ベッドの基礎知識

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間そうなると思うのですが、そうなると一緒に添い寝するためのベッドが必要になるというのは想像に難くない話ではないでしょうか・赤ちゃんと一緒に寝るという場合には安全面に気を付ける必要がある、これも想像に難くない話ですが、それでも難しい局面というのがあったりするものなのです。

それは「どんなベッドが良いのか」という事です。安全面に配慮したベッドが必要というだけでは具体性に欠けてしまいますからね。今回は赤ちゃんと一緒に寝るためのベッドはどんな物が良いのかを知ってもらうための記事にしたいと思います。

赤ちゃんとベッドで一緒に寝る上での大事なポイント

赤ちゃんとベッドで一緒に寝るというのは冒頭でも書いた通り、安全面に配慮する必要があるというのは当然の事であると言えます。赤ちゃんの場合はベッドから落ちてしまうという危険性は極めて低いと言われているのは確かですが、それでもベッドから転落してしまうという事故が起きてしまうという可能性も否定できませんからね。赤ちゃんがベッドから落ちるなどのケガをしないためにも安全面は絶対に欠かせないポイントと言えますが、他にも大事なポイントというのはあるのです。

赤ちゃんと一緒に寝るのに良いベッドという本題に入る前に、まずはその大事なポイントについて触れたいと思います。

  • 赤ちゃんの衛生面に配慮する
  • 赤ちゃんはベッドから転落する可能性は低いというのを先述したと思います。ですがベッドからの転落よりも心配する必要のあるのが、赤ちゃんの衛生面に配慮する必要があるという事であります。

    衛生面というのはアレルギーに感染しないように注意するという事ですが、特に親御さんがアレルギー持ちの場合は特に気を付けないといけません(アレルギーに対して不安を抱えている場合は高さのあるベッドが一番安心できます)。

  • 授乳がしやすいかどうか
  • 赤ちゃんと一緒に添い寝する期間は起きてから夜泣きした際に母乳をあげるのが基本ですよね。ですがどんなに赤ちゃんの事に気を配るにしてもさすがに夜ですから、お母様も半分は寝ている状態に違いありません。

    なので一緒にベッドで寝る時には出来る限り授乳のしやすいベッドをセレクトするのも大事ですね(特にフロアベッドなどの高さの低いタイプのベッドは授乳がしやすいのでオススメです)。

  • 夜泣き対策
  • 赤ちゃんが夜泣きするというのは避けられない場合が大半ではないかと思います。

    それを踏まえた上でなぜ夜泣き対策をする必要があるのかと言いますと、それは旦那さんにたいして配慮する必要があるからです。特に仕事が夜遅くになって帰宅する事が多いという場合には疲れが溜まっている事を考えると、仕方のない事とはいえ赤ちゃんの夜泣きは旦那さんにとってはストレスになってしまう事もありますからね。

    もちろん赤ちゃんが滅多に夜泣きしないのであれば特に気にする必要はないかなとも思いますが、頻繁に夜泣きするという場合にはやはり夜泣き対策は必須と言えるでしょう。例えば旦那さんは奥さんと赤ちゃんとは別の部屋で寝るといった感じですね。

赤ちゃんと一緒に寝るのにオススメなベッドとは結局何なのか

赤ちゃんと一緒に寝るのにオススメなベッドというのは、一概には言えないと言った方が良いかもしれません。

というのも先述していますが親御さんがアレルギー持ちの場合は高さのあるベッドを、授乳しやすさを優先させたい場合はフロアベッドと言われる高さの低いベッドが良いといった感じで、ベッドに対して何を求めているかで異なったりするのです。そのために赤ちゃんと一緒に寝るためのベッド探しで苦労したというケースは結構多いのではないかと思います。

  • 状況に応じて柔軟に対応できるベッドを選ぶべし
  • 先述した様に赤ちゃんと一緒に寝るベッド選びは、ベッド事情について知らない方は苦労すると思いますが、そんな苦労も感じさせない方法があります。

    それが「状況に応じて柔軟に対応できるベッド選ぶ」という事です。もちろんこれについて前もって知っておくべきではありますが、これを知ることによってベッド選びに苦労せずに済むのです。

    ではどんなベッドが良いのかと言いますと、赤ちゃんと一緒に寝る場合には用途も考えて、高さ機能が調節できるベッドが良いと思います。高さ機能が調節できるタイプのベッドであれば、授乳がしたい時には高さを低くできますし、アレルギーが気になるという場合に高さを高めにするという感じで柔軟に対応できるのです。「授乳を重視したいのに高さが少しあるのでやりにくい」とか「アレルギーが気になるのに高さが低いかも」といった問題を解消できるので、高さ調整機能が付いたベッドは特にオススメしたいですね。

  • ジョイントタイプのベッドもオススメ
  • ジョイントタイプのベッドは将来的にお子さんが大きくなって1人で寝たいという時にベッドを分割出来るので、1台はお子さん用でもう1台は夫婦用といった感じで長期的に使用できるというメリットがあります。

    家族揃って寝る時はベッドを連結した状態で使用し、お子さんが自分の部屋で1人で寝たいという場合には連結した状態を解除して、夫婦とお子さんで別々に使用できるという使い勝手の良さから連結タイプのベッドもオススメします。

赤ちゃんが生まれる前から使っているベッドを上手に使う方法もある

赤ちゃんが生まれる前から使っているベッド、生まれた後も使いたいというご家庭もあるでしょう。それまで使っていたベッドを赤ちゃんが生まれた後でも継続的に使うという方法もあるにはあります。

そこで今から赤ちゃんが生まれる前から使っているベッドを、その後も上手に利用する方法を紹介したいと思います(ここではダブルサイズのベッドを使っている事を前提とさせていただきます)。

