ベッドを機能で選ぶ

一石二鳥の収納付きベッド

収納付きベッドを選ぶ

収納付きベッドのメリットとデメリット。その対策とは?

収納付きベッドというベッドを知っていますか。収納付きベッドとはその名の通りベッドに収納がついているものを収納付きベッドといいます。収納付きベッドにしようかなと寝やんでいる方へ、収納付きベッドのメリットとデメリットについて詳しく紹介しつつ、収納付きベッドのことについて詳しく紹介していきます。

収納付きベッドのメリット

収納付きベッドは収納がついたベッドです。いくつかメリットがあるので紹介していきます。

1、収納がベッドの下にできる
収納のスペースを他で作らなくても収納スペースをベッドの下に確保できるので便利です。

2、収納付きベッドは種類が豊富
あとで紹介しますが収納付きベッドには種類がたくさんあります。

このように収納付きベッドはスペースを取ることなく荷物などをまとめることができるのがメリットでしょう。では、デメリットはどのようなことなのでしょうか。

収納付きベッドのデメリット

収納付きベッドを選ぶ上で、デメリットは少なからず出てきてしまいます。しかし、デメリットの見据えながらベッド選びをすることによって自分にあったベッドを見つけることができます。では、収納付きベッドのデメリットについて紹介していきます。

1、収納している部分が湿気が大変
収納部分の湿気が多くなることがあります。湿気に逃げ道がないため湿気が多くなります。また、洋服を置いたりする場合も注意が必要です。

2、引き出しタイプの収納はスペースの確保が必要
引き出しタイプは引き出しの開く分だけ、スペースが必要になります。

3、レイアウトの選び方が大変
下に収納ができる分、マットレスの位置が高くなるためどうしても圧迫感が出てきてしまいます。

このように収納付きベッドはデメリットがいくつかみられます。

収納付きベッドの種類

収納付きベッドにはいくつかの種類があります。その種類について紹介していきます。

1、収納付きの引き出しタイプ
収納付きの引き出しタイプはベッドの下に引き出しがついています。なので、引き出して洋服などを収納することができます。

2、跳ね上げ式の収納ベッド
床板とマットレスがもろとも持ち上がるタイプになります。力ずくなどで開けるのではなく、ガス式なので誰でも簡単に開けることができます。

3、自由な空間
収納付きではなく収納がついていないけどベッドの下に空間があるものです。
下に衣装ケースなどを置いて整理することができます。
このように収納付きベッドとはいっても種類はかなりあります。なので、自分にあったベッドが見つかることでしょう。

収納付きベッドのデメリット対策

収納付きベッドの種類をいくつか紹介してきました。そのベッドの種類によって、ベッドのデメリットがいくつか出てきます。なので、そのベッドのデメリットとその対策について紹介していきます。

1、引き出し式の収納付きベッド
引き出し式の収納付きベッドは「長いものの収納ができない」「引き出すスペースが必要」になります。もちろん、整理整頓しやすいのには変わりありませんがどうしてもスペースを非有ようとするので広い部屋に置くことをオススメします。

2、跳ね上げ式の収納付きベッド
いいことばかりに感じますが、価格が高いです。構造が特殊になるため、それほど高くなってしまいます。しかし、収納スペースが少ない家庭ではとても重宝します。

3、湿気対策
湿気がどうしても出てきてしまいます。そういう場合は、湿気を吸収するような衣類やアルバムなどを置かないようにしましょう。

このように収納付きベッドはいいような感じもしますがどうしてもデメリットが出てきてしまいます。なので、上記に書いたような対策を取りつつ上手に収納付きベッドを利用しましょう。

収納付きベッドの選び方

収納付きベッドの種類を先ほど紹介しましたがでは、そのベッドによって使い方などもバラバラです。また、その用途に合うような収納付きベッドの選び方もしなくてはなりません。なので、選び方について紹介していきます。
まず、引き出し式の収納付きのベッドは小物をしまうように適しています。

小分けできるのでとても便利です。
跳ね上げ式の収納付きのベッドは大きなものを収納するのに適しています。
長いものを収納するのにはやはり、跳ね上げ式の収納付きベッドがオススメです。
このように収納はどのようなものを収納するかよってどのタイプの収納付きベッドを選ぶかが違ってきます。自分にあった自分の用途に合うベッド選びをしましょう。

収納付きベッドがあっている人

収納付きベッドが向いている人について紹介します。例えば、収納スペースが足りてない人は収納付きベッドの購入を検討した方がいいでしょう。また、普段使わないものを置く場所がないという人にも向いています。置く場所がないという人は収納付きベッドの収納部分に隠しておきたいものを入れて置いたらいいでしょう。

