ベッドの基礎知識

そもそもベッドの組み立ては1人でできるのか?

ベッドの組み立て

ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについて

ベッドの組み立てをしたことがありますか?ベッドの組み立ては簡単だろう、きっと一人でもできてしまうという考えの人が多いでしょう。では、ベッドの組み立てというのはどういったものなのでしょうか。また、ベッドの組み立てはどのくらいの時間がかかって人数はどのくらい必要なのか、一人でできないのか?などについていくつか紹介していきます。

ベッドの組み立ての基本

ベッドの組み立てというのは基本的に通販で購入した場合や格安の家具販売業者で購入した場合にベッドの組み立てを行わなくてはなりません。また、ベッドの組み立てはベッドによってかかる時間も違ってきますし場合によっては一人では組み立てられないということも出てきます。ベッドを組み立てるにあたり、購入する前に自分の欲しいベッドの構造を知って置くことでそのベッドの組み立てにはどのくらいの時間がかかって、どのくらいの人数が必要なのか知ることができます。

ベッドの組み立てるいくつかの方法

ベッドを組み立てるのあたり、方法としては何があるのでしょうか。気に入ったベッドが通販で見つかったような場合はやはり、気に入ったベッドが欲しいですよね。そんなとき、ベッドがいざ届いて組み立てられないという場合があります。なので、ベッドを組み立てる時のいくつかの方法について紹介していきます。

1、取扱説明書を読む
取扱説明書を読んで、自分一人で組み立てるような場合です。ベッドが大きくなるにつれて一人で組み立てるのは難しくなります。でも、お金をかけずに組み立てたいという人はやはり、取扱説明書をよく読んで組み立てていくしかないでしょう。

2、ベッドの組み立て業者に依頼する
取扱説明書を読んで一人で組み立てるのにはやはり無理だとなった場合はベッドの組み立て専門業者を依頼するしかありません。ベッドの組み立て業者なら、ベッドの組み立てる方法について全て知っているのですぐに組み立ててもらうことができます。しかし、組み立ててもらうのにお金がかかってしまうのでそこはよく考えてから頼むようにしましょう。

このようにベッドを組み立てるのに自分でやる方法とベッドの組み立て専門業者に頼む方法と二つあります。どうしても自分で組み立てられないという人や組み立てる時間がないという人はやはり、ベッドの組み立て専門業者にお願いするしかないでしょう。

ベッドの組み立てる時の注意

ベッドを組み立てる時の注意点がいくつかあります。やはり、自分でベッドを組み立てたいという人もいるでしょう。そんな人に注意して欲しいことについていくつか紹介していきます。

1、設置場所を考えてから組み立て
完成したベッドは、重く移動が難しいので、はじめに設置場所を決定し、作業を開始する事が大切です。

2、なるべく二人以上でやる
組立の時、一人で出来る商品もあるのですが、多くは大人が二人以上での作業の方が捗ります。また、分担できたり、重いものを運ぶこともあるので二人の方がいいでしょう。部品が大きい場合があり、どうしても、二人必要になります。

3、損傷がないか確認する
梱包材である段ポールなどが破損していると、部品も破損している可能性があります。商品を運送会社から受け取る時、梱包を確認してください。そして、もし梱包自体に損傷が見られたら、販売元か運送会社に直接問い合わせるようにしてください。

4、傷などを確認する
開梱し、各部品をチェックします。組立説明書を探し、部品の種類、数量、傷などを確認します。問題があった場合、すぐに販売店にメールや電話での連絡をするようにしてください。そのとき、問題の部品の番号、名称、数量を明記し、問題部分の画像を添付したりメモしたりしてから電話したり、メールをするとスムーズに伝えることができます。

このようにベッドの組み立てをする前にいくつかの注意することがあります。組み立てる前にやっておかなければ、組み立て途中に気がついた時ではもう組み立てしているのでまた、分解するというのは大変です。なので、事前に確認してなるべく二人で組み立てるようにしましょう。

