ベッドをシーンで選ぶ

ファミリー・家族で使うベッドについて

家族(ファミリー)が寝る際にはどの様に寝るのか、例えばベッドを使うのか布団を使うなど、家庭によってその事情は異なると思います。このことを踏まえた上で書かせて頂きますが、布団は使わずにベッドで寝るという場合においても家庭によってベッド事情は異なると思います。大きいサイズで一家揃って寝る、あるいはサイズの小さいベッドで別々の部屋で寝るといった感じです。

つまり一家全員で1つのベッドに寝るのか、あるいは1人1人にそれぞれ自分の部屋で寝るのかという話です(もっとも後者については後述しますが時期(お子さんが成長した年頃など)によって自然とそうなる事が大半だと思います)。今回の記事ではそんなファミリー・家族で使うベッドについての紹介記事とさせて頂きます。

家族(ファミリー)で使うベッドは時期によって異なる

まず最初に言わせて頂きたいのは家族で使うベッドというのは例えば結婚して新婚夫婦になってから子供が出来て、その子供が成長して1人だけで寝るといった様に、使うベッドも大きく変化していくというパターンが見受けられます。もちろん子供を産まないというご家庭もありますが、基本的にはは先ほどの通りだと思います。

例えばまず最初は新婚時に子供が生まれた時の事を想定してクイーンやキングサイズなどの大きいサイズのベッドを購入し、子供が生まれてしばらくしてから大きいベッドで親子揃って寝ると思います。その後子供が早い時期では小学校の低学年くらいにあると、「1人で寝たい」と言い出して、自分専用の部屋にベッドを置いて寝るといったパターンになるという、これが結婚後から子供が生まれて小学校低学年くらいまでのベッド使用のパターンではないかと思います。そこから先は場合によりけりですが、夫婦揃って一緒に子供が生まれる前に購入した大きなベッドで寝る事もあれば、夫婦別々で寝るという場合もあるでしょう。

この様に時期によってベッドの使用状況というのは異なってくるので、家族用のベッドを購入する際には先ほどの話はしっかりと結婚してからの事を考えると、把握しておいた方が良いのは間違いないでしょう。

家族用ベッドではオススメなのは連結ベッド

先ほどの「家族(ファミリー)で使うベッドは時期によって異なる」の項目で書いた話を元に、家族用としてオススメのベッドをいくつか紹介したいと思いますが、中でも最も好ましいベッドというのは連結タイプのベッドです。

連結タイプのベッドは文字通り同じ2台のベッドをくっ付けて使う事を前提として作られています。連結した状態で使えるというのはもちろんですが、単体として1台のみの使用も可能な、いわゆる「万能的なベッド」の1つではないかと個人的にそう思います。

家族用として使う場合は、最初の内は連結した状態で使用し、お子さんが「1人で寝たい」と言い出した時には連結した状態を解除し、お子さんに使わせるという方法もありです。この場合は残った1台を夫婦2人で使用する事を考えたら、ベッド1台ごとのサイズが大きいタイプを選んだ方が良いでしょう。サイズが小さいと大人2人では窮屈さが出てしまうので、ベッド1台がダブル以上のサイズになっている連結ベッドを選ぶのが賢明でしょう。

中でもお子さんがいるご家庭ではフロアタイプはオススメ

連結ベッドにも色々ありますが、その中でもお子さんがいるご家庭に特にオススメしたいのは、フロアタイプの連結ベッドです。

なぜかと言いますと結婚後に子供が生まれてしばらくしてから数年間一緒に寝るという事を想定すると、お子さんの安全を考慮すると高さのあるベッドと高さの低いベッドを比べると、ベッドから落ちた時にケガするリスクが異なるからです。つまり高さの低いベッドの方がケガしにくいというわけです(ただし安全性の観点からベッド横に衝撃吸収シートを置く事を絶対的にオススメしたいと思います)。子供が1人で寝る様になった後、もっとずっと後の話になりますが余生を送る際にも同じのを使うのであれば、フロアタイプのベッドは同じ理由から考えて間違いなく安全性が高いですからね。そのため家族用のベッドとして、絶対にベッドはフロアタイプであるというのは欠かせません。

先ほどの「家庭用のベッドはフロアタイプが良い」という話を前提として、今から家族用としてオススメのベッドを紹介させて頂きます。

連結タイプのベッドは他にも色々ある

お子さんがいるご家庭ではフロアタイプの連結ベッドが一番好ましいと先ほど書かせて頂きましたが、連結タイプのベッドは先述したと思いますが他にも色々な種類があります選択肢の幅を広げるという目的で、ここではフロアタイプ以外の連結ベッドも紹介させて頂きます。

