ベッドの基礎知識

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団について

ベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし、マットレスでは寝心地が悪いなと感じる人は多くいることでしょう。そんな時に敷布団をマットレスの代わりに敷いてみてはどうだろうかと考えることがあることでしょう。では、マットレスの代わりに敷布団を敷いてもいいのでしょうか。ベッドの構造上、マットレスを敷いても危険性などはないのでしょうか。マットレスの代わりに敷布団を敷く場合について今回は紹介していきます。

ベッドにマットレス?それとも敷布団?

ベッドにマットレスではなく、敷布団を敷くということはいいことなのでしょうか。ベッドの構造上危険性はないのでしょうか。実は、ベッドに敷布団専用のベッドがあります。マットレス以外の敷布団を敷いてもいいよという専用のベッドになります。その専用のベッドでなくては、マットレス以外のものを敷いてはならないのです。
なぜかというと、マットレス専用ベッドに敷布団を敷いて寝てしまうと、マットレス専用に作られているベッドなので耐久性が弱くなってしまい、部分的に力が入ってしまうため、床板が割れてしまう危険性があります。しかし、敷布団専用ベッドでは、敷布団を敷くことを想定して作られていますので耐久性も力のかかる部分のバランスもしっかりと取れています。なので、マットレス専用ベッドには敷布団をしてはならないのです。敷布団をどうしても利用したい人は敷布団専用ベッドを購入しましょう。

敷布団のメリット

敷布団専用ベッドのメリットとはどういったものがあるのでしょうか。敷布団専用ベッドのメリットについていくつか紹介してきます。

1、布団の上げ下げがラクになる
床に布団を敷く場合は必ず上げ下げしなくてはなりません。腰や肩・ひじ・ひざといった関節に大きな負担をかけ、一日二回行う必要があるのでとても面倒です。しかし、ベッドフレームに布団を敷くことで、押入れに布団を片付ける必要がなくなります。

2、布団を収納するスペースが不要
布団を片付けないでそのままの状態にするのであればメリットになります。ただ敷布団はマットレスと同じように考えるわけにはいきません。構造が違うので、敷布団は敷布団なりのメンテナンスが必要になります。なので、布団の収納スペースが確保でき、上げ下げに問題がなければ片付けるほうがいろんな意味でいいと言えます。布団の位置が高くなった分だけ楽にはなります。

3、硬いのが好みなら寝心地がいい
床で寝るような硬い敷布団が好きじゃないなら、この方法はやめる方がいいでしょう。あまりメリットはありません。しかし、硬いのが好みの場合は大いにメリットになります。

4、床よりもカビに強い
ベッドの場合、床に敷くよりも空気の通り道を確保しやすいので、カビには強いと言えます。

5、好みの硬さにしやすい
ベッドマットレスの場合、好みの硬さにするにはマットレス自体を変えたり、マットレスの上になにか敷パッドのようなものを入れることで硬さを変えています。敷布団も似たようなものですが、ベッドマットレスよりは硬さを調整しやすいでしょう。

このようにマットレスではなく、敷布団にすることによっていくつかのメリットが発生してきます。マットレスのもちろんいいですが、敷布団にして寝てみるのもいいでしょう。その場合は、しっかりと敷布団専用のベッドを選ぶようにしましょう。

敷布団のデメリット

マットレスではなく、敷布団を敷く場合、デメリットはあるのでしょうか。敷布団のデメリットについていくつか紹介していきます。

1、敷布団またはベッドフレームが必要になる
今まで、床で寝ていた人はベッドフレームを新たに購入しなくてはなりません。
また、マットレスで寝ていた人は敷布団とは別に敷布団専用のベッドが必要になってきます。なので、最初は少しお金がかかってしまうことでしょう。

2、広いスペースを確保しなくてはならない
元々、ベッドなく床で布団で寝ていた人は布団を収納していたことでしょう。しかし、ベッドの場合はベッドを収納できません。なので、ベッドを置くスペースが必要になってきます。

3、敷布団のメンテナンスが必要になる
マットレスは通気性を考えてあって、頻繁に乾燥させなくても大丈夫な構造をしています。もちろんたまに立てかけて風を通したり、乾燥機をかけるのは湿気対策に効果的です。でも敷布団はマットレスのように湿気に強い構造をしていません。床に敷くよりは敷布団の下に空気の通り道ができやすいので、カビには強いと言えますが、あくまでも床と比べてのことです。敷布団自体は湿気がこもりやすいので、マットレスと同じように考えることはできません。定期的に天日干しや布団乾燥機などでしっかり乾燥させる必要が出てきます。定期的に乾燥させないとカビが生えてしまったり、ダニを発生させる原因になってしまいます。