一人でベッドを組み立てる方法について

では、一人でベッドを組み立てたいという人にベッドを一人で組み立てる方法とコツについて紹介していきます。

1、まずは下準備!開封してパーツを取り出そう。
全てのダンボールを開封できたら、組み立て説明書と照らし合わせて、パーツがそろっているかをチェックします。

2、次はパーツ作り!ネジで部材を固定しよう。
ヘッドボード、サイドフレーム、フットボードの順番で組み立てるようにしましょう。また、ボルトを締めるときは、最初からきつく締めるのではなく、全体をゆるく仮締めしてから、最後にしっかり締めるのがコツです。こうすることによって上手に組み立てすることができます。

3、最後はパーツを合体させて、いよいよ完成です。
2で組み立てた部品をつなぎ合わせます、そして、最後に床板を敷いたらベッドの完成になります。

このようにベッドの組み立てについて書きました。文章にすると簡単に見えるかもしれませんがベッドの組み立てを一人でするとなるとかなりの労力が必要になります。自分一人では簡単にいきませんし、時間もかかってしまいます。

ベッドを一人で組み立てるデメリット

ベッドを一人で組み立てるデメリットはあるのでしょうか。ベッドを一人で組み立てるデメリットについていくつか紹介していきます。

1、ベッドを組み立てる時間がかかる
ベッドを組み立てるのに時間がどうしてもかかってしまいます、いくら二人でやっても大きいベッドになるにつれて時間がかかってしまうのでやはり、一番いいのは専門業者などに依頼した方がいいでしょう。

2、取扱説明書通りにいかない時がある
部品の向きなどに間違いがある事があります。また、ネジの仮止めがうまく言っていない事もあります。組立の最終段階で、床板をはめるときに入らないと話をよく聞きますが床板の向きが逆になっているせいでかいらないということが多いです。跳ね上げ式のベッドの場合、組み立てた後、床板がしまらないと言う話をよく聞きますが床板を持ち上げるダンパーが硬くなっているためです。体重を掛けて、閉めれば問題ありません。

3、梱包材のゴミが出てしまう
どうしても梱包材が出てしまいます。しかし、自分で組み立てたい、通販で欲しいベッドがあったという場合には仕方のないことですし自治体のゴミに出すことができるのでそこは我慢しましょう。
このようにいくつか一人で組み立てる場合のデメリットがあります。やはり、一番いいのは一番安心できるようなベッドの組み立て専門業者に依頼することでしょう。それか、ベッドの通販でたまに組み立ても行なってくれるというサービスがあるのでそちらを利用した方が購入後でも困るということはないでしょう。

まとめ~ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについて~

ベッドの組み立てについて知っていただけましたか。やはり、ベッドの組み立てというのは一人では難しいです。なので、一番いいのは業者か通販のアフターサービスに依頼するのが一番いいでしょう。一人で組み立てるには時間も労力も消費してしまうことになります。また、もしどうしても一人で組み立てたいという場合の時は上記のやり方を少し参考にして見てください。

関連記事

  1. 3段ベッドはどうなのか??

  2. 中古ベッドのメリットとデメリット

    中古のベッドを買うメリットとデメリット

  3. ロールパッケージ仕様のマットレスが進化している

  4. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

    安らかな眠りを誘うベッドのカラー

  5. 和室にベッドを置く

  6. 吊り上げて搬入ってどうやるの?配送業者がやってくれる??

  7. 通販でベッドを購入する秘訣

    ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

  8. ロング丈のベッド

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

グリーンのベッド

ベッドにグリーンカラーを取り入れましょう!

ベッドにはたくさんの種類があるというのは承知のことと思いますが、その中にはグリーンベッドというのもあ…

配送料の値上げの通販への影響

最近はお店で直接商品を購入するのではなく、通販を利用しての買い物を行う人が圧倒的に多いと思います。一…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

ベッドのカラー選び

  1. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  2. ウォルナットのベッドを選ぶ
  3. ウォルナット調のベッド
  4. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと
  2. セミダブルベッドを選ぶ
  3. ダブルベッドを選ぶ

ベッドの基礎知識

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

ベッドのカラー

ベッドはどんなカラーを選べばいいの?

ベッドカラーって何色がいいの?悩んだ時にはこの色!あなたのベッドカラーは何色でしょうか。ベッドに…

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげな…

  1. グリーンのベッド
  2. マットレスベッドとは?脚付きマットレスとは??

1人用のベッド選び

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

家族用のベッド選び

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

PAGE TOP