  • ステージタイプの連結ベッド
  • ステージタイプ(マットレスの両サイドがステージみたく10cmスペースがあるタイプのベッド)の連結ベッドも家族用として使うには良いです。というのもステージタイプの連結ベッドは、通常の連結ベッドと比較すると丈夫に作られているのです。

    丈夫であるというのはもちろんですが、特にステージベッドボードや照明機能付きといった機能性をベッドに求めたい場合にもそうですし、デザイン的にも優れているのが多いですからデザイン性を求めたい場合にもオススメ出来ます。金額的に問題が無い場合でフロアタイプ以外となれば、このタイプを特にオススメしたいですね。

  • 収納スペース付きの連結ベッド
  • 文字通り収納スペースが付いている連結ベッドですが、ベッドの下にあるデッドスペース(利用できない空間を意味する)を収納スペースとして利用できるのです。そのため通常はデッドスペースとなっている場所を有効活用して本や書類、後は衣類や下着類などを収納するのに役立ちます(物によってはカーペットや旅行カバンなどの大きな荷物を収納する事も可能です)。

    特に連結タイプの収納ベッドの場合はベッド2台分でその分大きいという事もあって、部屋が狭くなってしまいやすいというデメリットも確かにあります。ですが収納付きの連結ベッドですから、色々と荷物を収められるので、荷物が多くなりがちなご家庭でも安心することが出来るのです。ただし収納スペースが付くという事はマットレスの位置が高くなるので、寝る位置も同時に高くなってしまいます。そのためお子さんのいる場合には「お子さんのいるご家庭でオススメしたいのはフロアタイプの連結ベッド」の項目でも触れました安全性の問題からオススメ出来ません。

  • 脚付きマットレスタイプの連結ベッド
  • このタイプはマットレスに脚が付いた、いわばシンプルなスタイルが特徴の連結ベッドです。

    価格的には安いので比較的入手が容易ではなのと、ベッド下が空洞になっている事で通気性が良く、湿気が原因になるカビやダニなどを気にする必要性が薄いというメリットがあります(それと掃除のしやすさもメリットの1つと言えます)。シンプルなデザインから部屋のインテリアを問わず、夫婦の寝室はもちろん子供部屋まで置く部屋を選ばないのも魅力的ではないでしょうか。

    なおこのタイプのベッドを選ぶ際は、お子さんが使用する事を考えて、出来る限り高さの低い商品を選ぶのが賢明です。

    通常のベッド(フロアタイプのみ)でも連結用と同じ使い方が可能

    家族揃って使い、その後お子さんと夫婦で別々に使用する場合は、ベッド1つだけでは無理があります。

    ですがそんな通常のベッドでも場合によっては連結タイプのそれと同じ様に使用可能なんです。その方法としては、同じサイズ・高さのフロアタイプのベッドを2台くっ付けるという方法です。ただこの方法ではベッドの隙間が気になる場合も出てくるので、どうしても気になる場合は隙間パッドを使って、ベッドとベッドの間の隙間を無くすのが良いです。

    最後に

    今回の「ファミリー・家族で使うベッドについて」は如何でしたか?
    ファミリー・家族用のベッド選びに悩む方々の助けになれば幸いです。

関連記事

  1. 子供と一緒に使うベッド

  2. 折りたたみベッドの魅力

    折りたたみベッドの魅力とは?

  3. 部屋が広く見えるローベッド

    部屋を広く見せてくれるローベッド

  4. 2段ベッド購入を考えてみましょう

    子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

  5. 一人暮らしでベッドを使う

    一人暮らしでベッドを使う!

  6. 枕(まくら)に拘る

  7. 収納付きベッドを選ぶ

    一石二鳥の収納付きベッド

  8. 北欧スタイルのベッドについて

新着記事

長く使えるベッドの選び方

ベッドを購入したら頻繁に買い替えるという人はあまりいないと思います。もちろん購入直後に商品に何らかの…

ベッドを通販で購入する場合の注意点

ベッドをこれから購入する、もしくは新しく買い替える予定の方は直接専門店で、あるいはネットの通販サイト…

ラグジュアリー感あふれるベッド

ラグジュアリー、近年になって聞かれるようになった言葉だと思いますが、皆さんはどうでしょうか。いわゆる…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

羽毛布団はどのくらい使えるのか

ベッド関連のアイテムはベッド本体に布団や枕など、その他寝具も含めて期間は異なる場合が多々ありますが、…

ベッドの長さはどれくらいなのか

大中小と、ベッドには様々なサイズがあるというのは皆さんご存知の事と思います。サイズというのは大きさ、…

おすすめ記事

3段ベッドはどうなのか??

