ベッドをサイズで選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきこと

クイーンベッドは実際どのくらいの大きさなのかわかりますか。また、実際にクイーンベッドはどのようなものなのか見たことはありますか。みなさんの想像しているのはとにかく大きいという想像のみではないでしょうか。
そこで、今回はクイーンベッドについて購入前に知っておくべきことについて紹介していきます。

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドの大きさは当たり前ですがダブルベッドよりも大きいです。幅は160cm程度、長さは200cm程度もあります。クイーンベッドは二人用のベッドです。ダブルベッドも二人用のベッドですがクイーンベッドはダブルベッドよりも大きいので寝やすいことでしょう。また、シングルベッドは100cmの200cmです。シングルベッドを二つくっつけた大きさにはクイーンベッドではまだ敵いません。でも、二人で寝るには十分な大きさだと言えるでしょう。

クイーンサイズのベッドではどのくらいの広さと扉が必要なのか

では、クイーンベッドを置くにはどのくらいのスペースが必要なのか知っていますか。クイーンベッドは170cmの200cmなので8畳分のスペースが必要になります。8畳の部屋にクイーンサイズのベッドを置くと当たり前ですが寝るだけ、ベッドだけの部屋になってしまいます。他のものが置けなくなってしまいます。
なので、しっかりと部屋の大きさを確認してベッドが置けるのか、他にものが置くことができるのかなどを確認してから購入しましょう。そして、扉についてですが扉は部屋の扉だけではありません。「エレベーターの扉」「部屋の扉」などがあります。それ以外にもエレベーターがなく階段の場合は踊り場で回転できないなんてことも考えられます。なので、しっかりと寸法を測ったり、一戸建ての場合は玄関から入れない場合は窓からの搬入になる場合があるので窓の寸法も測っておきましょう。
また、クイーンベッドの枠は分解して搬入することができる場合がありますがマットレスが入らないなんてこともあります。そんなことにならないようにもきちんと確認してからにしましょう。

クイーンサイズのベッドのメリット

クイーンサイズのベッドのメリットはどういったことがあるのでしょうか。いくつか紹介していきます。

1、クイーンベッドの大きさなら寝相がどんなに悪くても大丈夫
クイーンベッドは大人一人で寝るのもかなり大きいですし二人で寝ても余裕を持って寝ることができます。なので、二人で寝てもどんなに寝相が悪くてもお互いの寝相を邪魔することなくねれます。

2、家族仲良くねれる
クイーンベッドなら家族仲良く寝ることができます。大人二人なら余裕を持って寝ることができますが、大人二人と子供一人でも寝ることができます。家族仲良くねれますね。

3、ゴージャスにできる
クイーンサイズのベッドの場合は部屋に置くだけでゴージャスに見えます。
なので、部屋を豪華に見せたい場合などはクイーンサイズのベッドを置くことをオススメします。
このようにクイーンベッドは広くて大人二人だけでなく、子供がもう一人寝ても寝ることができるので、家族にオススメなベッドだと言えます。

クイーンベッドのデメリット

クイーンサイズのベッドともなるとやはり、デメリットが少なからず出てしまいます。なので、メリットと比べつつデメリットについても紹介するので、購入を検討している人は比べてみてください。

1、置ける部屋が限られてしまう
クイーンベッドは8畳のスペースが必要になります。なので、8畳以上の部屋でなくてはベッドを置くことができません。この場合、ベッドの置く場所が限られてしまいます。

2、マットレス選びが難しい
クイーンサイズのベッドともなるとマットレスも金額が高めになってしまいます。また、クイーンサイズともなるとサイズの合うようなマットレスは無くなってしまいます。

3、クイーンサイズ用のアイテムが少ない
クイーンサイズ用のアイテムが少ないです。大きいベッドになるとアイテム数が減ってしまいます。布団カバー、布団、敷きカバーなども少なくなってしまいます。注意してください。

クイーンベッドの種類

クイーンベッドともなると種類が少なくなります。しかし、いくつかあるので紹介していきます。

1、脚付きローベッド
脚付きのベッドになります。脚がついていた方がおしゃれですが支えるのにも大変になりますので、脚付きベッドを選ぶときは慎重になった方がいいでしょう。

