ベッドをシーンで選ぶ

新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう

大学に入学、あるいは社会人になる人、もしくは結婚や同棲したりで新しく新居で暮らすという人達は新生活というのを経験していきます。その中には新生活のために住むためのマンションに生活必需品を新たに購入するという必要に迫られる事が多くなると思います。自宅での仕事や勉強のためのデスクもそうですし、他にもごみ箱であったり傘立てなどなど、生活必需品として色々と用意しないといけないので大変だと思います。

その中でも一番大変なのは寝るためのベッドの導入ではないでしょうか。これは冷蔵庫にも言える事ではありますが、ベッドは物自体大きいですから新しく自分一人で暮らそうという場合には導入するのは簡単ではないのが実情です。とはいえベッドを導入して新生活を送るという方は多いと思います。もっと言えばベッドを導入したいと考えている新生活を行う予定の人は数多くいるはずです。とは言っても先述した通りベッドというのは大きくて重いので、寝室に導入するにはどうすれば良いだろうと思い悩む人もいるでしょう。

そこで今回は新生活を送る予定でベッドを導入したいと考えている人のための記事にしたいと思います。

新生活を送る予定で、かつベッド購入予定の人へのアドバイス

新生活を送る予定の方でベッドを選ぶ際に最も迷うのが「ベッドの種類」ではないでしょうか。ベッドといってもピンからキリまでありますから、どれを選べば良いかというのを購入を検討している段階では決めかねたりする事もあったりすると思います。という事は購入検討の段階において、いくつかのポイントを把握しておくべきというのは確かです。
そのポイントさえ押さえれば、新生活のためのベッド選びが行いやすくなります。

では今からその把握しておくべきポイントをいくつか挙げたいと思います(ただし一人暮らしか、あるいは夫婦・カップルなど2人など状況によっては押さえておくべきポイントが異なる場合があるので悪しからず)。

寝質の広さを考慮してベッドを選ぶ

これについては新生活を行うか否かは関係なくベッドを購入予定の人全てに当てはまる事ですが、「根質の広さを考慮してベッドを選ぶ」というのはとても大切な事です。部屋に入らないというのはもちろんダメですが、何とか部屋に入ったとしても寝室全体に圧迫感を感じてしまい寝にくくなるので、これもいけません。

どんなベッドを導入するにしても、出来る限り寝やすくするというのが一番大事ですからね。なので前もって部屋の広さ、それから部屋の広さにあったベッドの大きさを調べておくのがベターと言えるでしょう。

搬入経路も確認しておく

根室にぴったりなベッドを選べばそれで良いと思う人もいるでしょうが、実際には寝室にぴったり合うベッドを選ぶだけではなく、玄関から寝室までの搬入経路も確認しないといけないのです。

途中の廊下や階段の幅や高さは搬入するのに十分かどうかの確認を行わないといけません。これを怠ってしまうと寝室まで運べなかったり、運べるにしても専門の業者に頼む必要が出てくるので面倒な事になるのは間違いありません。

新生活を送る方にオススメのベッドについて

新生活を送る方にオススメのベッドというのは一概に「これが一番」というのはありませんが状況に応じて、あるいは「どういう物を求めているか」によってオススメ出来るベッドは異なるので今から新生活を送る方にオススメ出来るベッドを紹介したいと思います。

1人暮らしの方にはシンプルなものが一番

新生活のためのベッドとして、まず押さえておきたいポイントというのは「シンプルである」、まずこれに尽きると言っても過言ではありません。特に大学進学や新生活で1人でマンションなどに住むという形で新生活を行う方にとっては間違いなくシンプルな物のほうが使いやすいと思います。

例えばシンプルなベッドの代表格的存在とも言える、マットレスベッドはどうでしょうか?要はマットレスがベッド本体になっている脚付きのベッドとも言えますが、とてもシンプルでどんな部屋にも溶け込みやすいデザインなので、違和感なく使えると思います。
最もマットレス自体がベッド本体になっているので、もしも寝心地が合わない場合は処分に困りやすいとも言えるので、そこは吟味して選んでほしいと思います。

先ほどのマットレスベッド以外には“すのこ”タイプのベッドや全体がスチールパイプで構成されたデザイン スチールベッドというのもどうでしょうか。いずれもデザインがシンプルという特徴があるのと、ベッド下に収納スペースがないので掃除も楽に行えるというメリットがあります。

収納スペースを多く必要としている場合は収納スペース付きのベッドが良い

家やマンション自体が部屋数が少なくて、部屋自体も広くないという場合には、服や下着などの衣類、それから本などの書類を収納するためのスペースが限られてきます。出来る限り収納スペースを確保するためにもベッド下に収納スペースがあると便利だと感じれる事が多くなると思います。そんなベッド下にも収納スペースを必要としている新生活を送る予定の方々には、やはり収納付きのベッドがオススメでしょう。