このようにマットレスではなく敷布団を敷くことによっていくつかのデメリットが発生してしまいます。ただし、ベッドがいいけど布団で寝たいという人には敷布団専用のベッドがいいでしょう。

敷布団専用ベッドの種類

敷布団専用ベッドの種類はどのようなものがあるのでしょう。敷布団専用のベッドの種類についていくつか紹介していきます。

1、ローベッド
ローベッドが敷布団専用ベッドに一番多い種類になります。また、ローベッドは床との距離が近いので布団で寝るのに慣れていた人でもさほど、布団の時とは変化なく寝ることができます。

2、収納付きベッド
収納がついているベッドになります。マットレスのベッドでも収納付きベッドはありましたが、敷布団専用ベッドにも収納付きベッドはあります。なので、収納したいものをベッドの下にしまうことができます。

このように敷布団専用ベッドにはいくつかの種類があります。一番、メジャーなのはローベッドになります。ローベッドは脚がないので安定感もあって重さにも耐えることができます。また、床との位置が近いのも特徴です。自分にあった敷布団専用ベッドを選ぶようにしましょう。

敷布団をベッドに敷く際の注意点

敷布団をベッドに敷く際の注意点があります。敷布団をベッドに敷く時は必ず、敷布団専用ベッドを購入するようにしましょう。マットレス専用ベッドにそのまま、敷布団を敷く人がいますがとても危険なのでやめましょう。また、敷布団専用ベッドだから湿気は大丈夫だろうという過信をしてはいけません。いくら敷布団専用ベッドだからと言ってもカビが生えたりすることがあるのでなるべく天日干しなどを心がけてください。

まとめ~ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団について~

ベッドに敷布団を敷く場合について知っていただけましたか。ベッドに敷布団を敷く場合はマットレスの専用ベッドには敷いてはいけません。敷布団を敷く場合は敷布団専用ベッドを購入してださい。敷布団専用ベッドにはメリットがいくつもありました。やはり、一番大きなメリットとしては布団の上げ下げをしなくてもす婿とではないでしょうか。また、布団の収納スペースも取られることはないので便利です。

デメリットとしてはメンテナンスが必要という点が一番大きいでしょう。メンテナンスが必要になりますが普段から敷布団を干していれば問題はありません。布団に慣れていてベッドに興味があるという人は敷布団専用ベッドを購入して見てはいかがでしょうか。

敷布団専用ベッドを購入する前にこの記事を読んで参考にしてみてください。

関連記事

  1. 不要になったベッドの処分方法

    どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

  2. 機能から見たベッドの種類

    実にいろいろ!機能から見たベッド選び

  3. 部屋が広く見えるローベッド

    部屋を広く見せてくれるローベッド

  4. マットレスの選び方

  5. ロング丈のベッド

  6. ロールパッケージ仕様のマットレスが進化している

  7. 赤ちゃんと一緒に寝るベッド

  8. ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

畳のベッドを選ぶ!

ベッドといえば多くの人が木製のベッド本体を選ぶと思います。その木製のベッドにも収納付きであったり、す…

セミシングルベッドを知ろう

セミシングルベッドのことを知ろう!

セミシングルベッドって聞いたことある?どんなベッドなのか。セミシングルベッドというベッドを知って…

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ベッドで寝る人は必ず使う物がありますが、それはマットレスです。今ではベッドで寝る人が多く、同時にマッ…

高級感のあるベッド

突然ですが高級感のあるベッドというのは、どういった物を想像しますか?もちろん人によってそのイ…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナットのベッドを選ぶ
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. ダブルベッドを検討する
  2. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと
  3. 長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドの基礎知識

ベッドで使われている木材について

ベッドは本体に木材が使われていることがほとんどというのは、皆さんよくご存知ではないかと思います。とは…

眠りやすいベッドのカラーとは

人間というのは色の影響というのを多分に受けている生き物です。例を挙げますと赤色がテンションを…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ベッドで寝る人は必ず使う物がありますが、それはマットレスです。今ではベッドで寝る人が多く、同時にマッ…

セミダブルベッドを検討する
  1. マットレスベッドを検討する
  2. セミシングルベッドを知ろう
  3. ウォルナット調のベッド

1人用のベッド選び

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

家族用のベッド選び

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

子供用のベッドについて

お子さんがいるご家庭には、色々と悩みが付き物ではないでしょうか?お子さんに対しての接し方とか子育てに…

ダブルベッドを選ぶ

ダブルベッドってどんなサイズなの?

ダブルベッドって何人用なの?ダブルベッドの大きさと用途ダブルベッドを使ったことはありますか。シン…

PAGE TOP