2、フロアベッド
フロアベッドは脚付きではないのでそのまま直接地面に置くことができます。なので、安定感がありフロアベッドはどちらかというと種類も豊富なので選ぶときはフロアベッドの購入も考えた方がいいでしょう。

3、収納付きベッド
収納付きベッドは下に収納がついています。なので、色々ものを詰めることができます。ベッドの大きさが大きくなると収納スペースも大きくなるので便利です。そのような面では大きいベッドの方がいいでしょう。
このようにクイーンベッドのようにベッドが大きくなると種類は減りますが便利になる面も増えてきます。

クイーンベッドが必要な人

クイーンベッドが必要な人、クイーンベッドの方がいい人について紹介します。
クイーンベッドは二人用ですが大人二人ではスペースは残ってしまいます。なので、子供一人と大人二人で寝るのに最適です。家族で寝たいけど、シングルベッド一つとダブルベッド一つでは大きすぎて部屋に入らないという場合にクイーンベッドを検討した方がいいでしょう。また、一人で寝るにはクイーンベッドはあまりにも大きすぎます。部屋に設置するのにも大変なので、よく考えてから購入しましょう。

クイーンベッドの安い購入方法

クイーンベッドはどうしても値段がダブルベッドよりも高くなってしまいます。でも、クイーンベッドでなくては寝るスペースが確保できないという人がいるでしょう。そんな人にオススメな購入方法について紹介します。

1、ニトリやIKEAなどで購入する
ニトリやIKEAなど一つの品物を大量生産している会社で購入しましょう。一つのものを大量に生産しているのでいいものを安く購入することができます。

2、通販で購入する
通販で購入しましょう。通販では送料無料など、安く購入することができます。また、種類も豊富で色々あるので自分の好きなベッドに出会うことができるでしょう。
クイーンサイズの購入を諦めている人にとってはこのような買い方をすることによって安く、自分の好きなデザインのベッドを購入することができるでしょう。

まとめ~クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきこと~

クイーンベッドについて知っていただけましたか。クイーンサイズのベッドともなるともう既に二人用ではなくなります。また、そのくらいの大きさになると部屋の大きさも配慮しながら考えなくてはなりません。8畳以上の部屋の確保が必要になりますし、クイーンベッドを購入後、安易に引っ越しということが難しくなるので注意しましょう。大きさ的にも二人でも十分に快適に寝ることができます。また、子供と寝るという場合でも寝ることができます。そして、クイーンベッドは種類があまりないですが通販などを使うことで様々な種類を確認することもできます。
また、安く購入できるので通販を使って購入するのも一つの手段でしょう。ぜひ、クイーンベッドを購入する際に参考にしてみてください。

関連記事

  1. クイーンベッドを検討する

    広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

  2. ダブルベッドを検討する

    2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

  3. セミダブルベッドを検討する

    実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

  4. 子供と3人で使用するベッド

  5. セミシングルベッドを検討する

    シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

  6. 夫婦・カップルで使うベッドについて

  7. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

    シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

  8. セミシングルベッドを知ろう

    セミシングルベッドのことを知ろう!

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ベッドで寝る人は必ず使う物がありますが、それはマットレスです。今ではベッドで寝る人が多く、同時にマッ…

ベッドの木材の種類

ベッドで使われている木材の種類を勉強しよう!

ベッドの木材の種類について。どのくらいの種類があるのか。ベッドの木材などの種類はどんなものがある…

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

知っているようで知らないすのこベッド

知っているようで知らないすのこベッド

すのこベッドとは?メリットとデメリットについてすのこベッドを知っていますか。すのこベッドを知…

すのこの効能について

すのこといえばベッドとして主に有名ですから、すのこベッドを実際に使っている人はもちろん、ベッドに詳し…

ベッドのカラー選び

  1. ベッドのカラー
  2. グリーンのベッド
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. セミダブルベッドを検討する
  2. 連結できるベッド
  3. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

ベッドの基礎知識

不要になったベッドの処分方法

どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて不要なベッドを処分したいと考えている人もいる…

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団についてベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし…

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

シングルベッドを買う
  1. ベッドのサイズ
  2. フランスベッド

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

家族用のベッド選び

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

子供と一緒に使うベッド

お子さんがいるご家庭では、お子さんが幼少期の内は一つのベッドで一緒に寝るということが多いと思います。…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

PAGE TOP