ベッドの基礎知識

どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

不要になったベッドの処分方法

不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて

不要なベッドを処分したいと考えている人もいることでしょう。しかし、どうやって不要なベッドを処分したらいいかわからないという人は多いでしょう。処分しようとしてもお金がかかってしまいます。なので、お金がかからないような方法や処分するときのコツなどについていくつか紹介していきます。

不要なベッドの処分方法

不要なベッドを処分したという人は多くいるでしょう。しかし、どうやって処分したらいいのか、処分の方法などがわからないという人がたくさんいるでしょう。そこで、不要なベッドの処分方法についていくつか紹介していきます。

1、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう
自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらうのにはいくつかの手順があります。
事前に自治体に連絡する→粗大ゴミシールを購入するというのが大まかな流れになります。粗大ゴミは有料制のため、事前に自治体に通知を行った上で、ベッドのサイズやベッドのアイテムに合った金額のシールを購入しなくてはなりません。金額も、ベッドの大きさによって違います。例えば、シングルベッドは1,000円ですが二段ベッドは2,000円となっています。必ず、事前に自分が処分しようと思っているベッドはどの程度の金額がかかるのかを調べておいた方がいいでしょう。

2、粗大ゴミ回収業者に依頼して引き取ってもらう
粗大ゴミとして回収業者に引き取ってもらう場合もいくつかの手順を踏まなくてはなりません。粗大ゴミ回収業者に連絡する→家に来てもらって見積もりを出してもらう→依頼する→希望の日時を伝えるというのが一連の流れになります。依頼をしたあとは、ベッドの引取りをしてもらう希望の日時を伝えれば、指定した日時に業者の方が来てくれて、ベッドを持って行ってくれます。自分でベッドを持っていく手間が無いので、とても便利です。

3、リサイクルショップに依頼して引き取ってもらう
リサイクルショップに引き取ってもらう場合の手順としては、リサイクルショップに連絡する→家に来て査定してもらう→依頼するというのが流れになります。出張の査定を無料で行ってくれるリサイクルショップを探して、相談をしてみましょう。出張買取を行っているリサイクルショップであれば、粗大ゴミ回収業者と一緒で、ベッドの引き取りは業者の方がやってくれる場合がほとんどです。

4、引き取りサービスのある家具販売店でベッドを購入すると共に古いベッドを引き取ってもらう
もし、古い不要なベッドを手放して新しいベッドを購入するという場合は古い不要なベッドを回収してくれるところでベッドを購入した方がいいでしょう。その方が料金を取られる心配もありませんし、新しいベッドを搬入する際に古い不要なベッドを回収してくれるので大変便利です。

このようにいくつか不要なベッドを処分する上で方法があります。あまりお金をかけたくないという人はやはり、リサイクルショップに頼んで持って行ってもらった方がいいでしょう。

不要なベッドの処分方法のメリットについて

不要なベッドの処分方法のメリットについて上記で紹介した方法を元にいくつか紹介していきます。

1、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう
自治体に依頼ができるので、金額的に安心感があります。一定の金額で引き取ってもらえるので安心して回収してもらうことができます。また、体が不自由な方は手伝ってもらえる場合があります。高齢者などにとっては助かるでしょう。
そして、事前に自治体に電話で相談することができるので金額的にも事前に知ることができます。

2、粗大ゴミ回収業者に依頼して引き取ってもらう
電話をするとすぐに来てくれて対応してくれるので自分の都合がいい日に来て回収してくれます。ベッドの持ち運びは全て業者の方が行ってくれるので手間暇かけることはありません。回収してもらう日時も都合の良い時間を指定できるので引越しの予定や新しいベッドが来るタイミングなどに合わせて依頼することができます。

3、リサイクルショップに依頼して引き取ってもらう
自分の都合の良い日時に回収に来てくれるのでとても便利です。格安・無料で回収してくれる可能性があるので少ししたお金の足しにもなるでしょう。ベッドの持ち出し・引き取りは業者の方がやってくれるので自分で運ぶ日強は無くなります。

このように不要なベッドを処分する方法としてはいくつかメリットがあります。なので、自分にあった方法で不要なベッドを処分した方がいいでしょう。また、金銭面で気になるのであればお金がかからないリサイクルショップに回収してもらった方がいいでしょう。