「収納スペース付きのベッドは高いのでは?」と思っている方もおられるでしょうが、種類や値段もピンキリで、かつ2~3万円以内で入手可能な商品も多数あります。なので思っているほどに入手は難しくはありません。

1人で新生活の場合はソファーベッドもオススメ

部屋が広くなくて、かつベッドのスペースを小さくしたい場合にはソファーベッドもオススメです。ソファーベッドは文字通りソファーとベッドが一体になっているベッドです。テレビを見たり読書をしたい時、あるいは来客が来た時にはソファーとして、寝る時はベッドとして使う事の出来る万能型ベッドの1つです。

注意点としては安い物は座り心地や寝心地が悪かったり、掛け布団を収納するスペースが別途必要、それからマットが干せないというデメリットがあるという事です。とはいえ部屋に物を置くスペースが限られている人にとっては最適なベッドの1つなので、1人で新生活を送ろうという方は検討してみては如何でしょうか?

限りなくコンパクトなベッドが欲しい場合はロフトベッドが1番!

新生活を1人で、かつ部屋のスペースが広くない場合にはロフトベッドも有効です。ロフトベッドとは2段構造になっており、2段目がベッドスペースでその下が空きスペースになっているのが特徴のベッドです(そのためベッドを利用するには専用のハシゴを上り下りする必要があります)。

空きスペースには仕事や勉強用のデスク、あるいは本棚やちょっとした収納箱が置けるので、小スペースの部屋でも使えるというわけです。最もベッドが高い位置にあるので、高い所で寝るのが苦手な人にはオススメ出来ませんし、高さが低い部屋だと置けたとしても寝る際に天井部分が近かったりして圧迫感を感じる事も多いと思います。

ですが先ほどのソファーベッドと同じ感じで部屋のスペースを節約できるという意味では最高のベッドではないでしょうか。

最後に

今回の「新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう」の記事はどうでしたか?
新生活を始める人に限った話ではないですが、状況に応じてベッドを選ぶ必要が出て来るので、ベッド選びは簡単にはいかないという人が多いと思います。

ただ1つ言わせて頂くと、「寝質の広さや高さ」・「どういったベッドを求めているか」、この2つを考慮した上で出来る限り理想のベッドを選ぶべきというのは確かだと思います。

関連記事

  1. おすすめベッドのご紹介

  2. 長さが短いショート丈ベッド

    長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

  3. 北欧スタイルベッド

    北欧風スタイルってどんな??北欧スタイルのベッドを選ぶ!

  4. ラグジュアリー感あふれるベッド

  5. ラグジュアリーなベッド

    ラグジュアリーな雰囲気を出すベッドを教えます

  6. ローベッドとは?

    ローベッドってどうなの?

  7. 2段ベッド購入を考えてみましょう

    子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

  8. 子供と一緒に寝るベッド

    子供と一緒に寝るためのベッド選び

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

大容量収納ができるベッド

大容量収納ができるベッドの魅力

大容量の収納ができるベッドとは?どんなベッドがオススメなのか大容量の収納ができるベッドについて知…

配送料の値上げの通販への影響

最近はお店で直接商品を購入するのではなく、通販を利用しての買い物を行う人が圧倒的に多いと思います。一…

子供用のベッドについて

お子さんがいるご家庭には、色々と悩みが付き物ではないでしょうか?お子さんに対しての接し方とか子育てに…

夫婦・カップルで使うベッドについて

夫婦、あるいはカップルの人たちは寝る時は一緒にベッドを使うというケースが多いと思います。一緒に寝ると…

ベッドのカラー選び

  1. ウォルナット調のベッド
  2. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  3. グリーンのベッド
  4. 白いベッドを選ぶ

ベッドのサイズ選び

  1. セミダブルベッドを選ぶ
  2. セミシングルベッドを知ろう
  3. ダブルベッドを検討する

ベッドの基礎知識

収納ベッドの種類について

ベッド本体に本や書類などを収納するためのスペースが欲しいと思っている方は結構多いのではないでしょうか…

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

フランスベッド

フランスベッド製のベッドはどうなのか?

フランスベッド製のベッドを検討!フランスベッドとは?フランスベッドを見たり、使ったりしたことがあ…

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

フランスベッド製のベッドを購入する

タイトルに?と感じる人もいると思います(「フランスベッドのベッド???」みたいに)。?と感じ…

ベッドの組み立て
  1. ダブルベッドを検討する
  2. ベッドのサイズを選ぶ

1人用のベッド選び

セミシングルベッドを検討する

シングルより狭いセミシングルベッドを検討しよう!

大人1人用として使われることが前提となっているベッドとして、シングルベッドというのがあります。…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

家族用のベッド選び

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

連結できるベッド

連結できるベッドってどんなベッド?

連結ベッドって?連結ベッドのメリットとデメリットについて連結ベッドというベッドを知っていますか。…

PAGE TOP