟睡したい人がとくに避けるべき色です。なぜかというと、想像力を掻き立て、感受性を刺激してしまいます。なので、リラックスするのが難しいだけでなく、眠りが浅くなる傾向にあります。目が覚めた時も、スッキリしない感じが続いてしまいます。

2、グレー
白でも黒でもないはっきりしない色のため、不安感を抱きやすくなってしまいます。また曇り空やコンクリートなどをイメージしやすいため、どんよりとした気持ちになりやすいです。

3、赤
感情的興奮や刺激を活性化してしまいます。自律神経を刺激し、体を活動的にして、意欲を出させる色なので衝動性や情熱的な気持ちになりやすくなります。

このように感情を刺激するような色はやはり避けた方がいいでしょう。寝る前に感情的になってしまったりするとねれなくなるなんてことはよくありますよね。それとベッドカラーは同じことなのです。神経を刺激するような激しい色や逆に暗いどんよりした気持ちになるような色は避けた方がいいでしょう。

安眠できるカラーって?

では、安眠するためにはどういった色の方が安眠することができるのでしょうか。安眠できるカラーをいくつか紹介していきます。

1、青
この色には神経を落ち着かせる作用があります。そして、鎮静作用もあるので、スムーズに眠りに入ることができます。

2、茶
落ち着いた土色は自然を象徴する色なので気持ちが落ち着き、のんびりした気分になれます。また、ウォルナット調のベッドや木目調のベッドを茶色なので、そういったベッドの方がいいでしょう。

3、緑
落ち着いた土色は自然を象徴する色なので気持ちが落ち着き、のんびりした気分になることができます。
このようにベッドのカラーによって自分の気持ちもスッキリして安眠することができます。また、一番安眠できる色としていいのはやはり自然を意識したようなカラーではないでしょうか。よく、山や川、海に行くと落ち着くという話を聞きますがそれと同じで自宅も自然感を少しでも取り入れることbによって落ち着いた気持ちになれるのです。

ベッドカラーと寝室に統一感を

どうせ寝ている間は何も見えないのだから、寝室の色が何色であろうと睡眠に関係ないと考える人もいるでしょう。しかし実際、眠る前に寝室で目にする色は、眠るまでの時間や睡眠中の神経の働きに影響します。睡眠の直前に目に入る色が青系だった場合、副交感神経が働き、スムーズに睡眠モードへと入りやすくなります。眠る前に赤系の色を目にすると緊張を司る交感神経が活発になり、緊張が強くなってしまうことがあります。緊張したままでは、安眠することはできません。人は、リラックスして体温が下がってきたときに眠気を感じるのです。安眠をしたいと思ったら、掛け布団や枕のカバー、カーテンやカーペットなどを青系の色で統一するのをおすすめします。家具類は、木目調やベージュなどの茶系の色でまとめるのが効果的です。暖色系の色を使用したい場合は、茶やベージュがおすすめです。また黄色も、睡眠ホルモンを排出してくれるような効果があります。あまり派手過ぎない、パステルカラー程度の強さの黄色を選んだ方がいいでしょう。なるべくベッドもそうですが寝室も統一感を出した方がいいです。ごじゃごじゃしたような色合いになってしまうと落ち着かない部屋になってしまって安眠することができないのでできれば、自然に近い色合いのベッドを選ぶようにしましょう。

寝室やベッドの色は少なめに

部屋が何色もの色でコーディネートされていると、気持ちが落ち着かなくなります。眠る前にリラックスできないと安眠できないため、できるだけ1つの部屋は3色以内でコーディネートするようにしましょう。天井や壁、床を白や茶色、残りの一部に差し色として青や緑を使用するとリラックスでき、安眠しやすくなります。やはり、睡眠前のリラックは重要なのです。