不要なベッドの処分方法のデメリットについて

不要なベッドの処分方法のデメリットについて上記で紹介した方法を元にいくつか紹介していきます。

1、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう
事前に申し込みをする必要があり、粗大ゴミ用のシールを買いに行く手間があるので時間がないという人にはあまりオススメできません。申し込みをしても、1~2週間は待たされる場合があるので引越しで不要なベッドを捨てるという場合はかなり事前にやらなくてはなりません。基本的には、自分でベッドをゴミ捨て場まで運ばなくてはいけないので1人では運べないという場合は人手が必要になります。金額などを自分で調べるのが手間がかかる場合があります。場合によっては、解体作業をしなくてはいけないので時間も体力的にもきつい場合があります。

2、粗大ゴミ回収業者に依頼して引き取ってもらう
相場の金額がわからないので一度見積もりを依頼しないとならないでしょう。自治体に依頼をした方が安く済む場合があるので確認が必要です。業者によって金額が変わるので選ぶ基準が分からないのでもういいやと諦めてしまう場合があるかもしれません。

3、リサイクルショップに依頼して引き取ってもらう
提示された金額が妥当か分からないので本当にそのッカクで売ってしまっていいのか悩んでしまうことでしょう。なので、たくさんのリサイクルショップに査定を依頼した方がいいでしょう。業者によってはしつこく営業される可能性があるので注意が必要です。

このように不要なベッドを回収してもらったり、売ったりする場合にはいくつかのデメリットがついて来てしまいます。しかし、自分の時間や金銭面で考えてどれが一番自分にあっているのか考えて不要なベッドの処分をしましょう。

まとめ~不要なベッドの処分の仕方とは?処分方法のコツについて~

不要なベッドを処分する方法について知っていただけましたか。不要なベッドを処分するのに当たって、いくつか方法があります。例えば、「自治体に依頼する」「回収業者に依頼する」「リサイクルショップに査定を依頼する」などといった方法が挙げられます。その奉納に関してもメリットやデメリットがついて来ます。メリットとしては「自治体に頼んだ場合」は金額的にも安心して依頼することが大きいメリットになります。そして、「リサイクルショップに依頼した場合」は引き取ってもらえると同時にもしかしたらお金をいくらかもらえるかもしれないのでかなりお得です。デメリットとしてはやはり、業者や自治体に頼むとお金がかかってしまうといった点でしょう。なので、自分の体力的な面や金銭的な面を考えてどこに依頼するか決めるようにしましょう。

この記事を読んでから不要なベッドの処分方法について検討してみてください。

関連記事

  1. 枕(まくら)に拘る

  2. 寝具の素材について

  3. 和室にベッドを置く

  4. ベッドを通販で購入する場合の注意点

  5. 長く使えるベッドの選び方

  6. 子供と一緒に寝るベッド

    子供と一緒に寝るためのベッド選び

  7. マットレスで悩んだときは

  8. 中古ベッドのメリットとデメリット

    中古のベッドを買うメリットとデメリット

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

マットレスで悩んだときは

ベッドフレームがそうである様に、マットレスにおいても色々と悩む場面というのがあるのではないでしょうか…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

ベッドの組み立て

そもそもベッドの組み立ては1人でできるのか?

ベッドの組み立てって一人でできるの?ベッドの組み立てについてベッドの組み立てをしたことがあります…

夫婦・カップルで使うベッドについて

夫婦、あるいはカップルの人たちは寝る時は一緒にベッドを使うというケースが多いと思います。一緒に寝ると…

ベッドで使われている木材について

ベッドは本体に木材が使われていることがほとんどというのは、皆さんよくご存知ではないかと思います。とは…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. 白いベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. クイーンベッドを選ぶ
  2. クイーンベッドを検討する
  3. セミシングルベッドを知ろう
  4. ダブルベッドを選ぶ
  5. 家族で寝られる連結ベッド

ベッドの基礎知識

フランスベッド

フランスベッド製のベッドはどうなのか?

フランスベッド製のベッドを検討!フランスベッドとは?フランスベッドを見たり、使ったりしたことがあ…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

マットレスを湿気・カビから守るには

マットレスはご使用の環境によって異なったりもしますが、基本的には外的要因からの悪影響から守ってあげな…

フランスベッド
  1. 不要になったベッドの処分方法
  2. 長さの短いスモールサイズのベッド
  3. ローベッドとは?

1人用のベッド選び

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

セミダブルベッドを検討する

実は1人用サイズ!セミダブルベッドを購入する前に

セミダブルベッドを購入する前に1人用のベッドとしては基本的にはシングルベッドを利用する人が多いと…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

家族用のベッド選び

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

子供と一緒に寝るベッド

子供と一緒に寝るためのベッド選び

子供と一緒に寝るためのベッド選びについて。どんなベッドがいいのか「子供と同じ部屋で、同じベッドで…

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

PAGE TOP