収納付きベッドのサイズ

収納付きベッドに関してはサイズはシングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズと3種類あります。ベッドが大きくなればなるほど、収納も大きくなっていくので便利さを考えたら、大きい方がいいでしょう。

収納付きベッドの湿気対策

収納付きベッドはやはり、湿気が一番ネックになってしまいます。人は睡眠時にコップ一杯も汗をかいているといいます。自分はかいていないと思っていても汗はかいているものなのです。ベッドでは特にマットレスに睡眠時の汗が流れ込み、下に湿気が溜まっていくのです。なので、湿気のせいでカビが生えてしまいます。
例えば、本を入れたり写真などのアルバムを入れてしまうと湿気のせいによって黄ばんでしまいます。なるベく、湿気に強く、あまり痛まないものを収納すべきでしょう。そこで、湿気対策としては除湿するのが一番いいです。除湿対策としてはおきた後に引き出しを開けておきましょう。また、湿気を吸収するようなシートもホームセンターなどで販売されています。なので、それを購入して置いて置くのもいいでしょう。

湿気が気になるけど、収納付きのベッドをどうしても使いたい場合

湿気が気になるけど、「収納を増やしたい」という要望があることでしょう。そこで、収納付きベッドをなるべく使わなくても収納をベッド下にするような方法について紹介します。
例えば、ベッド下の空いている空間を利用しましょう。空いている空間に衣装ケースなどを置いて、その中に収納しましょう。衣装ケースなら、湿気なども溜まることもないので便利です。あとはその部分に布などをかぶせて隠すだけで収納になります。

まとめ~収納付きベッドのメリットとデメリット。その対策とは?~

収納付きベッドについて知っていただけたでしょうか。収納付きベッドはベッドの大きさに合わせて小物などを収納できます。なので、部屋のスペースなどをとることなく収納できるのです。しかし、デメリットもどうしても出てきてしまいます。湿気や引き出しの開けるスペースなども必要になります。湿気はきちんと湿気対策を行うことにより、収納が可能になります。狭い部屋に収納付きベッドをおきたい場合は引き出し式の収納付きベッドではなく少し値段は張りますが跳ね上げ式の収納付きベッドにしましょう。収納付きベッド以外にもベッドを活用する方法もあるのでその方法を使ってみるのもいいでしょう。

収納付きベッドを購入する前に記事を読んで参考にしてみてください。

関連記事

  1. マットレスベッドを検討する

    マットレスに脚がついている!マットレスベッドとは?

  2. ロフトベッドを検討する

    スペースを有効利用!ロフトベッドを検討する

  3. 高級感のあるベッド

  4. 子供用のベッドについて

  5. ソファーベッドについて

    ソファーベッドってどうなんでしょう?

  6. 北欧スタイルのベッドについて

  7. ローベッドとは?

    ローベッドってどうなの?

  8. ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団についてベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

和室にベッドを置く

多くの人にとってはベッドというと、洋室に置くというイメージがあると思います。90年代以降の住宅が洋を…

ウォルナット調のベッド

どんな部屋にも合う!ウォルナット調のベッドを選んでみる

ウォルナット調のベッドって?どんなベッドなのか。ウォルナット調のベッドとはどんなベッドなのか知っ…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう

大学に入学、あるいは社会人になる人、もしくは結婚や同棲したりで新しく新居で暮らすという人達は新生活と…

ベッドのカラー選び

  1. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  2. ベッドのカラー
  3. ウォルナット調のベッド

ベッドのサイズ選び

  1. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと
  2. クイーンベッドを選ぶ
  3. セミダブルベッドを検討する
  4. ベッドのサイズ

ベッドの基礎知識

夏に使う寝具について

梅雨の時期でもある6月を超えて、いよいよ7月は半ばを迎えようとしていますね。そして先月からそうだった…

不要になったベッドの処分方法

どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて不要なベッドを処分したいと考えている人もいる…

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ベッドで寝る人は必ず使う物がありますが、それはマットレスです。今ではベッドで寝る人が多く、同時にマッ…

ベッドの組み立て

そもそもベッドの組み立ては1人でできるのか?

ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについてベッドの組み立てをしたことがあります…

  1. ロフトベッドを検討する
  2. セミダブルベッドを選ぶ

1人用のベッド選び

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

シングルベッドを買う

シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新しいベッドに変えたい!シングルベッドのいいところって?新生活を始めるのにあたり、新しいシングル…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

クイーンベッドを選ぶ

クイーンベッドの大きさは?

クイーンベッドってどのくらいの大きさなの?購入前に知るべきことクイーンベッドは実際どのくらいの大…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

PAGE TOP