以前は主に子供用として知られていたのが「3段ベッド」ですが、ここ最近では大人用の商品も作られています…

寝具の素材について

掛け布団や敷布団、それから毛布、これら寝具には原材料となる素材が使われている物があるというのは皆さん…

和室にベッドを置く

多くの人にとってはベッドというと、洋室に置くというイメージがあると思います。90年代以降の住宅が洋を…

大容量収納ができるベッド

大容量収納ができるベッドの魅力

大容量の収納ができるベッドとは?どんなベッドがオススメなのか大容量の収納ができるベッドについて知…

通販でベッドを購入する秘訣

ベッドを通販で購入するメリットとデメリットとは?

ベッドを通販で購入するメリット・デメリットそろそろベッドを購入したいな~と考えていますか?…

グリーンのベッド

ベッドにグリーンカラーを取り入れましょう!

ベッドにはたくさんの種類があるというのは承知のことと思いますが、その中にはグリーンベッドというのもあ…

ベッドのカラー選び

  1. グリーンのベッド
  2. ウォルナット調のベッド
  3. 安らかな眠りを誘うベッドのカラー

ベッドのサイズ選び

  1. ダブルベッドを選ぶ
  2. ダブルベッドを検討する
  3. ベッドのサイズ
  4. セミダブルベッドを検討する
  5. クイーンベッドを検討する

ベッドの基礎知識

圧縮ロールパッケージ仕様のマットレスはどうなのか

近年マットレスの仕様も実に豊富になってきているのは間違いないと思います。構造だけで言ってもボンネル・…

収納ベッドの種類について

ベッド本体に本や書類などを収納するためのスペースが欲しいと思っている方は結構多いのではないでしょうか…

ベッドでも敷布団で寝たい

ベッドでも敷布団を敷いて寝たい!

ベッドに敷布団はだめ?マットレスと敷布団についてベッドはマットレスを敷くのが当たり前です。しかし…

ベッドやマットレスは何年くらい使えるのか

所有しているベッドやマットレス、「別の物が欲しくなった」という理由が出来ない限りは出来るだけ長いこと…

マットレスのメンテナンス方法

ベッドの寿命を延ばす!マットレスのメンテナンス方法って?

マットレスのメンテナンス方法って?マットレスを簡単にメンタナンスする方法についてマットレスを購入…

1人用のベッド選び

狭い部屋でも楽しめるベッド

狭い部屋にベッドを置いて寝る人はたくさんいると思いますが、部屋の狭さゆえに色々と制約があるのではない…

長さの短いスモールサイズのベッド

ベッドは小さい方がいい!スモールサイズのベッド

ベッドというのはその多くが、基本的にはある程度の長さがあります。それが一般的な仕様ではありま…

一人暮らしでベッドを使う

一人暮らしでベッドを使う!

一人暮らしで使うと便利なベッドって?ベッドのおすすめこれから一人暮らしを始めようと思っている皆さ…

シングルベッドを買う

シングルベッドはどのくらいの大きさ?

新しいベッドに変えたい!シングルベッドのいいところって?新生活を始めるのにあたり、新しいシングル…

セミダブルベッドを選ぶ

セミダブルサイズのベッドを検討してみる

セミダブルってどのくらいの大きさなの?使い方は?セミダブルの大きさについて知っていますか?ま…

家族用のベッド選び

家族で寝られる連結ベッド

家族みんなでひろ~い連結ベッドで寝たい!

ベッドというのは多くの人が1部屋に付き1台だけを使うというパターンが多いのではないかと思います。…

子供と3人で使用するベッド

子供と3人、別な言い方をすれば3人家族になります。結婚して子供が生まれて、めでたく3人家族となるわけ…

ダブルベッドを検討する

2人用の定番サイズ!ダブルベッドを検討する

大人2人で1台を使うことを前提としているベッドがあります。それはダブルベッドです。詳…

2段ベッド購入を考えてみましょう

子供用に2段ベッド購入を考えてみましょう

ベッドというのは基本的に1段のタイプが最も多く、そして最も使われることの多い基本的なベッドではないか…

子供のベッド選び

どんなベッドがいい?子供用のベッドを検討しよう!

子供用ベッドの購入を検討中!どんなベッドがいいの?子供用のベッドの購入を検討しているという人はど…

PAGE TOP