どんなカラーがどんな人に向いているのか

では、最終的にそういった色がどういった人に向いているのでしょうか。いくつかパターンを紹介していきます。

1、自分の好きな色で統一するという人
自分の部屋なのだから、自分の好きな色で統一して寝たいという人もいるはずです。そういった人はもちろん安眠するということも大切ですが、自分の部屋を自分の好きなようにコーディネートするというのも大切です。

2、安眠したいという人
安眠したいという人はやはり、自然の色に近いような色合いのベッドや部屋にした方がいいでしょう。

このように部屋の用途によって、ベッドのカラーも変わってきます。やはり、自分の部屋なので好きなようにコーディネートしたいですよね。

まとめ~ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!~

ベッドカラーについて知っていただけましたか。ベッドカラーは自分の体調面や睡眠面にも大きく関わってきます。自分の好きな色で自分の部屋やベッドを決めるということも悪くはないですがやはり、安眠するためには落ち着いた気持ちになれるような自然の色合いに近いベッドの色を選ぶべきです。
寝る前に興奮するような色を見てしまうことによってどうしてもねれないようになってしまい、生活にも影響するかもしれません。なので、自分の体調や睡眠と相談しながら、ベッドのカラーや部屋のテイストも決めてみてはどうでしょうか。ベッドを新しく購入する前にこのみじを読んで参考にしてから購入してみてください。

関連記事

  1. ベッドはどのくらいの高さが心地よいのか

  2. 機能から見たベッドの種類

    実にいろいろ!機能から見たベッド選び

  3. ベッドの搬入に困ったら

  4. 畳のベッドを選ぶ!

  5. 不要になったベッドの処分方法

    どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

  6. マットレスを湿気・カビから守るには

  7. ウォルナット調のベッド

    どんな部屋にも合う!ウォルナット調のベッドを選んでみる

  8. 素材からのベッド選び

    素材によって雰囲気が変わる!素材からのベッド選び

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

冬に使いたい寝具について

夏の非常に暑い時期が過ぎ、いよいよ夕方~明け方まで涼しさを感じるという秋に突入した感があり、これまで…

ロング丈のベッド

ベッドには様々な種類があるというのは言うまでもない事ですが、それはベッド本体の長さについても同じ事が…

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドはどのくらいの高さが心地よいのか

ベッドで寝るというのは今や当たり前となっている時代、そんな時代ですからベッドその物や寝具、それから手…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

フランスベッド

フランスベッド製のベッドはどうなのか?

フランスベッド製のベッドを検討!フランスベッドとは?フランスベッドを見たり、使ったりしたことがあ…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. ベッドのカラー
  3. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  4. 白いベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. クイーンベッドを検討する
  2. 家族で寝られる連結ベッド
  3. セミダブルベッドを選ぶ

ベッドの基礎知識

北欧スタイルベッド

北欧風スタイルってどんな??北欧スタイルのベッドを選ぶ!

北欧スタイルとは?どのようなベッドを置くと北欧スタイルになるのか?北欧スタイルというのはどういっ…

中古ベッドのメリットとデメリット

中古のベッドを買うメリットとデメリット

中古ベッドのメリットとデメリットって?中古ベッドについて中古ベッドを購入したり、使ったことはあり…

マットレスの選び方

ベッドで寝るという人は、ベッド以外にも絶対に必要なものがあります。枕や布団もそうですが、もう一つ必要…

ベッドでも敷布団で寝る

ベッドで寝る方法というのは、マットレスをベッドフレーム(ベッド本体)の上に置いて寝るというのが基本で…

不要になったベッドの処分方法

どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて不要なベッドを処分したいと考えている人もいる…

  1. 連結できるベッド
  2. ラグジュアリーなベッド
  3. ベッドでも敷布団で寝たい

1人用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

セミダブルベッドを検討する

実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

セミダブルベッドを購入する前に1人用のベッドとしては基本的にはシングルベッドを利用する人が多いと…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

ファミリー・家族で使うベッドについて

家族(ファミリー)が寝る際にはどの様に寝るのか、例えばベッドを使うのか布団を使うなど、家庭によってそ…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

PAGE TOP