  • ダブルサイズのベッドを上手に使う方法
  • ダブルサイズのベッドというのは基本的に大人2人が寝るのに適しているサイズのベッドです。なので赤ちゃん+夫婦という組み合わせで寝るのには適していないのです。

    ではどうすれば良いかと言いますと、例えばベッドには赤ちゃんとお母さん、旦那さんは布団で寝るという方法です。家族揃って1つの部屋で寝る事と、使うベッドがダブルサイズで赤ちゃんと一緒に寝たいという場合には、この方法も良いのではないかと思います。家族揃ってダブルサイズ1台で寝るというのは無理がありますが、少なくとも赤ちゃんとお母さんは一緒に眠る事が出来ますからね。

  • ダブルサイズのベッドでも家族揃って寝るという方法はある
  • 先ほどダブルサイズは大人2人で寝るのに最適で、赤ちゃんと一緒に寝る場合には赤ちゃん・お母さんの組み合わせで寝るのに最適であると書きました。ですが場合によっては家族揃って3人で寝る事も可能ではあります(ただし場合によってはです)。

    どうしたら家族3人でダブルサイズのベッドで寝れるのかと言いますと、夫婦2人の体が小さいのと寝相が良いという条件さえあれば可能です。体が小さければそれで良いというのではなく、寝相が良くないと赤ちゃんを窒息させてしまうという重大事故を引き起こす可能性もあるのです。

    体が小さくて寝相が良ければダブルベッドで寝れる事も可能とは書きましたが、安全面的に考えると正直オススメしにくいというのが本音です(ただし今まで使い慣れているベッドで寝れるという安心感があるというのも確かではありますね)。

最後に

今回の「赤ちゃんと一緒に寝るベッド」は如何でしたか?
赤ちゃんと一緒に寝るためのベッド探しに苦労している方々の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 搬入経路に注意する

  2. ソファーベッドについて

    ソファーベッドってどうなんでしょう?

  3. 姫系ベッド

    姫系ベッドで憧れのお部屋づくりをしましょう!

  4. 寝具はどんな生地が心地よいのか

  5. 新生活を始めるにあたりベッドはいかがでしょう

  6. 不要になったベッドの処分方法

    どうしたらいい?不要になったベッドの処分方法

  7. 通販でベッドを購入する秘訣

    ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

  8. 夫婦・カップルで使うベッドについて

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

寝具はどんな生地が心地よいのか

布団などの寝具の原料として使われている生地(素材)には、いくつかの種類があります。その様々ある生地ご…

寝具のカラーをどう選ぶか

寝具のカラーといえば昔は白やベージュなど限られた色しか選べなかったというのが実情でしたが、近年は白や…

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ラグジュアリーなベッド

ラグジュアリーな雰囲気を出すベッドを教えます

ラグジュアリー感のあるベッドとは?ラグジュアリーってなに?ラグジュアリー感のあるベッドというのを…

ロフトベッドを検討する

スペースを有効利用!ロフトベッドを検討する

ロフトベッドを検討するベッドにも様々な形態の物がありますが、その中でもロフトベッドというのは特殊…

ベッドのカラー選び

  1. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー
  2. ウォルナット調のベッド
  3. ウォルナットのベッドを選ぶ
  4. ベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. セミシングルベッドを知ろう
  2. 連結できるベッド
  3. ダブルベッドを選ぶ
  4. ベッドのサイズ
  5. 長さが短いショート丈ベッド

ベッドの基礎知識

ソファーベッドについて

ソファーベッドってどうなんでしょう?

ソファーベッドはどうなのか?ソファーベッドの利用の仕方についてソファーベッドについて知っています…

ベッドで使うシーツについて

ベッドで寝る場合、いくつかのアイテムを必要としますよね?例えば枕と枕カバー、それから布団・マットレス…

収納ベッドの種類について

ベッド本体に本や書類などを収納するためのスペースが欲しいと思っている方は結構多いのではないでしょうか…

ベッドの搬入に困ったら

サイズを問わず、ベッドというのは大きい物です。大きいですから購入する所には行き付けても、寝室に置いて…

ベッドのサイズ

ベッドの基本!ベッドのサイズを知りましょう

ベッドのサイズって?どんなサイズがあるのか。メリットやデメリットは?ベッドのサイズはどんな種類が…

  1. シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと
  2. ウォルナット調のベッド
  3. 白いベッドを選ぶ
  4. セミシングルベッドを知ろう

1人用のベッド選び

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前に知ってほしいこと

シングルベッドを購入する前にシングルベッドを購入しようと考えている方は多いと思います。何…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

長さが短いショート丈ベッド

長さが短いショート丈のベッドを知りましょう!

長さが短いベッドってどんなところがいいの?メリットとデメリット長さが短いベッドを知っていますか。…

ベッドのサイズを選ぶ

知っているようで知らない?ベッドのサイズについて

ベッドのサイズについて「ベッドを購入したいな~」とベッド購入を検討している方にお聞きしたいと思い…

一人暮らしのためのベッド

高校を卒業して大学や専門学校に進学するという方、就職して社会人としてこれから働くという人の中には一人…

家族用のベッド選び

子供用のベッドについて

お子さんがいるご家庭には、色々と悩みが付き物ではないでしょうか?お子さんに対しての接し方とか子育てに…

赤ちゃんと一緒に寝るベッド

子供が生まれるとしばらくの間、赤ちゃんと一緒に添い寝する親御さんは結構いると思います。しばらくの期間…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

クイーンベッドを検討する

広さが魅力!ダブルより広いクイーンベッド

ベッドのサイズにも色々とありますが、その中にはクイーンというサイズのベッドがあります。クイー…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

PAGE TOP